きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ユフィ・キサラギ~マテリア泥棒兼忍者娘~【FF】

※ネタばれ有

今回は「FF7 REMAKE INTERGRADE」に登場する「ユフィ・キサラギ」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210301123751p:plain

http://www.jp.square-enix.com/DFFOO/sp/character/19.html

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①マテリア泥棒兼忍者娘

FF7シリーズに出てくるキャラでマテリア泥棒兼忍者娘です。見た目はボーイッシュで活発な少女で、素早い体術と巨大な手裏剣を駆使して戦います。

ヴィンセントと同様原作では隠しキャラ扱いで、ミスリルマイン以降の森でランダムエンカウントし、勝利してから適切な選択肢&行動をすると仲間になります。所々に罠(セーブポイント等)があり、彼女のキャラを知っていなければ仲間にするのは難しく、何回も彼女と会う為に森を彷徨う方は少なくなかったと思われます。

kichitan.hatenablog.com

 

好きな物はマテリアで、嫌いなものは乗り物全般です。特に乗り物酔いはかなり酷く、ジュノン運搬船、飛空艇などでは常に苦しい状態になっており、クラウドが自分を取り戻してからはアドバイス(本来のクラウドも乗り物酔いが酷いです。)を送る場面があります。流石に緊張状態にあったと思われる観覧車や、ヒュージーマテリア争奪戦の暴走列車は酔いは無かったようです。

 

②故郷の為に

旅に付いてくる目的は主にクラウド達が持っているマテリアで、ことあるごとにマテリアに執着する場面が見受けられます。しかもウータイエリアで発生するサブイベントではマテリアを全て持ち逃げする行動を起こし、パーティーを電撃地獄に陥れています。

そしてそれを忘れた頃のラストダンジョンで一人にすると、道中のアイテムを全てネコババされ星の危機でもぶれないメンタリティの強さを見せてくれます。

「マテリアなんか…やっぱりほしい!あれもこれも全部アタシのもの!あんたなんかにやるもんか!」

しかしそれは「戦争後すっかり寂れてしまった故郷」ウータイの復興の為で、かつての強さを取り戻すためにマテリアを集めていることがわかります。しかし父であるゴドーとのやり取りや派生作品の様子から見ると単なる物欲魔神であるのかも知れません。

ただ旅を続けていることで情も芽生えており、エアリスが亡くなった際には泣き崩れたり仲間を思いやるセリフを発現する等、なんだかんだ大事にしています。

また星の危機後もクラウドに加勢したり、ヴィンセントのサポートを積極的に行う等、大切な仲間として登場しています。「ヴィンセンとー!」

難易度は高いですが、クラウドとゴールドソーサーでデートするイベントも用意されています。

「なんとか言ってよ~~ッ!」「……………ナントカ。」

kichitan.hatenablog.com

 

③武器が優秀

戦闘面ではとにかく「武器が優秀」です。遠距離攻撃も可能な上癖が無く、攻撃力・マテリア穴が優秀な「折り鶴」、マテリア成長率2倍武器の中で攻撃力最高の「ライジングサン」、やや攻撃力が不安定ながら、相手の強さに合わせて強くなるので使い勝手がいい「不倶戴天」(非常に強い恨みや憎しみという意味)も癖が強い最強武器の中では使いやすい武器です。

またリミット技も最強の「森羅万象」はすぐにカンストしてしまうものの(1ヒットの為)15回連続攻撃のリミット3「生者必滅」、防御無視の全体攻撃のリミット3「鎧袖一触」も有用で加入後は安定して使うことが出来ます。

またサブイベントにおいて1人で戦うことが発生するので、使い勝手などがわかりやすい(明鏡止水を覚える頃)ので気に入ったら最後までパーティーインしても損はないキャラです。隠しキャラながらかなり優遇されている人物だと言えます。

 

新ストーリーでもその魅力が存分に発揮されそうなユフィ。リメイク版での活躍、期待しています。

 

では

 

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN PLAY ARTS改 ユフィ・キサラギ(PVC塗装済みアクションフィギュア)

 

【中古】FINAL FANTASY TRADING ARTS改 mini ユフィ・キサラギ

 

ウェイン・ルーニー 中編 ~わが世の春を謳歌する「黄金トリオ」~【特集】

今回は現役引退&ダービー・カウンティの監督に就任したウェイン・ルーニー選手について書いていきたいと思います。

1回では書ききれない為、3回に分けていきます。

 

2回目はドイツW杯(2006)~ファーガソン監督最終年(2012~2013)です。 

f:id:kichitan:20210226215009j:plain

Getty Images

1回目はコチラ↓↓ 

kichitan.hatenablog.com

 

①昨日の敵は今日の友

イングランド代表にもすっかり中心選手として定着していたルーニー選手ですが、2005-2006シーズン終盤に骨折を負ってしまいぶっつけ本番の大会となってしまいました。予選グループ2戦目から復帰するも、相棒オーウェンの大怪我(膝十字靭帯の断裂)により1トップで起用されます。その後ベスト8まで進むも、準々決勝のポルトガル戦でリカルド・カルバリョの股間を踏みつけた為一発退場、試合PK戦の末またもや敗戦します。

問題はその退場にユナイテッドのチームメイトであるロナウドが関わっていたことです。そのことでルーニー選手は大激怒、メディアからも猛烈に批判されロナウド移籍は避けられないとされていましたが、ファーガソン監督が二人をオフィスに呼び出し問題が無いことを確認し、再び共に戦うことを決めたのでした。正に「昨日の敵は今日の友」ですね。

kichitan.hatenablog.com

 

そしてその選択が後々大きな成果を挙げることとなったのでした。

 

②わが世の春を謳歌する「黄金トリオ」

2006-2007シーズンはルーニー選手にとって更なる飛躍の年となります。ロナウドとのコンビ(2人で31ゴール)が冴えわたり序盤で首位に立つと、そのままリーグを牽引し初のリーグタイトルを獲得します。

そして次のシーズン、テベスを加えた「黄金トリオ」はチャンピオンズリーグ優勝、リーグ連覇を果たし「わが世の春を謳歌する」形となりました。テベスルーニー選手が低い位置からボールを回収、ドリブルやコンビネーションで最後にロナウドが仕留めるカウンターは当時世界最強と評されています。2008-2009シーズンもリーグを制し3連覇を果たし、チャンピオンズリーグでも決勝に進みますが、相手はグアルディオラ監督率いるバルセロナ。目の前で3冠を見届けることとなりました。

その後ロナウドレアルマドリード)、テベスマンチェスターシティ)が移籍し勢いが完全に失われるとルーニー選手もシティやチェルシー移籍濃厚と伝えられます。しかしすぐに契約延長を済ませると、2010-2011シーズンはベルバトフ、ナニ等と共にリーグ優勝をする(シティとのダービーマッチでのオーバーヘッド、は今でも語り草になっています)と再びチャンピオンズリーグ決勝に進出します。しかしまたもや立ちはだかったのはバルセロナ。自身は同点弾を挙げるも再び突き放され、返り討ちに合ってしまいます。

そしてこの頃からまことしやかにファーガソン監督勇退」が囁かれていきます。

 

③恩師との別れ

ルーニー選手にとってファーガソン監督は、「尊敬はするものの気が合わない五月蠅いおじさん」というイメージがあったのかも知れません。彼に度々体重オーバーを指摘され苦言も呈されていました。「父親のよう」と慕っていたロナウドとはまた違った感覚なのが面白い所です。しかしファーガソン監督が2012-2013シーズンに引退するとチームは瞬く間に迷走します。

後継者として指名されたモイーズ監督はチームを把握しきれず解任され、続くファン・ハール監督はルーニー選手が「ほかのどの監督よりも多くのことを彼から学んだ」と評価していたものの、肝心の結果をもたらすことは出来ませんでした。そんな中、30代を迎えてベテランの域に入りキャプテンも任されるようになったルーニー選手にある変化が訪れます。

 

では

 

Wayne Rooney ウェイン・ルーニー(イングランド代表) KEETATAT SITTHIKET インテリア雑貨 おしゃれ ポップアートフレーム ポップアートパネル 絵 イラスト グラフィック 壁掛け サッカー選手 プレミアリーグ フォワード

 

Wayne Rooney ウェイン・ルーニー(250GOALS) KEETATAT SITTHIKET インテリア雑貨 おしゃれ ポップアートフレーム ポップアートパネル 絵 イラスト グラフィック 壁掛け サッカー選手 フォワード マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ

 

FF7 REMAKE INTERGRADE~PS5に完全移行か~【FF】

※ネタばれ有

今回は先日発表されたFF7 REMAKE INTERGRADEについて書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210228123147j:plain

出典:ファミ通.com

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①PS5に完全移行か

今作は「FF7 REMAKE」をPS5仕様にし、新規ストーリーを追加したもので巷では「完全版商法」と言われています。

しかし過去に問題視された「テイルズシリーズ」や「ドラクエ11S」のように再度フルプライスでソフトを買う必要はなく、PS4のセーブデータを引き継いだままPS5に移行できる(100円かかります)ので多少は経済的や時間的な負担は軽減されそうです。

容量を相当圧迫させているセーブデータを残していた甲斐がありました。(ただPS5も667GBで心配な所です。因みにFF7 REMAKEの容量は100GB近くあります。)

新規DLCストーリーは勿論有料ですが(税込2,178円)、過去「INTERNATIONAL版」で7000円近くのDLC(に近い物)を買っていたことを思うと良心的であると言えます。

ただ一番の問題はPS5が手に入れにくいことで(転売問題もあります。)、どこまでSONYが生産を頑張れるかが勝負でしょう。

このことでわかることは、今後のFF7はPS5に完全移行する可能性があることです。その先駆けとして今作が発売されたのは「世界中で500万本以上新規で売れるソフトなのでハードの供給が追い付かない可能性が高く、その市場調査を兼ねている」という点をスクエニ側が考えているものであると思われます。

そう考えると次作はかなり先になってしまいそうですね(予想では2023年前半くらいかと思います。)

 

モーグリマント着用

追加ストーリーの見所は何といっても「ユフィ」が登場することです。

大まかなストーリーは、ユフィが本家アバランチクラウド側ではない)と協力して「究極マテリア」を神羅から盗み出すというもので、ユフィも「モーグリマント」を変装用?に着用しておりインパクトのある登場をしています。

システム面で気になるのは彼女の武器「手裏剣」で、原作では遠距離攻撃ができマテリアの成長にも有用である武器でしたが今作ではどのような扱いを受けるかが気になる所です。「距離によって攻撃方法が違ってくる」や「クラウドのようにモード(近距離・遠距離)で攻撃方法を変える」等テクニカルな戦いが出来れば満足ですね。トレーラー内では体術と斬撃を主体にしたスタイルのようですが、、、。

 

③新キャラや再登場キャラも

また新キャラや再登場キャラもトレーラーで確認されています。

 


FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE – PS5 Announcement Trailer

 

本家アバランチの「ソノン・クサカベ」は鈍器(槍?)を用いて戦う戦士で、ユフィと同行してミッションに挑みます。クサカベという名の通りウータイ出身と予想され、神羅には「妹」が関連しているようです。(ウータイと神羅は本編前に戦争をしていました。)

さらに「DIRGE of CERBERUS -FFVII-」に登場した「ヴァイス」も登場。ユフィ編では直接関わっていないと野村さんがファミ通のインタビューで語っているので、どこで登場するのか楽しみなところです。個人的にはバトルシミュレーターではなく、隠しダンジョン的なものがあればなおよいです。(本編でディープグラウンドに繋がりそうな施設がありました。)

因みにユフィ編の時期は伍番魔晄炉の爆破(エアバスター戦後)であることがわかります。

 

新情報がついに解禁された「FF7 REMAKE」。6月10日が待ち遠しいです。

 

では

 

【中古】ファイナルファンタジーVII リメイクソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack [ (ゲーム・ミュージック) ]

 

チェルシーvsマンチェスターユナイテッド~お互い悔しい結果~【サッカー】

シティに霞みがちですがチェルシーも監督交代後好調で、2位ユナイテッドもうかうかしてられません。

 

ということで先日行われたチェルシーvsマンチェスターユナイテッドの感想です。

f:id:kichitan:20210301122710j:plain

Getty Images

両チームのスタメン

チェルシー
GK:エドゥアール・メンディ
DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー
MF:ハドソン・オドイ、カンテ、コバチッチ、チルウェル
FW:ツィエク、ジルー、マウント

 

マンチェスターユナイテッド
GK:デ・ヘア
DF:ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー
MF:ダニエル・ジェームス、マクトミネイ、ブルーノ・フェルナンデス、フレッジ、ラッシュフォード
FW:グリーンウッド

 

チェルシー 0-0 マンチェスターユナイテッド

 

①前半はスコアレス

チェルシーはツィエクをシャドーに置いた3-4-3で、守備時にシャドーをボランチに付かせての同サイド圧縮を行っていました。対するユナイテッドはブルーノをボランチに付かせた4-4-1-1からのカウンターを狙っていました。

試合は両チームが前からのプレスを行っていたので、切り替えが多い展開になっていました。チェルシーはユナイテッドの両ボランチを抑えていたため、サイドバックのビルドアップ能力がやや低いユナイテッドは、サイドでのボール回しに終始し攻撃が停滞します。そうなるとサイドを崩したい所ですが、圧縮守備の前に連係ミスを連発し攻撃が機能しません。

一方のチェルシーも揺さぶりをかけていきますが、ジルーのポストプレーが悉く引っ掛かり距離感やタイムミングがあっていない感はありました。ユナイテッドの両センターバックの寄せの速さも効果的に機能し前半はスコアレスで終わります。

 

②お互い悔しい結果

後半チェルシーは負傷したオドイの代わりにリース・ジェームスを投入します。後半もチェルシーがボールを持つ展開が続き、連携に問題のあった前線にプリシッチ、ヴェルナーを投入し揺さぶりをかけるも、縦パスのタイミングが見いだせず効果的な攻撃を行えません。

対するユナイテッドもチェルシーの5バックを崩す術を持たず試合はそのままスコアレスドローチェルシーは無敗を維持するものの2試合連続の引分、ユナイテッドはシティに再び引き離される(勝ち点12差)など、お互い悔しい結果となりました。

 

③攻守の安定感は抜群

チェルシーはオドイの負傷が大きかったと思います。控えにパスセンスに優れるジョルジーニョがおり、局面を打開するきっかけにも有り得た為やや悔いが残る結果になったと思います。しかし攻守の安定感は抜群で今後も面白い存在となりそうです。

一方ユナイテッドは良くも悪くも「いつも通り」であったと思います。今回良かったのは両センターバック。前に出る守備とサイドのカバーリングなど判断を間違える場面も少なく非常に安定していたと思います。ただやはり攻撃の型は無く個人技に頼った単調な攻めに終始。時折見せたGKを含めたビルドアップも見せており、問題点にしているとは思うのですが、、、。今後も個々のコンディションが落ちると危険であることは間違いなさそうです。

 

では

 

★SALE★セール★チェルシー オフィシャル ボールペン 4本セット【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】【期間限定セール:2/5~3/1正午まで】

 

マンチェスターユナイテッド ZNE ジャケット リアルレッド 【adidas|アディダス】クラブチームウェアー61395-gn4757

 

ウェイン・ルーニー 前編 ~2代目「ワンダーボーイ」~【特集】

今回は現役引退&ダービー・カウンティの監督に就任したウェイン・ルーニー選手について書いていきたいと思います。

1回では書ききれない為、3回に分けていきます。

 

1回目はエバートンマンチェスターユナイテッド(2005~2006)時代です。

f:id:kichitan:20210225113757j:plain

Getty Images

他記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①2代目「ワンダーボーイ

ルーニー選手は1995年にエバートンの下部組織に入団し、2002-2003シーズンに16歳と298日でトップデビューします。当時も神童と呼ばれ将来を嘱望される存在でしたが、その名を広めたのは名門アーセナルとの試合でした。

リーグカップでゴールを挙げたもののプレミアリーグでの初得点が無かったルーニー選手ですが、1-1で迎えた90分に彼は浮き球を上手く収め素早くターン、中央へ少し切り込んだあと右足を一閃。そのボールはGKシーマンの伸ばした手を越え、バーの下部を叩きインする劇的なゴールを挙げます。特筆するのはそのシチュエーションで、

・試合終了直前の劇的なゴール

プレミアリーグ最年少得点記録を更新(その後ヴォーンが更新)

アーセナルの連続無敗をストップ(30試合)

アーセナルを首位から引きずり落とす(優勝できなかった際の大きな要因になる)

といずれもインパクト大で、彼のスター性の高さを感じる試合となりました。そのシーズンは9ゴールを挙げ十分な成績を残すと、イングランド代表にも召集され17歳と111日で初ゴールを決めオーウェンの代表での最年少得点記録を更新。2代目「ワンダーボーイ」として瞬く間にスターへと駆け上がりました。

しかし次のシーズンは起用法等でモイーズ監督と衝突し関係性が悪化。自身の去就を含めた不安要素を抱えながら、初の国際大会となるユーロ2004に挑みます。

 

②衝撃的な活躍と怪我

上述したように不安を抱えたユーロ2004ですが、ルーニー選手はレギュラーとして躍動します。スイス戦、クロアチア戦で2ゴールを挙げ、フランス戦もマン・オブ・ザ・マッチになる活躍をしチームのグループリーグ突破の原動力となりますが、準々決勝のポルドガル戦の前半途中に負傷交代。チームも延長後半に同点弾をたたき込む驚異的な粘りを見せますがPK戦の末敗北。

しかし彼のビッグゲームでの活躍は欧州でも響き渡り、同大会ベストイレブンに選出されます。そして国外の強豪クラブも彼に興味を持ち、彼の決断が注目されるようになりました。

 

③名門への入団と衝撃的な活躍

最終的にルーニー選手が選んだのはマンチェスターユナイテッドでした。移籍期間最終日に移籍金2560万£で移籍し、晴れて名門クラブの一員となります。クラブ側も2003-2004シーズン、アーセナルに後塵(しかも無敗優勝)を許し、「金満クラブ」チェルシーの存在もありクラブの新たなアイコンとなるスターを求めていたことも大きく、彼は反撃の象徴となります。

ルーニー選手もその期待に応え、骨折から復帰後は出色のパフォーマンスを披露。チャンピオンズリーグフェネルバフチェ戦では最年少ハットトリック記録を更新、リーグではアーセナルの無敗記録(49試合)を再度止める2ゴールを挙げ、新星ユナイテッドの象徴となっていきます。

結局リーグでは「最堅」チェルシーにタイトルを奪われ、3位に終わるものの自身は11ゴールを挙げる活躍をします。しかし彼の奮闘だけではチェルシーの牙城を崩すことが出来ず、彼に続く新たな「スター」の登場が待ち望まれていました。そしてその停滞感を崩し最高のパートナーとなったのは、彼と同様若くして加入しながらも才能を燻らせていた天才ドリブラーでした。

 

では

 

Wayne Rooney ウェイン・ルーニー KEETATAT SITTHIKET インテリア雑貨 おしゃれ ポップアートフレーム ポップアートパネル 絵 イラスト グラフィック 壁掛け サッカー選手 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ フォワード レジェンド イングランド代表

 

WCCF FOOTISTA 【FOOTISTA 変換済み】★【11-12 EUS14】ウェイン・ルーニー

 

Persona4 the ANIMATION&GOLDEN-鳴上悠-~マルチなポーカーフェイス~【ペルソナシリーズ】

※ネタバレ有り

 

今回はPersona4 the ANIMATION&GOLDENのキャラ「鳴上悠」について書いていきます。

f:id:kichitan:20201208125228j:plain

 

①マルチなポーカーフェイス

ペルソナ4の主人公で、当初は名前は無かったですがアニメも含めて、ゲーム「P4U」や「ダンシング・オールナイト」での表記で名前が定着しました。

決して振られたショックで闇堕ちしません。

灰色の髪の毛をした少年で、制服も上手い具合に崩されているので特徴が出来るだけ消されています。アニメでは結構なイケメンとされています。

普段は無口で何を考えているのかわからないような表情をしていますが、意外に愉快な所があり

・林間学校で悪ノリをする

・文化祭でミスコンの素晴らしさを小一時間力説する

・修学旅行で悪酔い(雰囲気)する

などノリのいい部分が散見されます。その為陽介は総じて突っ込み役に回ることになり、彼の貧乏くじっぷりが目立ちます。

kichitan.hatenablog.com

 

「GOLDEN」では「ステータスMAX」の状態でのスタートらしく、ウィットに富んだ返しやジョークを取り入れるなどほぼ完ぺきにコミュニケーションを取ることが出来ます。特に冒頭の

「誰が落ち武者だ」は有名なセリフです。巷では文化祭でのコスプレ、イザナギのキャラ、ゲームでの通り名から「番長」と呼ばれています。

 

②天然発言とシスコン

またその発言はなかなかエッジが効いていて、

・「ハイカラ(死語)だろ?」と言って独特な模様の水着を着用

・陽介が千枝に高額の買い物をツケにされた際の抗議に対しての「そっとしておこう」

・マヨナカテレビでの完二アレのシーンに対して陽介に「録画しておいたけど。」

など天然とも言える言動が多いです。そしてツッコミどころが多すぎて度々陽介が発狂しています。(クマ、雪子が絡むと特に)

そして作中ではその「シスコン」ぶりが目立っています。いつもはクールだけども菜々子関係では必死になる姿が散見され、特にGOLDENで幾度となくトラブルに巻き込まれるものの菜々子を異常に気にする描写が面白いです。

「18時までに帰らなければ、菜々子に一人で夕食を取らせることになる…そんなことは許容できない!」

バレンタインでは菜々子が作った謎のスライム?を「大好き」と言われ奮起し、見事に食しています(後は察しの通り)。

kichitan.hatenablog.com

 

③切り札は、、、。

武器は「長得物」ゲームではゴルフバットやバットも使いますが、アニメでは刀を使用しています。

主人公として「ワイルド」の能力に目覚め、様々なペルソナを使いこなすことが出来ます。主なペルソナは

イザナギ・・・日本神話に登場する男神で、アマテラスやスサノオ等多くの神の父神

で雷属性攻撃と物理攻撃を主体で戦います。ゲームでは最序盤でしか使わないですがアニメでは非常に出番が多く、GOLDENでは初登場にも関わらず一騎当千の強さを発揮します。最終戦では「伊邪那岐大神 」に転生します。

アニメでの切り札は「ベルゼブブ」(蠅の悪魔)で、「メギドラオン」を放ち全てを破壊します。レベルがおかしい(習得はレベル87)のは演出だと思って割り切りましょう。GOLDENでは最終戦では「カグヤ」が登場し戦闘を終わらせます。

 

ゲームと同様、あらゆる状況に対応できる万能キャラです。

 

では

 

【中古】トレーディングフィギュア 鳴上悠 「Happyくじ ペルソナ4」 G賞 ちびフィギュア

 

G.E.M.シリーズ TVアニメ「ペルソナ4」鳴上悠

 

キリアン・エンバペ~今後のサッカー界を背負う存在~【特集】

今回はパリ・サンジェルマン所属のキリアン・エンバペ選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210224124119j:plain

Getty Images

経歴

エンバぺ選手はフランス一の育成施設「クレールフォンテーヌ国立研究所」出身で、13歳でモナコユースに入団しました。

そして2015年にモナコでプロデビューし、2016年にはクラブ史上最年少得点(それまではアンリ)を記録し一躍有名になります。そこからは飛ぶ鳥を落とす勢いでの活躍を見せ、2016-2017シーズンにはファルカオ(現ガラタサライ)バンジャマン・メンディ、ベルナルド・シルバ(共に現マンチェスターシティ)等と共にリーグで15得点を記録し、当時リーグ4連覇中でフランスでは敵なしだったパリSGを抑えリーグ優勝を果たしました。またチャンピオンズリーグでも躍進し、ラウンド16ではマンチェスターシティ、準々決勝ではドルトムントを撃破しベスト4に進出しました。

その活躍が評価され、2017年にネイマールと共にパリSGに入団、買取オプション付きの移籍となり翌年に1億4500万€+ボーナス3500万€という破格の移籍金に彼への期待が伺えます。

パリでもその勢いは止まりませんでした。リーグアンでは3連覇&2年連続得点王中で、昨シーズンのチャンピオンズリーグでは決勝進出に大きく貢献しています。

代表では初のビッグコンペティションであった2018年W杯では4得点を挙げ、母国の優勝に大きく貢献。その才能の大きさを世界に知らしめました。

2018年には若手のバロンドールと言われる「コパ・トロフィー」を受賞。将来、本家のバロンドールの獲得も有力視されています。

 

①圧倒的なスピードとサッカーIQの高さ

エンバぺ選手の特長は「圧倒的なスピードとサッカーIQの高さ」です。一目でわかるほど際立ったスピードを持っており、加速力共に世界最高峰を誇っています。

またフィジカル面でも優れており、多少の当たりにもびくともしない強靭な肉体を駆使した推進力も大きな武器になっています。またドリブル技術も優れており、前を向かせた時点で終わりと感じる程の脅威を相手に与えます。

ただ上記のような能力は他の優秀なドリブラーは兼ね備えていますが、さらにエンバぺ選手は「サッカーIQの高さ」を併せ持っています。ポジショニングと飛び出しのタイミングに優れ、ディフェンスの背後を易々と取ってしまいます。

またラインブレイカーとしてDFの少し前に位置取りスピードで置き去りにする動きも秀逸で、オフサイドにかかりにくく自慢のスピードを存分に生かすことが出来ています。近年の得点量産はフィジカルやスピードだけではなく、この駆け引きが非常に上手くなったことにあると思います。

オフザボールでもオンザボールでも違いを作れるので、対峙するディフェンスにとっては「悪夢」のような存在でしょう。

 

②背負ったプレーと守備強度のバラつき

反面「背負ったプレー」は苦手なようで、度々強引に前に向こうとする場面が散見されます。ただ半身で受けようとしていたり、そもそも競り合わないポジショニングを取ろうとしたりと工夫しており、今後は0トップ的な使い方も出来そうです。

また守備強度にバラつきがあり、試合によって露骨に戻らない場面もあります。戦術的な部分もあるとは思われますが、接戦時にあっさりと抜かれてしまうことも多く守備意識は変える必要はありそうです。

 

③今後のサッカー界を背負う存在

近年メッシ、クリスティアーノ・ロナウドという「2大スター」が君臨するサッカー界においてエンバぺ選手はハーランド(ドルトムント)等と共に「今後のサッカー界を背負う存在」となっています。夜遊びをせず、発言は謙虚ながら途中交代に露骨に腹を立てる「負けん気の強さ」と「人間味」も非常に好感が持てて応援したくなります。

kichitan.hatenablog.com

 

今後も数多くのタイトルと個人賞を総なめしていく選手になっていくでしょう。

ただ唯一チャンピオンズリーグのタイトルが欠けているので、レアルマドリード移籍が囁かれる中エースとしてパリSGビッグイヤーをもたらせるか、そのプレーに注目していきたいです。

 

では

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) フランス代表 エムバペ Script Tシャツ(ネイビー)【サッカー サポーター グッズ Tシャツ ムバッペ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

エムバペ フランス代表 RS サッカースターズ【SoccerStarz サッカーフィギュア】【サッカー サポーター グッズ ムバッペ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】