きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

サッカー選手の呼び方~過去編~【サッカー】

今回はサッカー呼び方に印象が残った選手について書いていきたいと思います。

 

実際海外の名前は日本語表記が難しく、国によって発音が違うので様々な呼ばれ方をしています。その中で特に印象に残った選手を挙げていきます。

 

今回は引退した選手の中から挙げていきます。

 

f:id:kichitan:20201117125312j:plain

Getty Images

①ゲーム内表記で混乱

マンチェスターユナイテッド監督の「スールシャール」さんです。ユナイテッド全盛期の時に目をした「ベイビーフェイスの暗殺者」に私はすっかり魅了され、ゲーム「FIFA」で使おうとしたら名前がありません。(確か2002か2003だったと思います)

すると見慣れない名前が、、、「ソルスキア」。Solskjærを英語圏内で初期に呼ばれていたらしくその表記になったらしいですが全く想像できず、呼び方すら違うのでかなりびっくりしました。今はスールシャールorソールシャールで呼ばれているみたいです。

因みにこのゲームではユナイテッドのファン・ニステルローイ選手のスタミナの無さには違う意味で驚きました。

 

②最後まで安定しない呼び方

引退まで安定しない呼び方で印象が強かったのは「イアキンタ」さんです。イタリア代表のフォワード、ウディネーゼユベントスで活躍した選手で、2006年W杯優勝にも貢献しました。この選手は本当に様々な表記をされており、「イアキンタ」「イアクインタ」「ヤクインタ」などややこしいことこの上ないです(本人に何の罪もないですが、、、)個人的には「ヤクインタ」表記がしっくりきます。

ちなみに「Iaquinta」というのはイタリア語では「イアキンタ」が一番近いそうです。

 

③所属先によって変わった印象

クラブの所属先で印象が変わるのは「セードルフ」さんです。オランダ代表の名手で、アヤックスレアル・マドリードインテルACミランなど数多くのクラブでプレー、異なるクラブ(アヤックス、マドリー、ミラン)でチャンピオンズリーグを制覇した史上初の選手です。

この選手は何故かサンプドリア、マドリー、インテルでは「シードルフ」、アヤックスミランでは「セードルフ」のイメージが強いです。初めて知ったのがインテル時代、表記が「マドリーから来た選手」で雑誌に載っていたのが印象に残っていたのが強かったと思います。ちなみに「SEEDORF」は母国では「セードルフ」が近いようです。

 

 

こう見ると本当にカタカナ表記が難しいことがわかります。

 

では

 

FIFA 21 - PS4

FIFA 21 - PS4

  • 発売日: 2020/10/09
  • メディア: Video Game
 
FIFA 21 LEGACY EDITION - Switch

FIFA 21 LEGACY EDITION - Switch

  • 発売日: 2020/10/09
  • メディア: Video Game
 

 

ジャスティン・ボーア選手 退団~計り知れないパワー~【特集】

今回は退団が決まった阪神タイガースジャスティン・ボーア選手について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20201121113016j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

2020年成績

99試合 .243 17本 45点 1盗  45四球 88三振 出塁率.338 OPS.760

 

①計り知れないパワー

今季「バースの再来」として加入したボーア選手ですが、当初は日本野球への適応に苦労します。特に課題とされた対左投手は予想以上に全く打てず開幕から無安打が続くと、悉く満塁のチャンスで凡退す4番を剥奪される事態に、、、。

 

kichitan.hatenablog.com

 

また他球団も「ボーアシフト」というセカンド、ショートを右に極端に寄らせ引っ張りを警戒、見事にハマる場面も多く、苦しい打席が続きます。

最終的に18打数まで無安打記録は伸びました(球団記録)が、序盤の広島戦から当たりが出始めると固め打ちを含む6本のホームランで前半を終えます。

中盤戦は「打率は見込めないものの一発がある怖いバッター」として主に5番や6番でプレー、やや好不調の波が大きいものの前半は12本の本塁打を放ち長距離砲の名の通りの活躍を果たします。ホームランパフォーマンスの「ファイアボール」は印象的でした。

 

kichitan.hatenablog.com

 

②長いスランプ

しかし中盤戦以降は長いスランプに陥ります。単発のヒットは出るものの肝心の長打が出ず、ついにはスタメンを外されることも出てきます。結局ホームランは後半戦では僅か5本、打点に関しては僅か12と長距離砲としてもポイントゲッターとしても尻すぼみの結果に終わりました。

 

kichitan.hatenablog.com

 

最終盤にはマルテ選手の再登録で登録抹消、帰国も噂されていましたが二軍で再調整、来季に向けた準備を進めていました。

 

③高額な年俸に見合うとは、、、

しかし正式に球団から11月20日自由契約を通知されました。2億7500万という高額な年俸に見合う活躍が出来ていなかったというのが理由として考えられます。やはりこれぐらいの年俸ならば最低25本は打ってもらわないと厳しいとは個人的にも思います。

ただ減俸を飲んだうえでの残留も有り得たので少し意外でした。2年目の活躍も期待出来る内容だったので寂しい気持ちがあります。

今後は日本も含めた他球団への入団を模索しているとのことです。

 

明るい性格と全力プレー、愛らしい風貌で人気を集めたボーア選手。今後の活躍を祈っています。

 

では

 

 

2020~2021シーズン 予想外の苦戦 パリSG~心身のダメージ~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2020~2021シーズン「苦しむ名門」について書いていきたいと思います。

 

8回目はパリSGです。

 

f:id:kichitan:20201122115710j:plain

Getty Images

過去特集はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

kichitan.hatenablog.com

 

①心身のダメージ

昨シーズンチャンピオンズリーグ決勝に進出、惜しくも準優勝となり今シーズンこそと始動したシーズンですが、リーグ戦では首位ながら早くも3敗を喫し昨シーズンの負け数と並ぶと、チャンピオンズリーグではライプツィヒ、マンチャスターユナイテッドが同居する激戦区に組み込まれる不運もありましたがその2チームに敗戦、グループリーグ敗退が忍び寄っています。いずれのコンペティションもライバルはいるもののタレント、戦術的にも負ける要素は少なく、単純に「取りこぼした」印象は強いです。

その要因は所謂「心身のダメージ」に悩まされている感はあります。リーグは中止になったもののチャンピオンズリーグでの疲労、そして決勝戦での敗退のダメージは思いのほか大きく、集中力を切らすシーンが散見されます。特にメンタル面はリーダー、チアゴ・シウバの影響が大きく、精神的支柱の彼の退団も立ち直り切れてない要因の一つだと思います。

現状はようやく昨シーズン手に入れた「団結力」がリセットされた形になっています。

kichitan.hatenablog.com

 

kichitan.hatenablog.com

 

②疑問符の付く起用

またトゥヘル監督の采配も迷いが見えます。特に目立ったのはダニーロセンターバック起用です。ライプツィヒ戦でDF陣の軸となれるマルキーニョスが健在にも関わらず、監督は本職がボランチダニーロセンターバックで使い続けました。その結果ダニーロは強度、ポジショニング共に不安を残し敗北。中盤でのマルキーニョスでの働きが素晴らしかったので余計に疑問符の付く起用だといえます。 

kichitan.hatenablog.com

 

普段あまりこういう配置でミスをしない、したとしても即座に修正するトゥヘル監督らしくない采配でした。

また大量の離脱者、怪我人に悩まさせ、上手くターンオーバーを機能させられなかったのも大きかったです。

 

③下手をすると国内も、、、

昨シーズンのトッテナムを見ても分かるように、パリも当初の予想よりも素晴らしい結果を残し、浮足立っている感はあります。主力を脅かすような補強も無く、現状とにかくコンディションを元に戻すことに専念するしかないでしょう。

そうなれば苦しんでいるチャンピオンズリーグに注力する他なく、国内リーグが疎かになる可能性があり、リールやモナコマルセイユなどのチームの頑張りによっては首位陥落もあり得ます。

現状戦力、選手層共にフランスリーグでは頭一つ抜けていますが、バイエルンのような絶対的な安定感は無く、一つ間違えば2011-2012のモンペリエ、2016-2017のモナコのようなサプライズもあるかもしれません。

 

とにかく「心身共のコンディションを整える」。トゥヘル監督の苦難はまだまだ続きそうです。

 

では

 

 

ナポリvsACミラン~改めてその強さを証明する形に~【サッカー】

ガットゥーゾ監督、ボネーラ監督代行、そしてイブラヒモビッチ、かつてチームメイトとして戦った3人がピッチで再び相まみえます。ガットゥーゾ監督にとってはイブラヒモビッチ選手に、現役時代散々弄られた借りを返していきたい所です。

 

冗談は置いておいて今回はナポリvsACミランの感想を書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20201123134630j:plain

Getty Images

両チームのスタメン

ナポリ

GK:メレト
DF:ディ・ロレンツォ、マノラス、クリバリ、マリオ・ルイ
MF:ロサーノ、ファビアン・ルイス、ポリターノ、バカヨコ、インシーニェ
FW:メルテンス

 

ACミラン
GK:ドンナルンマ

DF:カラブリア、ケア、ロマニョーリ、テオ・エルナンデス
MF:サーレマーケルス、ケシエ、チャルハノール、べナセル、レビッチ
FW:イブラヒモビッチ

 

ナポリ 1-3 ACミラン

メルテンス(後18)、イブラヒモビッチ(前20)(後9)ハウゲ(後50)

 

①6戦連続得点

オシムヘンを怪我で欠くナポリは守備は4-4-2で、サイドバック裏(特にミランの左)を突くカウンターを狙う形、対するミランはピオリ監督不在の中、守備4-4-1-1でべナセルが落ちてビルドアップに参加する攻撃3-2-5の形を作っていました。

前半開始時試合がいきなり動きます。いい縦パスを貰ったテオのクロスをイブラヒモビッチが決めて先制。イブラヒモビッチはこれで6戦連続得点となります。

同点に追いつきたいナポリですがハマった状態でのビルドアップの苦しさ、ボールの取り所が定まらず、上手くボールを収められません。メルテンス、ロサーノが上手くライン間でボールを受けシュートまで持っていきますが、上手く対応され無得点に終わります。

 

②「王」イブラヒモビッチ

後半ナポリボランチ一人をビルドアップに加えることでボールに落ち着きを与えようとしますが、そこで出てくるのは「王」イブラヒモビッチ。レビッチのクロスをひざ下で合わせこの試合2点目を決めます。

しかしナポリも黙ってはいません。ペナルティエリアでボールを受けたメルテンスが「らしい」ボール運びからシュートを決め1点を返し反撃体制に入ります。ただその直後テオの突破を阻んだバカヨコが2枚目の警告で退場、反撃の芽を摘まれるとロスタイムにはハウゲにゴールを決められジエンド。上位対決はミランが制しました。

 

③改めてその強さを証明する形に

ナポリはバカヨコの退場は本当に痛かったと思います。後半のビルドアップには改善が見られたため非常に残念な所です。しかしメルテンスが健在を示せたのは大きいです。やはりペナルティエリアは彼のエリアですね。

一方ミランは無敗試合が続き、改めてその強さを証明する形となりました。この日2得点を決めたイブラヒモビッチは勿論のこと、怪我のレオンを代わりを見事務めあげたレビッチのパフォーマンスは素晴らしかったです。

しかしローマ戦でもあったようにセットプレー時の守備がかなり不安定な事(今シーズン7失点)とイブラヒモビッチの負傷は気になる所です。出ずっぱりのケアも痛めている素振りが有ったので、いかにターンオーバーを上手く機能させるか、監督、コーチ陣の腕の見せ所でしょう。

 

では

 

 

ハリー・ケイン~He’s One of our Own~【特集】

今回はトッテナム所属のハリー・ケイン選手について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20201115135508j:plain

Getty Images

経歴

ケイン選手は元々アーセナルユースに所属していましたが1年で放出され、ライバルチームのトッテナムユースに行きつきました。

ユースでは早くに期待されトップチームに度々帯同しますが分厚い選手層に阻まれ、レイトン、ミルウォール、ノーリッジ、レスターとレンタル移籍を繰り返します。そして2014年トッテナムに再び復帰。3試合連続ゴールを奪いインパクトを与えると、翌シーズン、エースとして期待されたソルダードが不振の為出場機会が増えると、たちまちブレイク。2ヶ月連続の月間最優秀選手に選ばれるなど公式戦31ゴールの大活躍。

その後もプレミアリーグ年間最多ゴール39点の新記録の樹立、プレミアリーグ2年連続得点王など数々の記録を作り、今や27歳ながら「世界最高のセンターフォワード」の一人に数えられています。

代表でも絶対的なエースとして君臨。ルーニーが持つ代表最多得点(53得点)の記録を抜くのも時間の問題となっています。

kichitan.hatenablog.com

 

①得点バリエーションの多さと神出鬼没性

ケイン選手の特長は「得点バリエーションの多さと神出鬼没性」です。

得点バリエーションが多く、効き足は右ですが左足からも精度の高いシュートを放てます。シュートはレンジ、パワー共に申し分なくフリーキックからもゴールを奪えます。決して得策とは言えませんが、ユーロ2016ではコーナーキックを担当する程のキック精度を誇ります。意外なことにサイドチェンジが非常に上手いです。

また188cmの長身を活かしたヘディングも強烈です。ボディバランスが優れているので多少無理な形でもゴールにねじ込む能力を要していてボレーも非常に上手いです。

そして「神出鬼没性」をも持ち合わせています。相手の虚を突く走り込みが出来て、相手にとっては彼が「消えた」ように見え、見つけたとしても強靭なフィジカルで押さえられます。対峙DFにとっては厄介この上ない存在でしょう。

 

②献身性とチャンスメイク

ケイン選手はさらに守備にも奔走する献身性を持ち合わせています。ピッチを幅広く動き守備にも奔走できる運動量を持ち合わせ、攻守においての貢献度が高いです。

また近年ではチャンスメイクにも定評があり、ポストプレーだけではなく走り込む味方へのスルーパス、低い位置やサイドからの広い展開など年々プレーエリアを広げています。

今シーズンはソン・フンミンとのコンビネーションが抜群で、ゴールを挙げながら、アシストを積み重ねる規格外の活躍を見せています。

kichitan.hatenablog.com

 

ただ最近は怪我に泣かされがちで、2018-2019シーズンには足首、昨シーズンはハムストリングで長期離脱を余儀なくされています。特に足首は慢性的な物で、ハムストリングも癖になりやすい箇所なので心配な所です。

 

②ワン・クラブ・マンへの拘り

ケイン選手は幾度となく「ワン・クラブ・マン」であろうとする発言をしています。実際オファーは数えきれない程あったようですが、その度にクラブ愛を示し残留しています。今では珍しいその姿勢は、サポーターから「He’s One of our Own」のチャントを浴び、絶大な人気を誇っています。

近年プレミアリーグ「BIG6」に数えられ力を付けているチームに、可能性と将来性を見出していると思います。ドキュメンタリー番組の「オールオアナッシング」でもリーダーとしての自覚、覚悟をひしひしと感じ、その思いが偽りではないことを感じます。

kichitan.hatenablog.com

 

今やトッテナムそのものとも言える存在感を放つケイン選手。悲願のチームタイトル獲得はいつ叶うのか、注目していきたいと思います。

 

では

 

 

トッテナムvsマンチェスターシティ~戦術、交代ともに冴えまくった試合~【サッカー】

モウリーニョ監督とグアルディオラ監督の今シーズン初めての戦い。正反対の哲学を持つ監督同士のつばぜり合いは、いつ見ても魅力的です。

 

ということで先日行われたトッテナムvsマンチェスターシティの感想です。

f:id:kichitan:20201122170413j:plain

Getty Images

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン

トッテナム
GK:ロリス
DF:オーリエ、アルデルヴァイデルト、ダイアー、レギロン
MF:ソン・フンミン、シソコ、エンドンベレ、ホイビュア、ベルフワイン
FW:ケイン

 

マンチェスター・シティ
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ルベン・ディアス、ラポルト、カンセロ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、ベルナルド・シルバ
FW:マフレズ、ジェズス、フェラン・トーレス

 

トッテナム 2-0 マンチェスターシティ

ソン・フンミン(前5)ロ・チェルソ(後20)

 

①僅かなスキを突いて

トッテナムは守備時は4-4-2でロングカウンター、ビルドアップ時はアンカーが落ちて3バックでポゼッションしていました。対してシティはカンセロ、ウォーカーを偽サイドバック的に中に入れて、ボール保持率を高める戦術を取ってきました。

試合はいきなり動きます。セットプレーの僅かなスキを突いてエンドンベレがソンフンミンにパス、ソンが見事に1対1を制してトッテナムが先制します。

こうなったらモウリーニョ監督は強いです。その後も幾度となくカウンターで脅威を与え、シティは余計にビルドアップに気を付けなければいけない状況になります。

一方シティは高い位置からのショートカウンター、デ・ブライネを中心としたチャンスメイクで決定機を作りますがラポルトのゴールがハンドの判定で取り消し、またボランチ2枚がニアゾーンを徹底的に消す昨シーズンのユナイテッドを彷彿させる戦術が非常に上手く機能し、個々の最後の粘りもあり得点を割らせません。

kichitan.hatenablog.com

 

②悪い流れを変えられず

後半シティはより攻勢を強めていきますが、個々がボールを持つ時間が増えてしまい逆にトッテナムの守備ブロックに引っ掛かりやすくなってしまいます。

そしてトッテナムは途中交代したばかりのロ・チェルソがロングカウンターから追加点、交代がズバリ的中する形となりました。

シティもスターリング、フォーデンを投入するも悪い流れを変えられずトッテナムが快勝する形となりました。

 

③戦術、交代ともに冴えまくった試合

モウリーニョ監督は戦術、交代ともに冴えまくった試合となりました。前回の戦いではケインが不在の上、ロリスのスーパーセーブとベルフワインのカウンターで何とか結果を残したという印象でしたが、今回はシティの弱点を徹底的についた「らしい戦い」を披露、流石の采配でした。

これで暫定ながら首位になりました。今後過酷なスケジュールが続きますが注目したい所です。

一方グアルディオラ監督は後半の修正、流れを変える交代の失敗などらしくない采配に終わりました。特に後半の修正の明らかな失敗は余り見たことが無いので気になる所です。

 

では

 

 

 

ジャック・グリーリッシュ~名実ともにクラブの「象徴」に~【特集】

今回はアストンビラ所属のジャック・グリーリッシュ選手について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20201114132425j:plain

Getty Images

経歴

グリーリッシュ選手はアストンビラのアカデミー出身で、2012年にトップチームデビューを果たしました。その後ノッツ・カウンティのレンタルを経てアストンビラに復帰、以後はチームの「看板選手」として活躍を続けていきます。

そして2018-2019シーズン途中からは主将を務め、名実ともにクラブの「象徴」となっています。今シーズンも中心選手として、躍進するチームで別格の存在感を放っています。

代表はユース世代ではアイルランド代表でプレーしていましたが、最終的にはイングランド代表を選択。2019-2020シーズン初めに初招集&デビューを果たしました。

 

①抜群のキック精度とプレービジョン

グリーリッシュ選手の特長は「抜群のキック精度とプレービジョン」です。右足のキック精度が高く、ロングフィードフリーキックミドルシュート、スルーパス等バリエーション、レンジ共に豊かです。スピードは並みながらテクニックに優れ、狭いスペースも細かいフェイントでスルスルっと抜けるドリブルが出来ます。

そしてプレービジョンに優れ、予めボールが来る場面へのポジショニング、メッセージが伝わるようなパス出しが上手く視野が広いです。巷では「イニエスタの後継者」とも呼ばれています。また体幹も強くエネルギッシュに上下動を繰り返すことが出来て、献身性も高いので非常に頼りになる選手です。

 

②左足の精度と裏への動き出し

課題は逆足である左足の精度と裏への飛び出しです。ほとんど効き足である右でプレー、しかもアウトサイドキックも上手い為大きな弱点になっていませんが、左足の精度は高くありません。現在は左ウイングからのカットインが主なプレーで、サイドバックが幅を取ってくれるので目立ってはいませんが縦突破も求められる戦術ではかなり厳しそうです。

また裏への動き出しが少ないのも課題で足元にボールを貰いたがる傾向があります。これはゴール数の向上の為にも必要な能力なので是非磨いて欲しい能力です。

 

③強いクラブ愛

以前は素行に問題があり、2015-2016シーズンにはナイトクラブで夜遊び→セカンドチームに降格、翌2016-2017シーズンではホテルで騒ぎを起こす→リザーブチームへ追放されるなど「問題児」として有名でした。

しかし2017‐2018シーズンに背番号10番を与えられ、元イングランド代表のテリーなどの加入により、メンタル面で大きな成長を果たすとサッカー選手としての自覚を持ち、問題行動が激減します。このシーズンでは怪我もありましたが、他チームへのインパクトが凄く、シーズン後には国内ビッグクラブから移籍の話が出ます。しかし財政的な部分が改良、本人のクラブ愛も強く移籍は破談。以後もチームの主力として活躍することを誓います。今も魅力的なオファーも多いらしいですが、自分からチームを離れることは無さそうです。

 

かつての「悪童」が立派な「象徴」になって、近年少なくなっている「生え抜きスター」のロマンを感じさせるグリーリッシュ選手。今後もビラでの活躍を期待しています。

 

では