きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

リムル=テンペスト~温厚な人格者~【転スラ】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

※ネタバレ有り


今回はアニメ「転生したらスライムだった件」のキャラ「リムル=テンペスト」について書いていきます。

(c)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

①温厚な人格者

今作の主人公で、元々は日本の大手ゼネコンに勤める三上悟という名の平凡なサラリーマンです。

「俺、死ぬのか……?」
「家のパソコン、ハードディスクの中身。風呂に沈めて、完全に消去してくれ」

通り魔から後輩をかばって刺殺され、スライムとして異世界転生。その後ユニークスキル「大賢者」と「捕食者」を頼りに物語を進めていきます。

kichitan.hatenablog.com

 

性格は基本的には温厚で、

・ヴェルドラを不憫に思い、封印を解くために自分の胃袋内の隔離空間に入れる

・関係性が薄いゴブリンの村を侵略者から守る

等、頼まれると面倒くさがりながらも引き受けるお人好し

また他種族の生態やその背景を考慮し、場合によっては仲間に引き入れる等心の広さも見せており、作中屈指の人格者でもあります。

ただ社会経験が豊富な事もあり合理的な考えの元動こうとはしていますが、本質的には本能のままに行動することが多く、度々脳筋気味なシオンやランガと行動が重なっていることを指摘されショックを受けています。

因みに今世の目標の一つはポテチを食べながらゲームをすることで、日本で経験したイベントや食文化などを魔国連邦に取り入れて文化の発展を図っています。

1期中盤ではイフリートの暴走から解放され死を待つシズの願いを受け、彼女の姿と想いを引き継く形で、似たような姿に擬態出来るようになりました

 

②一国の盟主に相応しい非情さも

作中では転生先の洞窟で力を貯蓄し(本人は自覚無し)、暴風竜ヴェルドラと友人になり晴れて外の世界へ。ため込んでいた膨大な魔素量とスキル、その機転の良さでゴブリンを始め様々な種族と仲良くなり、ジュラ・テンペスト連邦国を創立するに至ります。

「ルールは3つ。最低この3つは守って欲しい」
「1つ、人間を襲わない。2つ、仲間内で争わない。3つ、多種族を見下さない。以上」

しかし国の創立=他勢力との対立や政治が発生するのは必然で、一度は西方諸国の大国ファルムス王国の侵略を受ける事に。

そこでシオンを始め多数の犠牲者が発生したことから自身の甘さを痛感し、彼らを復活させるために魔王に進化する事を決意。ファルムス王国と西方聖教会の連合軍約2万人を殺害し生贄に。その結果魔王に進化し、それ以降はただただお人好しでは無い一国の盟主に相応しい非情さも持ち併せるようになります。

「一方的に宣戦布告しておいて、今更なんの寝言を言ってるんだ? 俺の仲間に犠牲者が出た以上、お前らは敵だよ」

その後はクレイマンとの対立を経て「八星魔王(オクタグラム)」の一員として迎え入れられ、名実ともに魔王として周りに認識される事となります。

「そうだ、油断は禁物。自分だけならともかく、今の俺には、守るべき仲間達がいるのだから」

 

③捕食者(クラウモノ)

転生時に獲得したユニークスキルは二つあり、その一つは捕食者(クラウモノ)

前世で童貞のまま死んだので「女性を喰いまくる」という邪な考えで身に付いたスキルですが、

・対象を体内に取り込む(捕食)だけでなく、取り込んだ対象を解析・研究しスキルを習得可能

・取り込んだ対象を再現し、同等の能力を行使可能(擬態)

・解析により作成された物質や、解析の及ばない有害な物質を各自保管できる「胃袋」

等汎用性が高く尚且つ強大な力を持ち併せており、彼のメインスキルとなっています。

その後もこの能力を利用し、

・食べた相手のスキルを一定確率で獲得し、配下にある魔物の誰が食べてもその能力を共有出来る「飢餓者(ウエルモノ)」

・異なる対象同士を1つのものに変質させたり、逆に1つのものが持つ異なる性質を分離させる「変質者(ウツロウモノ)」

・使い手に対して心が折れた者の魂を掌握し生殺与奪の権を握る「心無者(ムジヒナルモノ)」

を取り込み、

・「飢餓者(ウエルモノ)」と統合させ対象物を腐敗させそのスキルの一部を取り込む「腐食」、影響下にある魔物の得た能力を再現可能とする「受容」、影響下にあるか、もしくは魂のつながりのある魔物へ対し、能力の一部を授与する「供給」を追加(解析は大賢者に統合)した「暴食者(グラトニー)」

・魔王への進化に伴い「心無者(ムジヒナルモノ)」と統合。心無者のスキルを受け継いだ「魂食」を追加し、各能力も強化され受容と供給が合わさり「食物連鎖」に進化したアルティメットスキル「暴食之王(ベルゼビュート)」

と各自進化。

またヴェルドラの封印を解いたときに、

・ヴェルドラをリムルの記録にある姿で召喚出来る「暴風召喚」

・リムルの中にヴェルドラの記憶が複製される「暴風竜復元」

・死を呼ぶ風、黒き稲妻、破滅の嵐と言う魔法が使える「暴風系魔法」

を可能とする「暴風之王(ヴェルドラ)」

さらにヴェルドラの封印を解いた際に獲得した「無限牢獄」を解析し、大量のスキルを統廃合で生み出されたアルティメットスキル「誓約之王(ウリエル)」を獲得しており、今後も強力なスキルが登場する事が期待されています。

※もう一つの大賢者(エイチアルモノ)は別項で紹介します。

 

名実ともに魔王となったリムルですが、ヒナタとの関係やファルムス王国の事後処理など考える事は沢山。3期での立ち振る舞いも楽しみです。

 

では

 

転生したらスライムだった件 リムルさまがいっぱいフィギュア 全5種セット 転スラ カプセルトイ ミニチュア フィギュア【在庫品】A-13

 

【新品 送料無料】一番くじ 転生したらスライムだった件 〜スライム生活、始まりました。〜 D賞 リムル様ver. ラバーストラップ