きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2021-2022シーズンCL準々決勝展望~注目カードプレビュー~【サッカー】

今回は先日決められた準々決勝の組み合わせについて書いていきたいと思います。

 

主に注目カードについて書いていきます。

f:id:kichitan:20220319222830j:plain

©︎CWS Brains, LTD.

組み合わせはコチラ

チェルシーイングランド) vs レアルマドリード(スペイン)

マンチェスターシティ(イングランド) vsアトレティコマドリード(スペイン)

ビジャレアル(スペイン) vs バイエルン(ドイツ)

ベンフィカポルトガル) vs リヴァプールイングランド

 

①昨シーズン準決勝の再戦

まずはチェルシーvsレアルマドリードです。チェルシーは盤石とも言える戦いでリールを撃破。対するマドリーはパリ相手に逆転劇を繰り広げ突破と対照的とも言える内容でベスト8に進んできました。昨シーズン準決勝の再戦となります。

ただチェルシーはオーナーの経済制裁もありホームでは無観客試合と非常に苦しい状況にあり、状況的にはマドリー優勢は揺るぎません。ただチームの指揮はかつてない程高く、その団結力と指揮官の采配を武器に戦っていきたい所です。

kichitan.hatenablog.com

 

キーマンはセンターフォワードとして申し分ない働きを見せているハヴァーツとアスピリクエタ。前者はミリトンとアラバの壁をどう打ち崩すか、後者は対峙するであろうヴィニシウスをどう抑えられるかが勝負になってくるでしょう。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

一方昨年もあったようにマドリーは瞬間的な崩しを得意としている為、5バックの攻略に手を焼く傾向にあります。ベンゼマは勿論の事、覚醒したヴィニシウスの働きに期待したいです。そして未だにスーパーなプレーを見せているモドリッチも無視できない存在です。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

それを踏まえても地の利もありマドリー有利であることは変わらないと、個人的には思います。

 

②正反対の哲学を持った監督同士の戦い

次はマンチェスターシティvsアトレティコマドリードです。グアルディオラ監督とシメオネ監督、正反対の哲学を持った監督同士の戦いで非常に見ごたえがあります。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

シティはウォーカーが出場停止、ルベン・ディアスが怪我をしているも組織力は高く大崩れしない強さを誇っており、アトレティコがどれだけ堅守を取り戻そうとも崩せる力は持っています。やはり注目はデ・ブライネとマフレズ、前者は一時期の不調からは完全に復調し手が付けられない状態に。そして後者もここ最近は毎試合得点とキレキレになっており攻撃陣はかなり期待は持てます。

kichitan.hatenablog.com

 

一方アトレティコは一時期の不調からは抜け出せたものの、その状態でシティを相手をするのは正直厳しく、我慢の時間帯が続きます。また得点源のスアレスもこの所ベンチスタートと調子は決して良くありません。ただ代わりにフェリックスとグリーズマンの調子が良くカウンターには期待が持てます。

kichitan.hatenablog.com

 

注目は冬に加入したヘイニウド、チームに予想以上にフィットしておりスタメン起用が続きますがシティ相手にどこまで出来るかはまだ未知数で、彼の活躍がチームの運命を左右するかも知れません。

シティ優位は間違いないでしょう。

 

③残り2試合の展望

そしてビジャレアルバイエルンですが、圧倒的な攻撃力を誇るバイエルンの前にビジャレアルがどこまで耐えられるかは注目です。ビジャレアルにとってもここまで攻撃が整備しているチームとの対戦は初めてなので、エメリ監督が得意とする守備組織の構築が必要になってきそうです。一方バイエルンは攻撃面は問題ないもののやはり不安なのは守備面。ビジャレアルの崩しの切り札であるダンジュマに守備陣が振り回されるようであればまさかの敗退もありそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

最後にベンフィカリヴァプールですが、抜群の攻撃力を誇ったアヤックスを破った守備とカウンターは侮りがたく、エースのダルウィン・ヌニェスも好調を維持しており不気味な存在となっています。アーノルド離脱でやや攻撃力ダウンが想定されるものの好守ともに盤石なリヴァプールの敗北は考えにくいですが、サッカーは何が起こるかどうかわからず、ジャイアントキリングが起こる可能性は十分にあります。

kichitan.hatenablog.com

 

いずれも好試合が期待出来る準々決勝。1戦目は4月5日&6日、第2戦は12日&13日予定です。

 

では

 

サッカーボール 5号球 アディダス UEFA チャンピオンズリーグ 2021-2022グループリーグ 大会公式試合球 レプリカボール フィナーレ ルシアーダ 検定球 【adidas2021ball】 AF5401RY

 

ファンは大喜び【UEFAチャンピオンズリーグ】4インチ ソフト ボール】オフィシャルグッズ/部屋の飾りでも ! 用途色々【発送は宅急便コンパクト】