きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2021~2022シーズン 前半戦振り返りと冬の移籍情報 マンチェスターシティ~新機軸の機能と光り輝くテクニシャン~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2021~2022シーズン、前半戦振り返りと冬の移籍情報について書いていきたいと思います。

 

初回は「マンチェスターシティ」です。

f:id:kichitan:20211213003326j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

基本フォーメーション

f:id:kichitan:20211211220754p:plain

 

①2-3-5システムと日替わり0トップ

ストライカー不在で臨んだ新シーズン、コミュニティーシールドや開幕戦を見た時は新機軸の2-3-5システムの機能性が心配されましたが、転機になったのはジェズスの右ウイング起用とカンセロの起用でした。

kichitan.hatenablog.com

 

オフザボールの動きに優れ中にも飛び込んでいける前者は攻撃に奥行きを作り、後者はその技術の高さでシステムを何とか機能させ、ここまでただ一人リーグ全試合に出場しています。まだまだポジショニングが拙く守備も軽い部分はありますが、昨シーズン「カンセロロール」を機能させたその特異なプレースタイルは今シーズンも輝きを見せています。

kichitan.hatenablog.com

 

そして懸念された得点力も「日替わり0トップ」でカバー。「そのポジションで求められる役割」を理解させて、誰が入ってもある程度機能するような組織作りをしたグアルディオラ監督には脱帽する他ありません。

 

②光り輝くテクニシャン

そんな中最も輝きを見せているのはベルナルド・シウバです。抜群の判断能力と技術を持ち、ビルドアップを手助けをしたと思えば、素晴らしい動き出しでチャンスメイクやフィニッシュに絡み、自らのドリブルで攻撃のアクセントを付けていく。守備も非常に献身的で、今や試合の全局面に効果的に関わっている選手といっても過言ではありません。出場機会を求め退団を希望した今シーズン前の騒動が嘘かのような働きぶりです。

kichitan.hatenablog.com

 

またロドリはシステムの変更で役割がシンプルになり前への守備意識が非常に高くなったと感じます。フィジカルの強さを生かした守備、そして機を見たミドルシュートはシティの大きな武器となっており本領発揮と言えるでしょう。

そして右ウイングで躍動したジェズスです。幅を取りつつオフザボールで飛び込んでいくスタイルが見事にはまり決定的な仕事を連発、0トップシステムを上昇気流に乗せました。最近はゴールが止まっていますが動き自体は悪くなく、波に乗れば得点量産もあり得ると思います。

 

③愛弟子の去就とサイドバック

冬の移籍市場での補強は今の所無さそうです。ケイン獲得再挑戦やバルセロナのフレンキー・デ・ヨングの獲得の噂はありますが、現状ケインの放出はあり得なく、デ・ヨングも必ずしも欲している戦力ではないと思われます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

またグアルディオラ監督の「愛弟子」スターリングが移籍希望を出していると言われていますが、その移籍先が寄りにもよって財政難のバルセロナ。恐らく出場機会減少による飛ばし記事であると思われます。ただグリーリッシュのフィット次第では移籍もあり得るので、夏にバルセロナ以外で再燃する可能性はあります。

kichitan.hatenablog.com

 

ただ唯一心もとなく強化が必要なのは左サイドバックで、質的に物足りないものがあります。今はカンセロがこなしているものの、ジンチェンコ、アケ共に戦術にフィットしておらず、カンセロが長期離脱となると大幅な戦術変更を余儀なくされます。

しかし補強しようにもシティのサイドバックは複数のタスクをこなさないとならないので、(現レギュラー二人も満点にこなしているわけではありません)獲得は困難を極めるでしょう。夏にはグリマルド(ベンフィカ)等が候補に挙がっていましたが、現システムでは起用は難しく、静かな冬を過ごしそうです。

 

今シーズングアルディオラ監督が新機軸を引っ提げたシティ。プレミア2連覇&チャンピオンズリーグ制覇へ順調な歩みを見せていると言えます。

 

では

 

【公式】PUMA プーマ メンズ サッカーシャツ サッカー 【マンチェスター シティー MCFC アウェイ 半袖 レプリカ シャツ】

 

マンチェスター シティー MCFC ホーム 半袖 レプリカ シャツ