きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース(2022)シーズン3/4感想~凄まじい勢いを止めたのは~【プロ野球】

凄まじい勢いを止めたのは主力の大量離脱でした。

 

ということで今回は阪神タイガース シーズン3/4感想を書いていきます。

阪神タイガース

①戦績(対戦成績)

巨人    11勝    7敗 0分  74得点  53失点 

ヤクルト    7勝    9敗 0分  60得点  45失点 

DeNA      8勝  11敗 0分  68得点  65失点

広島        4勝  12敗 2分  47得点  69失点

中日      10勝  10敗 0分  54得点  46失点

交流戦 12勝 6敗 0分 62得点 38失点 2位

52勝 55敗 2分 365得点 316失点 4位

 

交流戦から勢いに乗ったチームは7月に14勝6敗と破竹の勢いで勝ちを積み重ねます。また前半戦は未勝利だった広島戦にも4勝を挙げ(3敗)、苦手意識は薄れつつありました。

しかし勝たなければいけなかったヤクルト戦3戦目は村上選手に勝負し3発を打たれ撃沈。そして広島戦では3点リードを9回にひっくり返され逆転負けを喫する等詰めの甘さを見せると、特例2022での登録抹消が続き、6連敗を喫する(継続中)等今やチーム状態は最悪とも言えます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

正直このような登録抹消による離脱の不振はどこのチームでも起こっており不運な部分は大きいとは思いますが、これからという時の失速は残念としか言いようがありません。

 

②投手 ※主戦力です。

先発

西         19試合   8勝7敗 2.19 15QS

青柳        17試合 12勝1敗 1.39 16QS

伊藤将            13試合   8勝3敗 1.69  11QS 

才木          4試合   2勝1敗 1.90   3QS

ガンケル      16試合   5勝5敗 2.78   8QS

藤浪        10試合   0勝2敗 3.41   3QS

 

中継ぎ ※()は役割

岩貞              40試合 2勝0敗   6H 1.69 (ビハインド・接戦時)

浜地              38試合 0勝2敗 17H 1.03 (セットアッパー)

島本        3試合 0勝0敗   1H 0.00 (ビハインド・接戦時)

ケラー          17試合 0勝2敗   3H 3.38 (セットアッパー・接戦時)

湯浅              45試合 1勝3敗 34H 1.47 (セットアッパー)

渡邊              26試合 3勝1敗 10H 2.45 (接戦時)

加治屋          31試合 0勝2敗   5H 2.35 (ビハインド・接戦時)

 

抑え

岩崎                   44試合 1勝5敗 7H 25S 1.93

 

ただ投手陣は安定しており、早々大量失点は喫さない程の鉄壁を誇ります。(チーム防御率2.55はリーグ断トツのトップです。)

特に青柳投手は貯金を11も作る圧巻の投球を披露。昨シーズンの実績もあり今やセリーグを代表する投手に成長しています。

kichitan.hatenablog.com

 

また西純、ウィルカーソン投手が登録抹消になった際も才木、藤浪投手が好投をしたことでローテーションは埋まっています。しかし2軍で離脱が大量に出てしまっている為流石に人数不足を露呈。さらにガンケル投手が登録抹消されたことにより、その編成に注目が集まります。

そして中継ぎ・抑えも盤石。渡邊投手の離脱は島本投手が埋め、ケラー投手が完全に復調して圧倒的な投球を披露。直近の守護神問題もケラー投手が再配置される予定で、実質1年目の湯浅・浜地投手のコンディションには細心の注意を払う必要はあるものの投手運用に関しては問題は無さそうです。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

③打線 ※主戦力です。

1中野(遊)   .272     4本 20点  17盗 .638  

2島田(右)   .269     0本 12点  15盗 .616

3近本(中)   .297     1本 25点  22盗 .701

4佐藤輝(三)  .257   16本 60点    8盗 .781

5大山(左)      .252   22本 71点    0盗 .847 

6糸原(ニ)      .248     2本 30点    1盗 .604

7ロドリゲス(一).175     2本   9点    3盗 .542 

8梅野(捕)   .218     3本 15点    2盗 .543

 

そして打線は7月までは長打力が課題ながらも中野、島田、近本選手の上位打線が足でかき回し、佐藤輝、大山選手で返すというパターンが確立。そしてロドリゲス選手という嬉しいサプライズもあり非常に期待が持てました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし8月に入ると、特例2022での登録抹消が相次ぎ、その中には大山、近本、中野選手という中心選手の名前もありました。そして中軸が抜けた打線は選手層の薄さを露呈し瞬く間に弱体化。元々調子が良くなかった佐藤輝選手は余計にマークされ沈黙。頼りのロドリゲス選手の神通力も途絶え、島田選手やロハス選手の頑張りもあったもののまるで得点が取れなくなりました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

またこれまで隠されていた守備問題も再び再燃。9試合で15失策というあり得ない数字を叩き出し遂に指定席のリーグワーストに。

今や得点を奪う事すら困難になっており、主軸選手の早期復帰を願うばかりになっています。

 

野手の主軸の大量離脱。余りにも大きな代償を払わされている現状チームはどこまで彼らの復帰まで粘ることが出来るのか、注目です。

 

では

 

コナミデジタルエンタテインメント 【Switch】eBASEBALL パワフルプロ野球2022 [HAC-P-A6JNA NSW eBASEBALL パワプロ2022]

 

コナミデジタルエンタテインメント 【PS4】eBASEBALL パワフルプロ野球2022 [PLJM-17016 PS4 eBASEBALL パワプロ2022]