きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

遠藤航~チームに強度と安定感をもたらせる存在~【特集改訂版】

今回はリヴァプール移籍が決まった遠藤航選手について書いていきたいと思います。

Getty Images

今回は改訂版です。プレースタイルの成長や役割の違いを中心に書いていきます。

 

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①数々の獲得失敗で上がった名前

リヴァプールは今夏ファビーニョアル・イテハドヘンダーソンがアル・イテファクと両名がサウジアラビアに移籍。アンカーのレギュラークラスを失ったチームは即戦力の確保が必須となっていました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そんな中クラブはカイセド、ラヴィアにターゲットを絞り交渉。しかし両者とも破断し、まさかのライバルクラブの一つであるチェルシー移籍が決定。

kichitan.hatenablog.com

 

この失態、そしてこの時期にトップクラスのアンカーが市場に出ていない状況もありSDのシュマートケ氏への批判が殺到。このまま移籍市場が終わってしまう、、、かと思われましたが急遽クラブが遠藤選手の獲得に動いていると報じられると、あれよあれよという間に移籍が決定。

移籍金は1900万€と30歳の選手としてはやや高めであるものの、シュツットガルト、そして日本代表でも中軸を担うアンカーを手に入れる事となりました。

 

②チームに強度と安定感をもたらせる存在

遠藤選手の特長はやはり「空中戦も含めた対人守備」リヴァプールは開幕戦チェルシーと引き分けたもののアンカーの脇のスペースを悉く突かれており、さらに起用されたのは本職ではないマック・アリスター。特に同格以上との戦いにおいて不安がありました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし遠藤選手の加入で中盤の守備強度が上がる事が期待され、特に他選手が持ち併せていないカバーリングや高さという武器を持っているのは大きいです。

さらに戦術理解力や右サイドバックセンターバックでも起用出来るユーティリティー性も持ち併せている為、チームの課題であったアーノルドの控え問題を解決出来る存在に。さらにダブルボランチでも十分機能する選手である為様々なオプションをチームに与えられます。

kichitan.hatenablog.com

 

チームに強度と安定感をもたらせる存在。クロップ監督も期待を口にしていたように、ハイラインハイプレスを志すチームに不可欠なピースになり得る素質は十分にあると思います。

 

懐疑論が強いものの

ただ気になるのはビルドアップ面で、キック精度やプレス精度は高いものの難しい所にボールを付ける等、まだまだ前任者のような判断力は持ち併せていません。

それでも今シーズンはポジションニングに優れたマック・アリスターや強引でもボールを保持できるソボスライやガクポもいる為、彼らに助けられながら連携を磨けるかがカギとなってきそうです。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

その移籍金の高さや30歳という年齢、さらにブンデスリーガの下位クラブからの加入ということで、懐疑論が強い遠藤選手。しかしそのような評価を一気に覆すような実力は確かに備えているだけにそのプレーには今後も注目していきたいです。

 

では

 

DUEL 世界で勝つために「最適解」を探し続けろ【電子書籍】[ 遠藤航 ]

 

【8/25限定ポイント10倍】リバプール 23-24 ホーム レプリカユニフォーム 3.遠藤航 【NIKE|ナイキ】クラブチームレプリカウェアーdx2692-688-3-e