きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vsクロアチア~自分たちの武器を最大活用出来ず~【サッカー】

まだ見ぬベスト8へ。日本代表の挑戦が始まりました。

 

ということで先日行われたカタールW杯決勝トーナメント1回戦日本vsクロアチアの感想です。

Getty Images

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

 

前半

日本はスペイン戦と同様守備5-4-1の3-4-3、対するクロアチアは4-3-3を採用していました。

試合はクロアチアがボールを持つ形になりモドリッチが自由に動くことでマークをズレを作るも、日本守備陣がしっかりと対処し、序盤にややバタついた以外は安定したプレーを見せます。

kichitan.hatenablog.com

 

また攻撃陣も鎌田、堂安がタメを作り両ウイングバックに素早く渡す方法で打開を図り、伊東が何本か危険なクロスを放つも合わず得点を奪うことが出来ません。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

しかし高さを生かしたクロス、そして質的優位に立った伊東の崩し、共に得点パターンを見出しながらも決めきれずにいた前半終了直前、ショートコーナーからの混戦から最後は前田がゴールを決め先制。日本が今大会初のリードした状態で前半を終えます。

 

後半

後半クロアチアはミスマッチであった日本右サイドにクロスを送り続け、打開策を図ります。するとその執拗な攻めが功を奏したのか、クロスからペリシッチが頭で合わせ同点ゴールを挙げると、ブディミルを投入し逆転に舵を切ります。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし日本も三笘、浅野を投入。打開を図るも流石にクロアチアも対策を立てており三笘に対してはほぼダブルチームで臨む等最警戒されます。それならば逆サイドの伊東で打開したい所でしたが、日本は酒井を投入し伊東を得意ではないシャドーに。更に堂安、鎌田を交代してしまったため為タメが全く作れず浅野もグバルディオルに封殺されます。それでも酒井の高さを生かす戦い方をしようとしますが連携が合わず、試合はそのまま延長戦に突入します。

kichitan.hatenablog.com

 

延長・PK戦

延長も中々攻めの形を作れずクロアチアのクロスに苦しめられる日本ですが、それでも三笘がカウンターからの強烈なシュートもあり打開を試みます。

kichitan.hatenablog.com

 

ただ時間も過ぎ両チームにミスが散発。決着はつかず試合はPK戦に。

そして運命のPK戦クロアチアは3本成功させる中、日本は僅か1本の成功に終わりそのまま試合終了。日本は悲願のベスト8進出とはなりませんでした。

 

総評

日本にとっては何とも悔しい敗戦となってしまったものの、やはり自分たちの武器を最大活用出来なかった事が悔やまれます。

現状日本最大の武器はサイドからの伊東、三笘の突破。世界にも誇れるこの武器はクロアチアにも十分通用し、チャンスの殆どが彼らから生まれたものでした。

しかしクロアチアは三笘に対してほぼダブルチームで対応し警戒。ならば逆サイドの伊東ですがウイングバックには途中で主に高さ、守備に持ち味のある酒井が投入されました。

酒井の投入は高さ対策である事が分かりますが、高い位置でタメを作れサイドに円滑にボールを渡せた鎌田、堂安は既にベンチに。自ら選択肢を狭める結果となってしまいました。

インサイドハーフに田中碧を投入した4バック(酒井、吉田、谷口、冨安の4-3-3)に変更し出来るだけ高い位置で両ウイングを位置する等方法はありますが、流石にそのオプションをこの状況で出来る程の積み上げは今までを見ても無かったと思います。

ただ権田はモドリッチの決定的なシュートをセーブする等この試合も素晴らしいプレーを披露、さらに遠藤は要所要所のデュエルで素晴らしい働き。守田とのコンビはクロアチアの中盤を機能不全に陥れました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

一方クロアチアは左サイドのミスマッチを狙う再現性のある攻撃を続け同点弾を決め、さらに守備では三笘対策をしっかり立てる等監督の準備力が光りました。頼みだったモドリッチが前半途中から封じられてだけにこの対策は非常に重く日本にとってのしかかったと思います。

さらにペリシッチは同点弾を放つなど日本の脅威に。さらにグバルディオルは対峙する前田、浅野に殆ど仕事をさせない完璧とも言える働き。フィードも大きな脅威となり改めて実力を示したと思います。

 

正直森保監督は予想以上の采配を見せ、現時点で見せられる最大限の結果を見せられたと思います。ただ選手達の質を考えるとそれ以上を求められるのも事実で、続投するに場合はより一層自身のレベルアップを示す必要があります。

いずれにしても本気の世界トップレベルに勝ち切る事を示した日本代表。今後の為にも今はしっかり英気を養って欲しいと思います。

あとロベルト・バッジョ氏が言っていたようにPKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけであり、責められるべきではありません。過度な誹謗中傷だけは本当にやめて欲しいです。

kichitan.hatenablog.com

 

森保監督始め選手や関係スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

では

 

アディダス サッカー日本代表 2022 ホーム レプリカ ユニフォーム マーク入り1 hf1845 【adidas|アディダス】サッカー日本代表レプリカウェアーsx012-mark1

 

クロアチア代表 ユニフォーム ホーム 22/23 2022 2023 半袖 NIKE ナイキ 正規品