きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vsスペイン~自国が誇るタレントの「個」の質を見せつけ、二度目のジャイアントキリングを起こす~【サッカー】

日本は最低でも引き分け以上の結果が必要な状況。優勝候補スペイン相手にどのような戦いを見せてくれるか楽しみです。

 

ということで先日行われたカタールW杯グループE3節日本vsスペインの感想です。

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

 

前半

日本は守備5-4-1からのカウンター、対するスペインは4-3-3を採用していました。

試合はスペインがサイドバックを内側に絞らせるビルドアップでボールを保持。揺さぶった所から縦パスを付ける形で日本守備陣を困難に陥れると、アスピリクエタのクロスをモラタに合わせられ先制点を許します。

日本はブスケッツを前田、守田が見る形で守っていたものの前線の守備の連動性は無く前プレスは散発的で、嵌った際も圧倒的な技術で躱されボールを保持されてしまいます。

それでも前田の何度も行う前線からのチェイスや粘り強い守備で何とかスペインの攻撃を押さえていくも、相手のプレスバックの速さもあり中々チャンスらしいチャンスを作れず、1点差のまま前半を終えます。

 

後半

後半日本は三笘、堂安、スペインはカルバハルを投入しますが後半開始直後にいきなり試合が動きます。GKの浮き球から伊東が奪ったボールを堂安が受けると左足を一閃。そのゴールが見事に突きささり同点とすると、その直後再び堂安のクロスから三笘がゴールライン寸前で折り返すと、田中碧が詰め逆転ゴールを決めます。(ゴールラインを割っているか正直微妙でしたが、VARの末認められました。)

kichitan.hatenablog.com

 

僅か5分余りで逆転されたスペインはフェラン・トーレス、アセンシオ、アルバ、ファティを投入すると、日本は浅野、冨安を投入。スペインは揺さぶりを掛けてウイング勝負をするも三笘、冨安の両ウイングバック無力化すると権田も安定したセーブを披露。さらに三笘はドリブルで決定機を作る等、攻撃でも存在感を示すと試合はそのまま終了。日本が優勝候補に再びジャイアントキリングを起こすこととなりました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

日本はスペイン相手に見事割り切った5バック戦術で迎え撃ち、しかも数分の内に相手のミスを突いての逆転、そして守備固めと理想的なシナリオで2度目のジャイアントキリングを起こし首位通過で決勝トーナメントに進出しました。

kichitan.hatenablog.com

 

この試合で特に猛威を振るったのは「個」の質。堂安は強烈なカットインパワーあふれるシュートとワンチャンスをモノにする勝負強さを見せドイツ戦に続く「大物食い」に大きく貢献すると、前半早々に1点を失いセンターバック3枚が警告を受ける等かなり劣勢であった守備陣もボールを跳ね返し続けました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そして圧巻だったのは途中出場した冨安と三笘で、前者は同じく途中出場したアルバ、ファティをほぼ一人で封殺し左サイドを制圧すると、後者も切れ味鋭いドリブルだけでなく粘り強い守備でも持ち味を発揮。二人とも怪我を抱えているとの事なので決勝トーナメントも限られたプレー時間になるとは思われますが、次回に大きな希望を持たせてくれる内容となりました。

一方スペインはドイツと同様後半に逆転負け。前半はほぼ理想的とも言える内容だったものの、後半にミスによりわずかな時間で逆転され、さらに両ウイングを封殺された状態で守られると流石に苦しかったです。そんな中でもモラタはきっちり得点し好調ぶりをアピール。またビルドアップの質、そして個々の技術は相変わらず高いので、決勝トーナメントに向けて切り替えて欲しい所です。

kichitan.hatenablog.com

 

自国が誇るタレントの「個」の質を見せつけ、二度目のジャイアントキリングを起こした日本代表。まだまだW杯は終わらない。決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦でも勝利を見せてくれることを信じています。

 

では

 

【ポイント20倍】アディダス サッカー日本代表 2022 ホーム レプリカ ユニフォーム 【adidas|アディダス】サッカー日本代表レプリカウェアーsx012-hf1845

 

アディダス サッカー日本代表 2022 アンセムジャケット 【adidas|アディダス】サッカー日本代表ウェアーm9409