きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース シーズン3/4感想~失望と希望~【プロ野球】

失望と希望が入り混じった後半でした。

 

てなことで今回は阪神タイガース シーズン3/4感想を書いていきます。

 

f:id:kichitan:20200831105341j:plain

阪神タイガース

1/4、1/2感想はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

まずは 「特例2020」での大幅入れ替えについて。球団の規定を破っての会食で新型コロナ陽性反応、、、しかも最年長の福留選手、キャプテン糸原選手も含まれていました、、、本当に失望しかありません。球団は処分を決めているようですが適正なものを願います。特に阪神の場合は感染リスクの高い選手がいる為、その意識の低さは余計に残念です。阪神ファンだけではなく全国のプロ野球ファンの方を裏切ったこの行為、球団は重く捉え改善すべきでしょう。

 

①戦績(対戦成績)

巨人    6勝  14敗 0分  64得点  91失点 

ヤクルト  9勝    9敗 0分  81得点  71失点 

DeNA    9勝    7敗 2分  72得点  83失点

広島    10勝    5敗 2分  83得点  60失点

中日    11勝    7敗 0分  84得点  59失点

45勝 42敗 4分 384得点 364失点 2位

 

9年連続負け越し、、、。対巨人戦の弱さは深刻です。特にセリーグの中では現状戦力的、監督的にも頭抜けている印象なので当然と言えば当然ですが最後まで戦い抜いて欲しいものです。エラーが、、、。

唯一の収穫は西投手が3勝していることです。高橋遥人投手しか巨人戦まともに勝てなかった投手陣の中で一人気を吐いています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

他球団で印象に残っているのは中日大野投手とDeNA佐野選手です。前者は圧倒的な投球で甲子園完封勝利を喰らい、後者はいつも打たれている印象があります。(対阪神.351) 

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

 

②投手 ※名前赤字は1/2終了時からの新戦力

先発

西     16試合 8勝4敗 2.25 14QS

高橋遥     9試合 4勝3敗 2.07   8QS

ガンケル     24試合 1勝3敗 3.62   0QS  11H

青柳    15試合 6勝7敗 4.29   9QS

岩田      2試合 1勝0敗 2.31   1QS

秋山    13試合 6勝3敗 2.82   8QS

 

中継ぎ()は役割

谷川       8試合 0勝0敗 0H 9.82 (ビハインド時)

藤浪             13試合 1勝6敗 2H 5.85 (接戦時・セットアッパー)

齋藤               4試合 0勝0敗 0H 4.50 (ビハインド時)

能見     25試合 1勝0敗 3H 5.79 (ビハインド・接戦時)

横山       1試合 0勝0敗 0H 18.0 (ビハインド時)

桑原       5試合 0勝0敗 0H 3.86 (接戦時)

エドワーズ    7試合 0勝0敗 2H 4.26 (セットアッパー)

 

抑え 

スアレス   39試合 2勝0敗 6H 19S 1.33

 

「特例2020」で選手の大幅入れ替えで最も深刻な状況になったのは中継ぎです。岩貞、岩崎、馬場投手が抜け、期待していた望月投手も打たれて再度2軍調整と火の車です。 

kichitan.hatenablog.com

 

現状セットアッパーでは藤浪、エドワーズ投手が起用されていますが、前者はそもそも中継ぎ経験が少なく、後者はまだまだセットアッパーに置く順序を経ていません。

そんな中支配下に置かれた横山投手の踏ん張りには期待したいです。球自体はまだまだ通用しているとは言えないものの、このチャンスを何とかモノにしていってもらいたいと思います。(※5日登録抹消、、、石井投手頑張れ!!)

先発陣は西、高橋遥、秋山投手は安定しているものの、ガンケル投手は2廻り目から打ち込まれる場面が多く中継ぎに適正あり、青柳投手は立ち上がりの不安定さ、対左打者に苦しんでいます。ガルシア投手もまだ目途が立っていない中、岩田投手の頑張りに期待したい所です。

 

③打線 ※名前赤字は1/2終了時からの新戦力

1近本(中)  .296   9本 35点 22盗 .782  

北条(二)  .200   1本   5点   1盗 .543

3糸井(右)  .276   2本 23点   2盗 .758

4サンズ(左) .268 18本 57点   2盗 .870 ※得点圏.370

5大山(三)  .281 24本 63点   1盗 .923  

6ボーア(一) .242 15本 41点   1盗 .760

7梅野(捕)  .270   5本 24点   5盗 .747

8小幡(遊)  .229   0本   5点   1盗 .517

 

近本選手が好調を維持、大山選手が本塁打を量産と一時期サンズ選手頼みだった打線が活性化しています。また糸井選手が復調しているもの大きく、糸原、木浪選手の離脱も小幡選手の台頭、北条選手の奮闘でカバーし、今の所そこまでダメージがないのも大きいです。

ただ反面サンズ、ボーア選手が不調に喘ぎ、ついにスタメンから外れているのは気になる所ですが、最終盤に向けてしっかり調整していってもらいたいものです。

そして本当に大きかったのは梅野選手の復帰です。怪我した時にはどうなることやらと思いましたが最短で復帰。坂本、原口選手が頑張っていましたがやはり扇の要の復帰は大きく終盤戦へ大きな励みとなってくるでしょう。 

kichitan.hatenablog.com

 


では