きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース シーズン1/2感想~先発陣の安定とサンズ選手~【プロ野球】

サンズ選手様様な中盤戦でした。

 

でなことで今回は阪神タイガース シーズン1/2感想を書いていきます。

 

f:id:kichitan:20200831105341j:plain

出典:阪神タイガース

1/4感想はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①戦績(対戦成績)

巨人    2勝  8敗 0分  20得点  44失点 

ヤクルト  6勝  6敗 0分  60得点  53失点 

DeNA    6勝  5敗 1分  45得点  53失点

広島    7勝  5敗 2分  69得点  53失点

中日    8勝  4敗 0分  64得点  35失点

29勝 28敗 3分 258得点 238失点 3位

 

直接対決の弱さが目立ち、巨人の独走状態を作ってしまった一番の要因になってしまっています。特に東京ドームでは3連続完封負けの6戦全敗と歯が立たず。戦力差もありますが苦手意識が強すぎます。

kichitan.hatenablog.com

 

一方昨シーズン苦しまされた中日には大幅勝ち越し、甲子園では全勝と勝ち切っています。だからこそ巨人戦での弱さが目立つため、後半戦甲子園4連戦、東京ドーム3連戦で 勝ち越しを決めないとペナントレースが決まってしまいます。正念場でしょうね。

 

②投手 ※名前赤字は1/4終了時からの新戦力

先発

西     11試合 4勝3敗 2.48 10QS

高橋遥     3試合 2勝1敗 0.82   3QS

ガルシア     10試合 2勝5敗 3.75   5QS

青柳    10試合 6勝3敗 3.30   7QS

藤浪      6試合 1勝4敗 4.26   3QS

秋山      9試合 4勝1敗 3.29   5QS

 

中継ぎ()は役割

馬場      20試合 1勝0敗 7H 1.93 (ビハインド・接戦時)

望月              11試合 0勝0敗 0H 4.40 (ビハインド時)

ガンケル       17試合 0勝2敗 9H 2.53 (セットアッパー)

能見      16試合 1勝0敗 3H 5.84 (ビハインド時)

岩崎      21試合 2勝2敗 9H 2.84 (セットアッパー)

岩貞      16試合 4勝2敗 0H 3.31 (接戦時)

尾仲        4試合 0勝0敗 0H 6.23 (ビハインド時)

 

抑え 

スアレス   25試合 0勝0敗 5H 12S 1.82

 

11試合中10試合でQSと驚異的な安定感を誇る西投手を含め、先発投手は非常に安定しています。岩貞投手の配置転換、藤浪投手の不安定さもありながらも本当によくやっていると思います。特に復帰後高橋遥投手は圧倒的な投球を見せています。

反面中継ぎ陣は中々安定しません。岩崎投手は復帰するものの打たれる試合が続き、岩貞、ガンケル投手が定着しながらも絶対的な安心感をもたらすには至りません。しかし一時期の状況よりは格段に良化しており怪我人、不調の選手が多い中、連投を最小限に抑えながらも運用していく金村ブルペンコーチの手腕は流石です。エドワーズ投手が復帰間近の為、外国人枠の問題はあるもののポジティブな要素はあります。

 

③打線 ※名前赤字は1/4終了時からの新戦力

近本(中)  .287   3本 21点 15盗 .727 ※得点圏.386  

木浪(遊)  .237   2本 15点   2盗 .600

3糸井(右)  .228   1本 12点   2盗 .652

4サンズ(左) .278 12本 41点   0盗 .913 ※得点圏.488

5大山(三)  .270 13本 35点   0盗 .880 

6ボーア(一) .245 12本 33点   1盗 .781

7梅野(捕)  .288   3本 22点   5盗 .782

小幡(二)  .222   0本   2点   1盗 .444

 

8月固め打ちをした近本選手が見事に復調を遂げると、サンズ選手が得点圏でセリーグナンバーワンの無類の勝負強さで得点を返すパターンが定着しつつあります。この二人の継続的な活躍がここまで戦えている大きな要因だと思います。しかし

・ボーア選手の好不調の波が激しい

・ニ塁手、右翼手の固定化が出来ない

・福留、高山、糸井選手の調子が上がらない

など不安要素は沢山あります。ここの所よく起用されている陽川、小幡選手らが起爆剤になればいいのでしょうが、、、。

 

では