きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース シーズン1/4感想~這い上がってきた~【プロ野球】

正に「這い上がってきた」前半、勢いそのままに貯金を重ねていきたい所です。

 

でなことで今回は阪神タイガース シーズン1/4感想を書いていきます。

f:id:kichitan:20200727100616j:plain

阪神タイガース

①戦績(対戦成績)

巨人     1勝   3敗 0分     6得点   22失点 

ヤクルト   3勝   3敗 0分   23得点   26失点 

DeNA     3勝   3敗 0分   16得点   28失点

広島     3勝   1敗 1分   31得点   17失点

中日     5勝   4敗 0分   42得点   28失点

                  15勝 14敗 1分 118得点 121失点 3位

 

苦手な巨人戦が少ないものの他チームとは互角以上には戦えています。

開幕で巨人に逆転負け。開幕2勝10敗だった前半の大不振から良く巻き返したものだなと思います。やはり広島戦の前の雨がキーポイントになり甲子園に臨めたのは大きいです。その後10勝2敗と怒涛の快進撃、貯金を作りまでになりました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし優勝となると首位を独走している巨人に勝つしか術はありません。対巨人戦が今後のペナントレースを占うと思われます。

 

②投手

先発(開幕当初)  (現在)

西          西     6試合 2勝2敗 1.87 6QS

岩貞         岩貞    6試合 2勝1敗 3.66 3QS

ガルシア       ガルシア       5試合 0勝2敗 4.08 2QS

青柳         青柳    5試合 4勝1敗 1.80 4QS

ガンケル       藤浪    1試合 0勝1敗 6.00 0QS

秋山         秋山    4試合 2勝1敗 4.76 2QS

 

中継ぎ(開幕当初) (現在)

岩崎           馬場     10試合 0勝0敗 4H 1.93 

スアレス                         望月               4試合 0勝0敗 0H 0.00 

能見                     ガンケル        3試合 0勝1敗 0H 4.50

守屋                     能見     9試合 1勝0敗 2H 6.14

エドワーズ                     藤川    7試合 1勝2敗 0H 2S 10.50 

谷川                             小川    9試合 0勝0敗 0H  6.48 

小川                               伊藤和    7試合 1勝1敗 0H 4.76

 

抑え (開幕当初) (現在)

藤川         スアレス    14試合 0勝0敗 3H 5S 1.98 

 

先発ローテは雨天スライドがあったもののかなり安定していたと言えます。西、青柳投手が共に防御率一点台で計算でき、好不調はあるものの秋山、岩貞、ガルシア投手は試合をしっかり作ってくれています。 勝ちがしっかりついているのがいい証拠です。

一方中継ぎは怪我や不調で総入れ替えを余儀なくされています。基本的に入替が多いポジションなのですが余りにも多すぎるため相当苦労しています。他球団も苦しんでいる所ですがいかに調子を見極め適切な起用をしてあげれるか、首脳陣の力の見せ所です。

 

③打線

(開幕当初)    (現在)

1糸井(右)    糸井(右)     .258 1本 10点 2盗 .748  

2近本(中)    北条(遊)       .156 1本   5点 0盗 .541

3マルテ(三)   サンズ(左) .280 5本 15点 0盗 .932

4ボーア(一)   大山(三)    .321 8本 18点 0盗 1.059

5福留(左)    ボーア(一)   .258 6本 14点 1盗 .802

6糸原(ニ)    福留(中)    .220 1本   9点 0盗 .613

7梅野(捕)    梅野(捕)       .337 2本   7点 1盗 .930

8木浪(遊)    木浪(ニ)       .198 1本   3点 0盗 .541

 

前半のビジター連戦はまるで打てませんでした。12試合で平均2得点では勝てるはずもありません。打線も日替わりに変わり捕手も固定されず迷走していた感はありました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし大山選手がマルテ選手の怪我での離脱を生かし大躍進。8本の本塁打セリーグ1位です。そして捕手は梅野選手が固定、「梅ちゃんバズーカ」は健在で勝負強いバッティングで攻守において絶大な存在感を示しました。 

kichitan.hatenablog.com

 

糸原選手の離脱という不安要素もありますが代役の北条選手、そして復調の気配が見える近本選手。彼らの活躍に期待したいです。

 

では