きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)~壊れた優しきテロリスト~【ガンダム】

※ネタばれ有

今回は「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のキャラ「ハサウェイ・ノア」について書いていきたいと思います。 

f:id:kichitan:20211115141330j:plain

出典:映画.com

過去の記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

①精神を病む

ハサウェイは「逆襲のシャア」当初では真面目で正義感が強く、両親と同じでお人好しな部分が見受けられる性格をしていましたが、第二次ネオ・ジオン抗争時MSに無断搭乗を行い、目の前でクェスが撃墜され戦死したこと、そして自らもリ・ガズィを撃墜(敵ギラ・ドーガも撃墜していました)したことで精神を病み、うつ病になってしまいます。(裁判にかけられるものの父親の助力もあり無罪となったのも影響したと思います。)

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

その後治療も兼ね植物監察官の候補生として地球へ降りますが、研修中にあったある人物により「マフティー」を知り、恋人のケリアと共に参加。次第にその活動にのめり込みリーダーとして頭角を現すことになります。

 

②壊れた優しきテロリスト

しかし彼の心情は「逆襲のシャア」時のシャアやアムロと違いかなり不安定な物でした。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

所謂「テロリスト」は政治的目的を持ち、その思想に染まって確実に任務をこなす慎重さと冷徹さが必要になってきますが、彼の場合は染まり切れていない描写が多いです。

特に街中でギギを守る為に逃げ回ったことは、組織のリーダーとしての動きとして相応しいとは言い難く、多くの仲間を危険に晒しました。結果としてケネスと近づく大きな成果を挙げますがその危うさは今後心配な所です。

ただハイジャック事件での働きや後半での周到な動きを見ると、そのしたたかさと能力の高さが伺い知れ、ギギと会ったことで本来の調子が崩されたと言ってもいいでしょう。

「他のやり方あるならば、教えて欲しいってマフティーは聞くよ。」

「しかし、それが出来る人間がいるとすれば、それは神様だよ。」

「そんな人が出てくる頃は、人間全体が神になっているよ。」

逆襲のシャア」で一度心を「壊され」テロリストになるものの、本来持ち合わせている「優しさ」が随所で出てくる人物であると言えます。

 

③マフティーとして

今後は「ハサウェイ」としてではなく「マフティー」としての活動が多くなってくることが予想されます。かつてのクェスを想定されるギギ、そして敵と認識されたケネスとの今後の関係性は注目です。

また兄弟機ペーネロペーを駆るレーンとの激しい戦闘も見どころではあります。

そしてまだ余り描かれていないマフティーに入るまでの経緯、そしてその活動内容も2部では明らかになっていくでしょう。

「この事態を引き起こしたのは、僕の甘さなんだ。」
「それが今、みんなを危険にさらしている。そうだね、クェス。それが君の答えなら、僕は変わるよ、変えてみせるよ、マフティー・ナビーユ・エリンに。」

 

「壊れた優しきテロリスト」ハサウェイ・ノア、彼は劇中ではそのような経緯を歩んでいくのか、次回作も期待しています。

 

では

 

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(Blu-ray通常版)【Blu-ray】 [ 小野賢章 ]

 

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(4K ULTRA HD Blu-ray)【4K ULTRA HD】 [ 小野賢章 ]