きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア~ガンダム映画の最高傑作~【ガンダム】

今回は「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の公開が近づいているので、前作に当たる「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20210508103340j:plain

(C)創通・サンライズ

アムロとシャアの決着

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は1988年に劇場公開された、「機動戦士ガンダム」での「宿命のライバル」アムロとシャアの決着を描いた作品です。

機動戦士ガンダム(以下1st)では敵同士、機動戦士Zガンダム(以下Z)では味方同士の二人(アムロは地上のみ、シャアは「クワトロ・バジーナ」としてエゥーゴに参加していますが絡みは短期間です)が再び相まみえることになります。

舞台は宇宙世紀0093年、グリプス戦役時(Z)に行方不明となったシャア・アズナブルは何度も戦争を経ながらも未だ地球から宇宙統制を続ける地球連邦政府に対して、ネオ・ジオンを率いて反乱を起こします。

そして ネオ・ジオン小惑星5thルナをチベットのラサに落とすことを画策、それを阻止するためにアムロ、そしてブライト・ノアを艦長とする連邦宇宙軍独立機動艦隊「ロンド・ベル」が出撃する所から物語は始まります。

アムロ地球連邦軍大尉として、シャアは新生・ネオジオンの総帥としてお互い満を持したタイミングでお互いの意地がぶつかっていきます。

 

②他キャラクターの人間模様

またこの作品は「ガンダム」らしい複雑な人間模様が凝縮され描かれています。

アムロ、シャアの因縁だけではなく、

・親子で戦場を駆けることになるブライト・ノアハサウェイ・ノア

アムロの恋人であるチェーン・アギ

・メカニックとパイロットと立場は違えど惹かれ合うアストナージ・メドッソ、ケーラ・スゥ

・シャアとの三角関係に揺れ動く、ナナイ・ミゲルクェス・パラヤギュネイ・ガス

と他キャラクターも魅力あるキャラが作品を彩っており、物語をより深くしてくれています。彼らの掛け合いも見どころの一つです。

 

ガンダム映画の最高傑作

この作品は「ガンダム映画の最高傑作」として評されています。

その理由としてはまず「戦闘シーン」の素晴らしさがあります。MSと言えば戦闘シーンでこの時代ではビーム兵器だけではなく、「ファンネル」に代表されるサイコミュ兵器の応酬が魅力的ですが、この作品の凄さは「MSの格闘戦」にあります。

共にエースパイロットとして幾度とない死線を潜り抜けていた二人ですが、その決着がMSで殴り合い蹴り合う姿。これぞ「ガンダム」であると感じました。

また独特の言い回しを使う所謂「富野節」も健在、物語を盛り上げてくれます。

「わたし、シャア・アズナブルが粛正しようと言うのだ、アムロ。」

そして物語を彩る音楽も素晴らしく、有名過ぎる楽曲「MAIN TITLE」、そしてエンディングではTM NETWORKの「BEYOND THE TIME」が物語を締めくくる、、、、。

 

「不朽の名作」とも言ってもいい素晴らしい作品となっています。

 

では

 

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 4KリマスターBOX(4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray Disc 2枚組)(特装限定版)【4K ULTRA HD】 [ 古谷徹 ]

 

オリジナルサウンドトラック「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」完全版 [ 三枝成彰 ]