きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ハサウェイ・ノア~大きな罪を背負うことに~【ガンダム】

今回は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のキャラ「ハサウェイ・ノア」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210515094802p:plain

 

①クェスとの出会い

1st後ブライト・ノアミライ・ヤシマの間に生まれた長男で、「逆襲のシャア」時では13歳になっています。

kichitan.hatenablog.com

  

性格は真面目で正義感が強く、両親と同じでお人好しな部分が見受けられます。したたかな部分は見られるものの癖の強い人物が多いガンダム界でも真っ当な人物であると言えます。

作中ではシャアの地球寒冷化作戦を受けて母と妹と共に宇宙に上がる予定でしたが、アデナウアー・パラヤの割り込みを受けて只一人宇宙に向かうことになりました。そして同行していたクェスに一目惚れし共に行動するようになります。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし本人の猛アピールも実らず当のクェスはハサウェイには興味なしでアムロに惹かれることになり、さらにシャアにクェスを取られることとなり密かに彼女を奪還することを考えます。

 

②シャアから取り返す為に

ハサウェイはその後ラー・カイラムに密航、ブライトに見つかり鉄拳制裁を喰らいますがアムロは彼の意思を尊重し、そのまま乗艦を許されることになります。

「……泣いてみせないと、このタイミング取れなかったもんな。」

しかしアクシズの決戦の最中、軟禁されていたハサウェイは戦場に出たクェスの思念を感じ取り(その時からニュータイプ的な素質が開花したと言えます。)、混乱に乗じてラー・カイラムジェガンを強奪、戦場に出ることになりました。

「クェスは死にません!その前に取り戻します。その為にモビルスーツの操縦だって習ったんです。」

  

③大きな罪を背負うことに

そしてクェスの乗るα・アジールに取りつき説得を試みますが、彼女を危険視したチェーンの攻撃により彼を守ったクェスが戦死してしまいます。

激高したハサウェイはチェーンの制止も聞かずビームライフルを乱射し、結果彼女を殺害してしまうことになります。ただ彼女が落とされたことによってサイコフレームが共鳴し、「アクシズ・ショック」を引き起こすという皮肉な結果になりました。

「やっちゃいけなかったんだよ。そんなこともわからないから、大人って、地球だって平気で消せるんだ。」

戦争後ハサウェイは軍により回収されましたが、ショックで口が利ける状態ではありませんでした。その後、身体は回復し、自身の罪も父ブライトが軍に「アクシズ・ショック」の真相を隠ぺいすることで許されてもなお、目の前で愛する人を殺された怒り、そして人を殺めてしまった事実は彼の心を苛み、大きな罪を背負うことになりました。

 

そして時は過ぎ宇宙世紀0105年、彼はアデレードにいました。一部の特権階級が地球の土地を私物化できる法案が強制的に可決される議会を止める為、最新鋭のMS「Ξガンダム」を駆り襲撃するテロリスト「マフティー・ナビーユ・エリン」として。

 

閃光のハサウェイ」楽しみです。

 

では

 

【新品】【ライトノベル】小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 新装版 (全3冊) 全巻セット

 

HGUC 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ Ξガンダム(クスィーガンダム) 1/144スケール 色分け済みプラモデル