きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

リ・ガズィ~バック・ウェポン・システム(BWS)~【ガンダム】

今回は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のMS「リ・ガズィ」について書いていきたいと思います。

 

f:id:kichitan:20210518110520j:plain

出典:WIKIWIKI.jp

Zガンダムの量産を目指して

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した半可変試作MSで、Zガンダムの量産を目指して作られた機体です。機体名の由来は「リファイン・ガンダム・ゼータ(Refined Gundam Zeta)」の略です。

基礎フレームはZガンダムのMS形態時のみをコピーして設計されているため、ベース機体の最大の特徴であった可変機構は失われましたが、その分整備性と信頼性が高まり、コストが減り量産化を可能としました。

ただ第一次ネオ・ジオン抗争後に経費圧縮の煽りを受け、実際は試作機がロンド・ベルに一機配備されたのみになっています。

 

②バック・ウェポン・システム(BWS)

この機体の最大の特徴は「バック・ウェポン・システム(BWS)」と呼ばれるオプションパーツが用意されており、これを装備することで大気圏内、宇宙空間で戦闘機形態で運用することが出来ます。

また機首に大口径ビーム・キャノン(メガ・ビームキャノン)、その両脇にやや小型のビーム・キャノンも装備して火力も十分に備えており、オプションパーツ以上の効果を持っています。ただ難点は戦闘機形態からMS形態へと移行する際にBWSは排除しなくてはいけなく、戦闘中に逆へ移行する事は不可能であることで(所謂使い捨て)ここぞという時の火力に困る部分はあります。

ゲーム作品でもそれは忠実に再現されており、BWS形態が本体であるような扱いを受け、MS形態は他量産機とさほど変わらない強さになっていることが多いです。

 

ガンダムもどき

作中では5thルナの戦闘でアムロが搭乗し、ギュネイのヤクト・ドーガを追い詰めますがシャアのサザビーには歯が立たず、「そんなものでは」と評されることになりました。

kichitan.hatenablog.com

 

アムロνガンダムに乗り換えた後はケーラが乗ることになりますが、アクシズの戦いにおいてギュネイとの戦いで中破し、ケーラは捕らわれ戦死することになってしまいます。

ガンダムもどきが!」

しかし終盤アムロを助けようとしたチェーンが半壊のまま乗り込み戦場に再び出ると、ハサウェイの乗るジェガンとクェスのα・アジールの戦闘に遭遇。ハサウェイに説得されるもののクェスの存在に危険性を感じたチェーンの放ったグレネードランチャーによりα・アジールは撃墜され、クェスの死に激高したハサウェイのライフル乱射に寄りチェーンもろとも本機も爆散します。

kichitan.hatenablog.com

 

kichitan.hatenablog.com

 

結果的に「アクシズ・ショック」を起こす為のサイコフレームを運んだ機体でしたが、同時にハサウェイとクェスの悲劇を引き起こしてしまった機体でもありました。

戦後の作品である「機動戦士ガンダムUC」では新たに建造された本機が確認されます。

 

では

 

BANDAIバンダイ/MG 1/100 RGZ-91Re-GZ リ ガズィ (ユニコーンVer.)/プラモデル/ABランク/42【中古】

 

【中古】ガンダムコレクションDX2 リガズィ+BWS SF形態 《ブラインドボックス》