きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ギュネイ・ガス~シャアへの嫉妬と反感~【ガンダム】

今回は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のキャラ「ギュネイ・ガス」について書いていきたいと思います。 

f:id:kichitan:20210516125317j:plain

🄫1988 サンライズ

①シャアへの嫉妬と反感

ナナイが所長を務めるニュータイプ研究所の強化人間で、階級は少尉です。乗機は緑と黄を基調としたヤクト・ドーガです。

別世界ではスパイ活動をしながらスイカを作っています。

kichitan.hatenablog.com

 

強化人間ではありますが、従来のフォウ(Z)、ロザミア(Z)、マシュマー(ZZ)、キャラ(ZZ)のような精神的な不安定さは無く終始落ち着いています。そのことから関連施設の技術の成熟が見受けられています。

しかしその内面は常にシャアへの嫉妬が見え隠れしており、表面上では従いつつも裏では反感を持っています。またシャアの提唱する地球寒冷化作戦に関しても快くは思っていません。

kichitan.hatenablog.com

 

特にその気持ちが強まったのはクェスを出会った時であり、彼女に密かな恋心を抱くと共にシャアがクェスの気持ちを戦争に利用していることに反感を抱き、シャアの悪口をクェスにぶちまけることになります。しかしクェスは当然心は揺らがず、次第に彼はシャアを倒しクェスの心を自分に向けさせたい野心に突き動かされることとなります。「大佐のララァ・スンって寝言を聞いた女は、かなりいるんだ!」

kichitan.hatenablog.com

 

②癖を見抜かれ

作中では戦闘において不慣れなクェスのサポートをしつつ、ロンド・ベルジェガンを蹴散らしルナ・ツーを占拠し、ケーラが駆るリ・ガズィを捕縛します。

しかし結果的にケーラを殺害してしまい、アムロνガンダムは手に入ることは出来ませんでした。

そして再びアクシズにてロンド・ベルと交戦、アクシズを狙った核ミサイルをファンネルで全て撃ち落とすなど戦果は挙げていましたが、肝心のアムロとの再戦は相手が一枚上手でした。勘が良く目が良いのが災いして余計な物に意識を持っていかれる癖を見抜かれ、バズーカを囮にしたフェイントに気を取られアムロビームライフルに討たれ戦死。野心が果たされることはありませんでした。

「ええい、ファンネルたち、いちばん熱量の高いミサイルだ…当たれええええ!」

kichitan.hatenablog.com

 

スパロボ補正に助けられた一人

そんなやや精神的に幼く噛ませ犬感が強いギュネイですが、「スパロボ補正」に助けられた一人であります。

ウィンキーソフト時代は敵キャラの一人に過ぎませんでしたが「D」では最初から最後まで味方であり、男主人公の場合では「親友」ポジションにまで上り詰めます。同ポジションである「グレートマジンガー」の鉄也と共に最後まで使用するプレイヤーは多いかと思います。(二人とも能力は高いので普通に最後まで使えます。)

そして、「第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇」ではマリーダやクェスと共に一時期加入し、劇場版のような嫌味は見せない熱血漢ぶりを見せてくれます。

その後敵対することとなった「第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇」でもその性格は変わらず、自軍に対して気にかけている描写が多いです。その後条件を満たせば自軍加入し、加入しなくても最後まで地球圏の為に戦っており、非常に好漢になっています。

 

もしシャアが反乱を起こさずクェスと違う出会い方をすれば、彼も上記のような運命を辿ることは無く、気の合う仲間と戦っていたのかも知れません。

 

では

 

【中古】トレーディングフィギュア ヤクトドーガ(ギュネイ機) 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE17」

 

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア【Blu-ray】 [ 古谷徹 ]