きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

テオ・エルナンデス~圧倒的な推進力と内外使える攻撃センス~【特集】

今回はACミラン所属のテオ・エルナンデス選手について書いていきたいと思います。

Getty Images

経歴

テオ・エルナンデス選手は兄リュカと共にアトレティコマドリード(スペイン)のユースチームに所属しましたがアラベスでのローンを経て、ライバルレアルマドリードに移籍。

紳士協定が存在したにも関わらず行われたこの禁断の移籍は大きな波紋を呼ぶことになりますが、初年度はマルセロの壁は高くサブに甘んじ翌年にソシエダにレンタルされることに。ソシエダで調子を取り戻す活躍を見せるも翌年はフェラン・メンディの獲得に寄り構想外に。セリエAACミランに2000万€で完全移籍することになります。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

ミランでは当初リカルド・ロドリゲスにレギュラーを奪われるも、その攻撃力を生かし貴重なゴールや決定的な働きを連発すると瞬く間にチームの崩しの切り札に。イブラヒモビッチ選手が加入し勢いを増すチームの中でも存在感を放ち。完全にレギュラーに定着します。

kichitan.hatenablog.com

 

そして2020-2021シーズンはピオリ監督の元さらに攻撃センスを磨きDFながらリーグ7ゴールを挙げる活躍。2021-2022シーズンもその勢いは衰えず、先日のアタランタ戦では70mの独走ゴールを決め勝利に貢献。今一番ノリに乗っている攻撃的サイドバックの選手となっています。

kichitan.hatenablog.com

 

①圧倒的な推進力と内外使える攻撃センス

テオ選手の特長は圧倒的な推進力と内外使える攻撃センスです。スピード、フィジカル共に優れており、推進力の高いドリブル突破を行うことが出来ます。特にロングスプリントの威力は凄まじく、前出したアタランタ戦でのゴールはその良さを詰め込んだゴールと言えます。

またインナーラップからのプレーも得意としており、ハーフスペースに侵入してボールを受けターンからのフィニッシュやパス、そして外に流れてのクロスどちらも使うことが出来るウイング顔負けの攻撃センスを持ち合わせており、型破りサイドバックと言えるでしょう。

そして守備でも1対1の強さを持ち合わせており、激しいながら粘り強いタイトなマークで相手を封殺します。守備の国イタリアでその技術はさらに洗練されています。

 

カバーリングの意識の欠如

反面カバーリングの意識の欠如が目立ち、守備のオフザボールに課題を残します。特に裏を突かれた際の対応に拙さが見られ、他プレイヤーのカバーリング能力に頼らざるを得ない場面や、クロス対応の際にもマークを外す場面もちらほら散見されます。

ただその課題もシーズン毎に改善点されており、このまま成長し続ければ攻守共に隙の無いサイドバックになるでしょう。

 

③兄弟で世界の頂点へ

ユースではフランスの各年代別代表に選ばれていましたがA代表になると、兄リュカ・エルナンデスバイエルン)、ディーニュ(アストンビラ)フェラン・メンディ(レアルマドリード)等多くの名手を抱えることによって長らく代表には呼ばれず、もう一つの国籍であるスペイン代表の招集も考えられました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかし2021年に初招集を果たすと、ネーションズリーグ準決勝では兄リュカが3バックの左、弟テオが左ウイングバックで先発を飾る兄弟共演を見せることに。さらにテオ選手はこの試合で後半終了間際にゴールを決める等、記憶に残る試合に。続くスペイン戦で勝利を挙げ見事優勝し兄弟で初のタイトルを獲得しました。

kichitan.hatenablog.com

 

またその後も二人共にコンスタントに招集され2022年カタールW杯のメンバーの有力候補になっており、兄弟で世界の頂点へ目指すことも実現可能です。

 

今やセリエAでも屈指のサイドバックに成長したテオ選手。これからの活躍も期待していきたいです。

 

では

 

『5/20 ポイント15倍』【公式】PUMA プーマ メンズ サッカーシャツ サッカー 【ACミラン ACM ホーム 半袖 レプリカ シャツ ユニフォーム】

 

【PUMA プーマ】21/22 ACミラン ACM プレマッチ ウーブンスーツ ブラック 765055-02/768136-04 AC MILAN