きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ACミランvsアタランタ~大きな大きな1勝~【サッカー】

この試合に勝利するとインテルの結果次第ではスクデットが決定するミラン。しかし相手はホームで最近勝てていないアタランタ。非常に厳しい戦いとなりそうです。

 

ということで先日行われたACミランvsアタランタの感想です。

Getty Images

両チームのスタメン&結果

 

前半

ミランは守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するアタランタは守備5-2-1-2の3-4-3を採用していました。

試合はお互いペースを奪い合う展開になりますが、ミランはテオを加え3バック化しカラブリアを内側に絞らせるビルドアップを行うものの、ポジションニングが良くなくアタランタ守備陣の陣形をずらすことが出来ずロングボールを選択せざるを得ない状態になります。

対するアタランタACミランの中盤の守備に封殺され、最終ラインでボールを回すばかり、カウンターぐらいしかチャンスを作れずお互い主導権を掴めないままスコアレスで前半を終えます。

 

後半

後半始めも同じ状況が続き両指揮官は業を煮やしたのか、ミランはレビッチ、メシアス、アタランタはサパタ、マリノフスキーを投入し局面の打開を試みます。

するとそのメシアスのフィードに飛び出したレオンが冷静にGKの1対1を制し待望の先制点を挙げます。さらにテオがハーフウェイライン付近からボールを持ちスルスルと相手陣内に侵入すると、80m近いドリブル突破からそのままシュート、圧巻のゴールを挙げます。

そして守備陣も守護神メニャンの安定したセーブもあり、追いすがるアタランタを振り切りそのままタイムアップ。ミランスクデットに向けて大きな大きな1勝を挙げることになりました。

 

総評

ミランにとっては鬼門となっていたホームアタランタ戦での勝利は非常に大きなものになりました。同日インテルカリアリに勝利(3-1)したことで優勝争いは勝ち点差2のままで最終節に持ち越されることになりました。

試合を決定づけたのはやはりレオン。この試合はデ・ローンに苦しめられたものの1チャンスを生かし見事に決勝点を挙げました。圧巻のゴールを決めたテオと共に最終節のサッスオーロ戦も頼りになる存在となりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

そしてアタランタはこの敗北でヨーロッパリーグ出場権も難しくなってきました。最後までミランの強固な守備を崩すことが出来ず、絶好調であったパシャリッチも不発。何とか最終節に勝利し来シーズンに繋げていきたい所です。

 

これでスクデット争いは最終節にまでもつれ込みました。サッスオーロと戦うミラン、そしてインテルエンポリとの1戦。どのような結末が待ち受けるのか注目です。

 

では

 

ACミラン FTBLCULTURE フーディ プーマブラック 【PUMA|プーマ】クラブチームウェアー764369-05

 

アタランタ オフィシャル クッション (ブルー×ブラック) 【サッカー サポーター グッズ】(ATA2221)【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】