きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

鎌田大地~ライン間の動き出しとプレー精度~【特集】

今回はフランクフルト所属の鎌田大地選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210321112434j:plain

Getty Images

経歴

鎌田選手は東山高校からサガン鳥栖へ入団し、2015年にJ1リーグデビューを果たしました。鳥栖では主力として3シーズンプレーし、2017年ドイツのフランクフルトに移籍します。しかしフランクフルトでは序盤戦こそはそれなりの活躍を見せるもトーンダウンし、リーグではわずか3試合の出場に終わりました。

そして次のシーズン監督の構想外になり、出場機会を求めレンタルでベルギーのシント=トロイデンに移籍します。するとリーグ二桁得点(12)を挙げる等、持ち前の得点センスが開花し、翌シーズンフランクフルトに復帰します。

その後2019-2020シーズンはリーグ戦では2得点に終わるも、ヨーロッパリーグでは6得点を挙げる等大活躍します。ただそのクオリティは高く評価され、今シーズンでは主力として定着。崩しの中心としてチームのチャンピオンズリーグ上位進出に大きく貢献しています。

kichitan.hatenablog.com

 

日本代表では2019年にデビューし印象的な働きを見せ定着、カタールW杯の中心選手としての活躍が期待されています。

 

①ライン間の動き出しとプレー精度

鎌田選手の特長は「ライン間の動き出しとプレー精度」です。ライン間からのフィニッシュワークに長け、ボールを引き出す動きやポジショニングが素晴らしいです。特に相手のブラインドからスッとスペースに現れるプレーが巧みで、相手側は中々捉えにくいです。

また受けてからのプレー精度も高く、ワンツーで抜け出したりニアゾーンに飛び込んでからのラストパスは質が高くチャンスメイク力が非常に高いです。また判断力も的確で、僅かなスキを狙って普通は外に出すパスを内に出すなど、世界でも数少ないプレーの「後出し」が出来る選手であると言えます。

またドイツに戻ってからは決定力にも磨きをかけ、ペナルティエリアの狭いスペースでのタッチやシュートパターンが豊富になり、様々なパターンで得点できるようになっています。

 

②切り替えの守備意識

反面「切り替えの守備意識」には課題があります。前からの守備はサボらずむしろしっかりと行っているものの切り替え時にマークを外すことが度々あります。

とくに相手プレーメーカーへのマークを外すことがあり起点にされる場面も多いので、より守備時の意識を高める必要がありそうです。特に強豪相手には致命傷になり兼ねないので注意しないといけない所です。

 

③豪華な2列目に

上気したように日本代表でも印象的なプレーを見せ、継続的に起用されるなど2022W杯に向けて彼の台頭はチームにとって大きな力になってくれそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

飛び出し&アグレッシブさの南野、判断力とテクニックの久保、パワーとシュート力の堂安、スピードとドリブルの伊東、ドリブルと打開力の中島などに加えて、動き出しとテクニックの鎌田選手が台頭し、現在の日本代表の二列目は非常に豪華になっています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

これからも代表に定着し、W杯で躍動する姿を見せてくれることを期待しています。

 

ドイツで「偉大なる先輩」長谷部選手と共にリーグを席巻している鎌田選手。今後が楽しみな選手です。

 

では

 

★SALE★セール★フランクフルト オーセンティック GS ポロシャツ(ホワイト)【NIKE/ナイキ】【サッカー Tシャツ ウェア】(AT4338-100)【店頭受取対応商品】

 

【国内未発売】鎌田 大地 フランクフルト 17-18 クラブ発行直筆サイン付ポストカード【Frankfurt/サガン鳥栖/日本代表/サッカー/ブンデスリーガ/トレカ】ネコポス便対応可能◆