きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ACミランvsインテル~勝負を分けたポジショニングの整理~【サッカー】

両チーム課題がありながらも結果を残している中のミラノダービー。この試合で勝利に弾みを付けたい所です。

 

ということで先日行われたACミランvsインテルの感想です。

Getty Images

両チームのスタメン&結果

 

前半

ミランは3バックを押さえた守備4-2-1-3の4-2-3-1、対するインテルは守備5-3-2の3-5-2を採用していました。

試合はミランがべナセルを落とした型とトナーリがサイドに流れ左肩上がりになった型でビルドアップを行いますがテオ、レオンの位置取りが悪く上手くボールを回せません。対するインテルはチャルハノールが積極的にボールに絡むビルドアップを行うと、スペースメイクを行っていたブロゾビッチがコレアのパスに抜け出し先制点を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

その後はインテルが主導権を握ろうとするものの、パスのズレからショートカウンターを喰らい、トナーリのパスからレオンが決めすぐさま同点に追いつきます。

ミランは落ち着いたのか、トナーリがサイドで自在にゲームメイク。前述した位置取りも再現性が現れ安定したビルドアップを行います。対するインテルは守備は固いものの3バックの判断がイマイチで、上手くサイドに配球できず効果的な攻めが出来ないまま同点で前半を終えます。

 

後半

後半もミランペースで試合が進むと、スローインからのレオンの折り返しをジルーが合わせ逆転に成功すると、その直後ジルーの落としを受けたレオンが見事なドリブル突破を行いそのままゴール。一気に突き放します。

kichitan.hatenablog.com

 

攻めたいインテルムヒタリアン、ジェコ、ディマルコを同時交代したことでボール保持を可能とし徐々に押し込んでいくと、ダルミアンのクロスからジェコが押し込み1点差に詰め寄ります。

しかし守備を固めたミラン、そしてメニャンのスーパーセーブもあり試合はそのまま終了。前半戦のミラノダービーはホームのミランに軍配が上がりました。

 

総評

ミランは見事な逆転勝ちで勝利を収めることが出来、今後に勢いを付けることが出来ました。勝負の肝となったのは左サイドの整理、前半半ばまではテオ、レオンのポジショニングが噛み合っておらずボールの巡回が出来なかったものの途中からトナーリがサイドに流れテオが内に、レオンが外に張ることでスペースのつぶし合いが無くなる展開に。同時にインテルの守備を押し込む事にも成功しており最大の武器を生かすことが出来ました。

kichitan.hatenablog.com

 

それによりプレーに迷いが無くなったレオン、ジルーは全得点に絡む大活躍。そう考えるとトナーリは影のMVPであると言えます。そして守勢においてのメニャンのセーブはチームを幾度となく救いました。

kichitan.hatenablog.com

 

対するインテルはブロゾビッチをデコイとする奇襲は嵌ったもののセンターバックの配球に難があり、追加点を奪えなかったのが大きいと思われます。また苦しい所でのロングボールもターゲットがいないので攻撃は機能不全に。後半は3人同時交代で盛り返すも立ちはだかったのはメニャン。同点には追いつけませんでした。

そんな中でも流れを変えたのはディマルコとジェコ。前者はビルドアップを安定させ、後者はロングボールのターゲット、そして反撃の得点を奪う等意地を見せました。

 

ミランが勝ったものの激しい打ち合いとなった一戦。見る側からすれば非常に面白いミラノダービーとなり、今後の両チームの戦いにも注目です。

 

では

 

【公式】PUMA プーマ メンズ サッカーシャツ サッカー 【ACミラン ACM ホーム 半袖 レプリカ シャツ ユニフォーム】

 

インテル オフィシャル マグネット NC (クレスト)【サッカー サポーター グッズ】(IN1479)【店頭受取対応商品】