きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

レアルマドリードvsバルセロナ~プランの失敗が大敗に~【サッカー】

ベンゼマ、フェラン・メンディを怪我で欠くマドリー。対するは前回対戦とはまるで違うチームになっているバルセロナ、熱い戦いが期待出来ます。

 

ということで先日行われた「エル・クラシコレアルマドリードvsバルセロナの感想です。

f:id:kichitan:20220321140917j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220321142241p:plain

 

前半

マドリーはモドリッチを実質フリーマンにした守備4-4-2の4-3-3、対するバルセロナはアラウホを右サイドバックに起用した守備4-4-1-1の4-3-3を採用していました。

試合はクロース、モドリッチセンターバックに襲い掛かるマドリーのハイプレスで始まりますが、縦スライドが上手くいっておらず躱されると自由になったブスケッツが自在に試合をコントロールし徐々にバルセロナペースになっていきます。そしてオーバメヤンやデンべレが次々とシュートを放つもクルトワがセーブ、ゴールを許しません。

kichitan.hatenablog.com

 

それでもデンべレの突破からのクロスからオーバメヤンのヘッドでバルセロナが先制点を挙げると、コーナーキックからアラウホがヘッドで決め2点差に。マドリーは終始守備が噛み合わず攻撃はヴィニシウスの単独突破のみ、良い所が無く前半を終えます。

 

後半

後半マドリーはマリアーノ、カマヴィンガを投入し布陣も弄りますが逆に選手達が混乱することになり、開始直後にオーバメヤンのヒールパスからフェラン・トーレスがゴール、そしてフェラン・トーレスの折り返しからオーバメヤンがループで流し込み、何と4点差に。

その後マドリーはアセンシオ、ルーカス・バスケスバルセロナはメンフィス、ガビ、トラオレを投入するも試合は終始バルセロナペースに。マドリーはアラバのクロスやバルベルデの推進力でゴールに向かうもバルセロナゴールを脅かすことなく試合終了。まさかの大差でバルセロナクラシコを制することになりました。

 

総評

マドリーは試合を通してプランが全く嵌りませんでした。モドリッチ、クロースの二人を起点とするハイプレスは後ろとの連動性に欠け、寄りにもよってブスケッツを楽にしてバルセロナにペースを握られました。後半には布陣を変えるも選手達に戸惑いが見え思考が追いつかないまま裏を取られ続け2失点。アンチェロッティ監督も認めているようにこの試合は「プランの失敗」が大敗に直結したものであると思います。

正直ベンゼマやメンディ不在を論ずる前の段階の話であったので、いかに自身とチームに落ち着きを取り戻す修正を施すか(=余計な事をしない)が重要であると思います。

しかしバルベルデは機能しないチームの中で孤軍奮闘。不甲斐ないチームの中で、最も可能性のある選手でした。

kichitan.hatenablog.com

 

対するバルセロナは相手の自滅もあったものの4点を奪う快勝と、チームに勢いをもたらすには十分な勝利を挙げました。特にフェラン・トーレス、デンべレ、アラウホが結果を残し自信を深めることが出来たのは大きく、信じて使い続けたシャビ監督のマネジメントも光ります。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

ただこの試合で光ったのは2人のベテランでした。オーバメヤンブスケッツ、前者は巧みなオフザボールと抜群の勝負強さでマドリー守備を崩壊させ、後者はプレッシャーが薄まったこともあり自在に試合を支配。両選手の存在感は際立っていました。

kichitan.hatenablog.com

 

確かな自信と強さを身に付けつつあるバルセロナ。今後の試合も注目です。

 

では

 

アディダス adidas メンズ サッカー レアル マドリードホーム レプリカユニフォーム ホワイト AV067 GQ1359

 

ナイキ サッカーウェア レプリカシャツ ジュニア FC バルセロナ 2021-22 スタジアム ホーム CV8222-428 NIKE