きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

フェデリコ・バルベルデ~レアルの中心へ~【特集】

今回はレアル・マドリード所属のフェデリコ・バルベルデ選手について書いていきたいと思います。今シーズン最も成長した若手選手の一人として注目されている選手です。

 

f:id:kichitan:20200331113849j:plain

Getty Images

①高い推進力と磨かれた戦術眼

バルベルデ選手の特長は高い推進力だと思います。中央、サイド問わず「運ぶ」ドリブルはスピード、テクニック共に申し分なく効果的なアクセントとなっています。

また守備においても寄せが早く、激しい守備で相手攻撃の芽を摘み取ります。

そして今シーズン最も成長したのは戦術眼であると思います。ポジショニングが磨かれ、やや個人能力に頼ったプレーが減り効果的にプレーすることで、その才能が一気に花開き今やチームに欠かせない選手になっています。

 

②飛び込むプレー

「ボックストゥボックス」型プレーヤーとして世界でも有数の実力者ですが、「飛び込むプレー」は少ないです。

ペナルティエリア外からのミドルシュートやラストパスは多いですが、スペースに飛び込んでのヘディングシュートやニアゾーンに走り込んでのプレイは少ないです。

このプレースタイルから考えて、ダブルボランチの一角やインサイドハーフでの起用がベストだと思われます。またサイドで幅を持たせる役割も難なくこなせるのでサイドハーフやウイングでも十分機能すると思います。

 

③レアルの中心へ

今やチームに欠かせない選手となっているバルベルデ選手ですが、やはりメガクラブの宿命か来シーズンにも熾烈なレギュラー争いが繰り広げられます。特にマンチェスターユナイテッドのポグバ選手獲得が有力視され、獲得候補の選手もビッグネームだらけです。その中でいかに存在感を放てるかが今後の課題となりえると思います。

しかし今シーズンのスーペルコパでも退場を覚悟してでのタックルを見せたように、勝利に対する執着心や献身性など強いパーソナリティーも持ち合わせておりレアルの「絶対的な存在」になる日も近いかもしれません。

 

では