きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ヴァン・アークライド~大人な主人公~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有

 

今回は軌跡シリーズの主要キャラである「ヴァン・アークライド」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20220307223804p:plain

Falcom

①大人な主人公

本作の主人公で、カルバード共和国の首都イーディスの旧市街に住んでいる青年です。古ぼけた雑居ビルに事務所を構え、「アークライド解決事務所」という「裏解決屋(スプリガン)」を営んでおり、「ギルドや警察で引き受けづらい依頼」を主に受け持っています。

24歳という年齢もありかなり大人な主人公となっており、飄々とした言動を多用し冷静かつ的確に状況を見極め行動、さらにはシビアな行動も躊躇なく行える一方、歴代主人公と同様、自身の正義を持っており義理堅くお人好しな一面も持ち合わせています。

その為自然と人間が集まる傾向にあり、表社会だけでなく裏社会の人間とも交流があり、警察やギルドからは煙たがれることもあればマフィアに協力を仰がれる等、かなり広い人脈を持っています。

かつて彼に匿われた過去があるレンからは「「何物にも染まらぬ表と裏の橋渡し、特異点のような人」と評されています。

kichitan.hatenablog.com

 

因みに甘い物には目が無く、度々依頼者に釣られて安請け合いをしてしまい、メンバーに窘められる場面が恒例行事となっています。

「うおおおおおっ!こいつはデザート界の民主革命やでええっ!!」

また車の知識や運転技術も非常に高く、プロのレーサーも注目するほどの腕前です。

kichitan.hatenablog.com

 

②裏解決屋(スプリガン

作中ではアニエスが解決事務所に訪れてから物語が始まっており、様々な場所で人々の危機を救ったり悩みを解決することになります。また物語が進んでいくにつれてパーティーが増えており(肩書は様々です)、彼らの心も救っていくことになります。

「なんつうか 小姑が倍々で増えていってる感じだぜ……」

しかし終盤に行くにつれてエレインやキンケイド、そしてアルマータのボスジェラールとの絡みが多くなっていくと、ディンゴが死亡、そしてベルガルドの登場で話は自身の過去に。エレインとの関係や裏解決屋を開業した経緯を知ることが出来ます。

さらに最終盤では「D∴G教団」との関係も明らかになり、自身は自分に決着を付けるべく「ある決断」をしますが、仲間たちに引き戻されることに。

kichitan.hatenablog.com

 

その後は再び「裏解決屋」として「仲間と共に」働いています。

 

③囮役として非常に有用なキャラ

戦闘では「撃剣(スタンキャリバー)」という武装と、崑崙流を取り入れた「零式勁術(ゼロ・ストライク)」という格闘術を使います。

側面特攻でコストが低い「マグナスラッシュ」や遅延効果を持つ「レイジングバスター」等バランス良く揃えており、「煉気吼」の強化&回復など自己サポートも持ち合わせている万能アタッカーです。

そして戦局を大きく変えるのが「コインバレット」で、ヘイトを集めることで囮役になれます。特に強敵相手ではこの技の使い方次第で一気に局面が楽になります。

そして「グレンデル」では使える場面は限られるものの、圧倒的な戦闘能力で相手を叩き潰します。やや消費が多いのは玉にキズですが、使える戦闘ではいかにグレンデル状態を維持できるかが勝負になってくるでしょう。

 

勿論続編「Ⅱ」でも重要な役割を果たすことが考えられ、その活躍が期待されます。

 

では

 

英雄伝説 黎の軌跡 公式ビジュアルコレクション [ 電撃ゲーム書籍編集部 ]

 

【中古】英雄伝説 黎の軌跡ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム