きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

英雄伝説 黎の軌跡~前進させる大きなきっかけに~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有

 

今回は英雄伝説 黎の軌跡で印象に残ったキャラを書いていきたいと思います。

 

①前進させる大きなきっかけに

まずは「ディンゴ・ブラッド」です。

f:id:kichitan:20220223214752j:plain

Falcom

カルバード共和国の首都イーディスに本社を構えるゴシップ誌「メルド」の記者で、そのバイタリティと広い情報網を生かしての取材力は非常に高いです。また立場によってい一線を引いたり真摯な人柄であることから周りの信頼が厚い人物です。

ヴァンに対しては弟のような感情を持っており度々相談に乗ったり力を貸したりしており、作中も多くの場面で手助けしてくれます。しかし後ろ暗い過去があったらしく、最終的にはその元凶である「アルマータ」のボス、ジェラールと対峙し、結果命を落とすことになります。

「……俺では貴様を止められん。だったら”後”に繋げるだけだ……」

彼の存在はヴァン達だけではなく後輩のマリエルにも大きな影響を与えており、彼らを前進させる大きなきっかけとなります。

 

②紅い流星

次は「マクシム・ルーガン」です。

f:id:kichitan:20220223215052j:plain

 

導力車レースの最高峰たる「Z1グランプリ」で3年連続優勝を果たし、「紅い流星(レッドシューティングスター)」の異名を持つ一流レーサーで、物語序盤から何かと縁がある人物です。

可愛い女の子を見つけると所構わずナンパをするくらい女癖が悪く、所謂「残念イケメン」と言える程締まりがない人物ですが、その実力や身体能力は高いです。

当初は「彼と関わることに意味はあるのか?」と思う程つながりを感じない人物ですが、ヴァンの周りのある人物と大きな関係があることが発覚します。

ある意味作中で最も驚かされた人物でもあります。

 

③特別製のホロウコア

最後は「メア」です。

f:id:kichitan:20220223215132j:plain

ヴァンのザイファにインストールされている特別製のホロウコア(支援用AI)で、自己主張の激しい小生意気な少女としてAIが設定されています。

自由意志は無く普段は他のホロウコア同様音声ガイドによるサポートを行っていますが、ヴァンの危機に応じて現実世界に自由意志を持つ存在として顕現し、彼の「魔装鬼(グレンデル)」化の手助けをします。

「悪夢を纏え!(テイク・ザ・グレンデル)」

ただその正体は最後まで明かされる事はありませんでしたが、彼女の発言の幾つかには聞こえているのに認識出来ないものがあり、マクバーンやイシュメルガ=リィンと同様「外の理」と何か関係があるものだと思われます。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

英雄伝説 黎の軌跡 公式ビジュアルコレクション [ 電撃ゲーム書籍編集部 ]

 

【中古】英雄伝説 黎の軌跡ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム