きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ナポリvsバルセロナ~終始プレスに苦しむ~【サッカー】

カンプ・ノウで行われた試合はドロー。いい形でホームに帰ってきたナポリがどのような戦いを展開するか注目です。

 

ということで先日行われたナポリvsバルセロナの感想です。

f:id:kichitan:20220225135733j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220225140840p:plain

 

前半

ナポリは守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するバルセロナは守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合はトラオレの突破力を生かすバルセロナに対して、ナポリは左肩上がりのビルドアップを行いインシーニェを中心としたカウンターを狙っていましたが、試合はいきなり動きます。

コーナーキックからのカウンターでオーバメヤン→トラオレと繋ぎ、最後はアルバが決めバルセロナが早々に先制点を挙げます。

追いつきたいナポリですがバルセロナの同サイド圧縮の守備に苦しみボールをロストし始めると、フェラン・トーレスの落としを受けたフレンキー・デ・ヨングのコントロールショットが見事に決まり瞬く間に追加点を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

ナポリはプレスが嵌っているのに関わらず打開策を見いだせず、個に頼ったビルドアップをせざるを得ませんでしたが、ロングボールに抜け出したオシムヘンをテア・シュテーゲンが倒してしまいPKを獲得し、インシーニェが決め1点を返します。

そのまま勢いに乗りたい所ですが前半終了直前にコーナーキックのこぼれ球をピケがゴールに流し込み追加点。大幅なリードを奪い前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半はナポリがポリターノを投入し反撃に出ますが、バルセロナオーバメヤンのゴールで止めを刺しに来ます。さらにバルセロナブスケッツを下げる等、調整モードに。何とか一泡ふかしたいナポリメルテンス、ウナス、グラムを投入し打開に入ると、ニコ、プッチ、ルーク・デ・ヨングを投入したバルセロナに果敢に攻めをかけるも得点は終了直前のニコのミスから奪い取ったポリターノのゴールのみ。

合計スコア3-5でバルセロナプレーオフを勝ち抜きました。

 

総評

ナポリは終始バルセロナの同サイド圧縮のプレスに苦しむ形となりました。特にビルドアップの起点となるファビアン・ルイスバルセロナの中盤の守備に消されたのが大きく、完全に流れを持っていかれることとなりました。そして頼りのオシムヘンはボールを引き出す動き、そして飛び出しのコースに課題が残り大会を去ることとなりました。

ただそんな中でもクリバリは崩壊寸前の守備陣で唯一奮闘。面白くなっているセリエA勝戦線に欠かせない存在であることを改めて証明しました。

kichitan.hatenablog.com

 

そしてバルセロナは大量4ゴールで大勝。やや失点は勿体ないものの、バレンシア戦からの勢いそのままに会心の勝利を挙げることに成功しました。

際立っていたのはやはりトラオレ。これまでの1対1の突破に加えて判断の良さを見せ、チームに確実にフィットしていることがわかります。シャビ監督も彼の起用法を理解しており、今後の活躍も期待出来そうです。

一方心配なのはフェラン・トーレス。如何せん判断と球離れが悪く、他2人に加え明らかに戸惑いが見られます。シャビ監督はトラオレとの併用を考えて左で使っているのですが、それならば少しでも慣れている中央で使ってあげればいいかと思います。高額で連れてきた選手なので使いたいのは分かりますが、少し考え直して欲しい所です。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

冬の大型補強で調子を取り戻したバルセロナ。怪我人の復帰による不協和音は気になりますが、今後の戦いも注目していきたいです。

 

では

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) ナポリ Established パーカー(ブラック)【サッカー ウェア フーディー スウェット】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

ナイキ サッカーウェア レプリカシャツ ジュニア FC バルセロナ 2021-22 スタジアム ホーム CV8222-428 NIKE