きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsアタランタ~「夢の劇場」の後押し~【サッカー】

恒例行事となりつつあるスールシャール監督進退問題が起こっているユナイテッドと、怪我人続出のアタランタ。共に問題を抱えているチームだけに勝って勢いに乗りたい所です。

 

ということで先日行われたマンチェスターユナイテッドvsアタランタの感想です。

f:id:kichitan:20211021131723j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211021133004p:plain

 

前半

ユナイテッドは守備4-4-1-1の4-2-3-1でダブルボランチをレスター戦から入れ替えて採用、アタランタは3-4-1-2のマンマーク主体で臨んできました。

試合は前から嵌めてくるアタランタの守備にユナイテッドのビルドアップが阻害され上手くボールを前に運べずにいると、ザッパコスタの折り返しからパシャリッチが詰めアタランタが先制します。

同点に追いつきたいユナイテッドですが、左サイドに選手が集まり詰まる悪癖が出てきて突発的なコンビネーションでしかチャンスを作れずにいると、コーナーキックからデミラルが決めアタランタが追加点。ホームオールドトラフォードで前半2失点と苦しい状態で前半を終えます。

 

後半

後半アタランタは負傷のデミラルがロバートに交代。ユナイテッドはブルーノが右で攻撃をオーガナイズし始めると流れは徐々にユナイテッドに。そしてブルーノの見事なパスに飛び出したラッシュフォードのゴールで1点を返します。

kichitan.hatenablog.com

 

その後「夢の劇場」の後押しもありユナイテッドがイケイケモードに。ポグバ、カバーニ、サンチョが投入され猛攻を始めると、カウンターでのシュートもデヘアが素晴らしいセーブを見せ守備でもリズムを作るようになります。

kichitan.hatenablog.com

 

そうなると完全にユナイテッドが息を吹き返しコーナーキックのこぼれ球からマグワイアが同点ゴール。そして最後はやはりこの男、ショーのクロスからロナウドが頭で叩き込み逆転。夢の劇場での2試合連続の逆転劇で2連勝を果たしました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

ユナイテッドは前半、左サイドが渋滞し攻撃が見事に停滞していました。(同サイドに攻撃を圧縮させるオーバーロードという戦術がありますがユナイテッドの攻撃は規則性が無いのでただただ詰まっている状態です。)しかし後半ブルーノが右に流れてチャンスを作り始めると、レーンが整理され効率のいい攻撃を行うことが出来ていました。

そしてブルーノのサポート役、そしてボールを運べるポグバ、そしてオフザボールでスペースを作れるカバーニの投入で急造の最終ラインで臨んだアタランタ守備陣は決壊。交代策も結果的に上手くハマる状態になりました。本当にスールシャール監督の土壇場の勝負強さ(生存能力)には頭が下がります。(最初から行って欲しいというのが本音ですが、、、。)

kichitan.hatenablog.com

 

一方アタランタが「夢の劇場」の雰囲気に完全に飲み込まれることとなりました。特にチャンピオンズリーグ初出場のロバートにとってこのシチュエーションは余りにも辛いものとなり、今後に生かして欲しい所です。しかし怪我人続出の急造の3バックはある程度機能しており自信を持って良い所であると思います。

ただ驚異的なボールキープで攻撃にタメを作り押し上げに貢献していたイリチッチの交代は、コンディション面もあったかも知れませんが惜しかった所です。

 

ユナイテッドの連勝で混戦状態になりつつあるグループF。今後の戦いも注目です。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

アディダス マンチェスターユナイテッドFC オールウェザージャケット BO238 GR3807 ブラック

 

【SALE】【国内未発売】アタランタ カジュアルポロシャツ ブラック【19-20/セリエA/Atalanta/サッカー/トレーニング/polo】330