きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vsアメリカ~個の力で殴り勝った試合~【サッカー】

選手選考においても重要なこのキリンチャレンジカップ。相手は近年選手のレベルアップが著しいアメリカ代表です。

 

ということで先日行われた日本vsアメリカの感想です。

出典:スポニチ sponichi annex

日本の布陣&結果はコチラ

 

前半

日本は守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するアメリカは4-3-3を採用していました。

試合は右肩上がりのビルドアップを行うアメリカがボールを保持しますが、日本のプレスが嵌って、更にダブルボランチ強度が高い為上手くビルドアップが出来ず前に上手く運べません。そして日本は高い位置からのショートカウンターでチャンスを作り始めると、守田のパスから鎌田が流し込みゴール。一度は取り消されるもVARのチェック後にゴールになり先制点を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

追いつきたいアメリカはアンカーを落とし3バック化しボールを保持しようとしますが、中盤から中々ボールが運べず前半を終えます。

 

後半

後半アメリカは3バックにして低い位置からボール保持を試みますが中盤のサポートが足りず中々ボールを回すことが出来ません。対する日本もメンバーが変わったことで守備の立ち位置が曖昧になり(特に町野は終始戸惑っており可哀そうなことに。)アメリカの陣形に対応することが出来ない一方、前線が減ったことによりシュミットのミドルレンジのパスや冨安を中心としたビルドアップが機能し始めることになります。、

すると途中投入された後果敢にドリブルで仕掛けていた三笘が中央に切り込みそのままゴールに突き刺し追加点を決め、最後は原口を加えた5バックで守り切りそのまま試合は終了。日本が2-0で勝利することが出来ました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

日本が個の力で殴り勝ったという試合でした。中盤の遠藤、守田のダブルボランチは秀逸な守備をする前線4人に連動し強度の高い守備を見せアメリカのビルドアップを悉く潰し、さらにカウンターとしての起点として機能しました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

また鎌田は神出鬼没とも言えるポジショニングと飛び出しでアメリカ守備陣を翻弄。得点も挙げ結果を残し、クラブでの好調を代表に持ち込んでくれています。

そして三笘は圧巻ともいえる個人技でゴール。これで代表8試合で5ゴールと違いを見せ続けてくれています。

ただビルドアップはやはり個に頼る部分は多く、選手が変わった後半は守備面の連動性が失われ再現性が無かったことから選手達にほぼ任せているのは明白ですが、結果を残した選手は大きな自信を得られたと思います。

 

この時期にもプレーの再現性が無かったことから、本番も戦術や修正で流れを変えることは期待出来ず個の調子と頑張りに懸ける他無いのは残念ですが、それでも過去最高とも言える選手の質を擁していることは改めて証明されていました。

後はセットプレーのバリエーションなど今出来ることをしっかりと確認し、長谷部選手の熱いサポートも得て次のエクアドル戦でも奮闘してくれることを期待したいです。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

アディダス サッカー日本代表 2022 ホーム レプリカ ユニフォーム 【adidas|アディダス】サッカー日本代表レプリカウェアーsx012-hf1845

 

40%OFF 最大10%引クーポン アディダス 19L サッカー ボール収納 リュック ボール用バックパック 30×42×20cm サッカー 日本代表 ADP33JP フットサル デイパック リュックサック セール sale アウトレット 在庫処分