きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vsサウジアラビア~イナズマ純也~【サッカー】

前回アウェーで辛酸を舐めている対サウジアラビア戦。絶対に負けられない戦いがそこにはあります。

 

ということで先日行われた日本vsサウジアラビアの感想です。

f:id:kichitan:20220202130633j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

日本の布陣&結果はコチラ

f:id:kichitan:20220202131415p:plain

 

前半

日本は4-3-3でハイプレス、そして4-1-4-1の迎撃守備からのカウンター。対するサウジアラビアは守備4-4-1-1の4-2-3-1を採用していました。

試合はサウジアラビアがボールを支配する展開になりますが、日本のハイプレスのデザイン性、そして迎撃守備の選択(誰が前に出るかどうか)が定まっていないのか安定しません。それでも個で勝る日本は球際や対人でボールを奪い取ります。

また攻撃でも大迫のサポートが足りなく孤立。左も南野がボールを受けに行き過ぎていたので、高い位置に張った長友を生かしきれず伊東の突破に懸ける他ありませんでした。

それでも伊東が強引に突破し、マイナスのクロスを南野が押し込みゴール。日本が先制点を挙げます。日本の1点リードで前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半もサウジアラビアがボールを保持する形になりますが、奪い所を定められたのかボランチを押さえることが出来始めると、伊東の素晴らしいミドルシュートで追加点をあげます。

さらに日本は押し込み前田、中山を投入。しかし中山はコンディションが悪いのか(練習での怪我もあったのかと思います。)不用意なボールロストや裏を取られる場面が散見。それでもサウジアラビアが修正を行われなかった為優勢は変わらず浅野、原口を投入し試合をクローズ。

日本が貴重な勝利を挙げ、W杯出場に大きく前進しました。

 

総評

ライバルに2-0の勝利。W杯出場に向けては大きく前進したと思います。

ただ

・ハイプレスや前線の守備のデザイン(特に前半)

・ビルドアップのデザイン(今節はカウンター主体であったためそれほど目立ちませんでした。

・試合中の修正策(後半の守備の修正は時間が暫く経ってからなので、選手が自主的に修正していたと考えられます。)

は解決しておらず、W杯本番での強豪チーム相手では歯が立たないでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

ただこの試合でも伊東の存在感はずば抜けており、今や日本の切り込み隊長とも言えるパフォーマンス。そして遠藤、守田、田中碧は攻守共に質の高いプレーを披露し日本に無くてはならない存在に。また批判にさらされていた長友も運動量、強度ともに申し分ないプレーを見せて私含めた懐疑的な意見を一蹴する活躍。本当に偉大な選手です。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

これで勝ち点18で3位と4ポイント差。オーストラリアがオマーンと引き分けた為、勝利すれば本選出場が決定します。

後は戦術の軸が無い中どこまで選手達がどう突き詰め光を見せてくれるか、注目して見ていきたいと思います。

 

では

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 レプリカ ホーム ユニフォーム / Japan Home Jersey レディース メンズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7350 notp

 

【公式】アディダス adidas 返品可 サッカー サッカー日本代表 2020 キッズ ホーム レプリカ ユニフォーム / Japan Home Kids Jersey キッズ ウェア・服 トップス ユニフォーム 青 ブルー ED7345 notp