きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

岡崎慎司 後編~ミラクルレスターの影のヒーロー~【特集】

今回はシント=トロイデン移籍が決まった岡崎慎司選手について書いていきたいと思います。

 

1回では書ききれない為、3回に分けていきます。

 

3回目はレスター~現在(2015~2022)時代です。

Getty Images

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

①ミラクルレスターの影のヒーロー

2015年にイングランドのレスターに移籍した岡崎選手はヴァーディーと2トップを形成。両選手が積極的にチェイシングを行う4-4-2のブロック守備からのカウンターで新シーズンを臨みました。するとチームは見事に機能しヴァーディが11試合連続ゴールのプレミアリーグ新記録を樹立する活躍を見せ首位に。岡崎選手も途中交代せざるを得ない程のハードワークを行う献身性(25試合の途中交代はプレミアリーグ最多タイ)でチームに貢献していきます。

kichitan.hatenablog.com

 

流石に選手層の薄さから冬からは減速すると思われましたが、チームの勢いは止まらず、5月2日にトッテナムが引き分けた為クラブ創設132年で初のプレミアリーグ優勝を達成。この出来事はプレミア史上でも類を見ない歴史的なシーズンとなり、彼らはミラクルレスターと呼ばれ讃えられました。

岡崎選手もゴールは5に留まったものの、ニューカッスル戦でのオーバーヘッドなどインパクトを残し、そして最後の一滴までエネルギーを振り絞って戦う姿は影のヒーローと評価される事になります。

 

②Wシンジ結成

翌シーズンからも何人ものライバルの加入もありながらもレギュラークラスとしてプレーしていましたが、2018-2019シーズンはレギュラーから外れる場面が多発し、2月に就任していたロジャーズ監督(現レスター監督)の元では出番が激減。シーズン後に契約満了でマラガに移籍します。

しかしマラガはリーガのサラリーキャップに引っ掛かり岡崎選手の登録が出来ず、契約解除しウエスカに移籍。チームの得点王となる12ゴールを挙げ、1部昇格に大きく貢献します。

ただリーガでは芸術的なループシュートを決めるも得点はその1得点に留まり、翌シーズンは同じスペイン2部のカルタヘナでプレーします。

そして今シーズンはシント=トロイデン(ベルギー)に移籍。かつて代表でも共にプレーした香川とチームメイトとしてプレーすることになりました。

kichitan.hatenablog.com

 

③再び日の丸を着るために

2014年以降も岡崎選手は日本代表のレギュラークラスとして出場しますが、センターでは大迫、ウイングでは原口、久保裕也の台頭により絶対的な存在とはならなくなりました。それでも2016年には日本代表では5人目となる国際Aマッチ100試合出場を達成、2017年には日本史上3人目となる代表通算50点目を挙げる等数々の記録を残していきます。

kichitan.hatenablog.com

 

そして2018年W杯のメンバーに選ばれるものの、3大会連続の得点は挙げられず、その後は2019年のコパ・アメリカのメンバーにも選ばれ若手を鼓舞するパフォーマンスを見せました。

しかし2020年以降は代表に選ばれる事は無く、2022年W杯のメンバーに選ばれる事は限りなく低いと言えるでしょう。しかし今回の移籍も再び日の丸のユニフォームを着るためのものでもあり、そのオフザボールの駆け引きや動き出しは流石とも言えるものです。現状メンバーが固まっていないセンターフォワードで得点を量産すると可能性は出てくると思われ、その活躍が注目されます。

 

かつての盟友と共に再びW杯の舞台で。岡崎選手の挑戦はまだまだ終わりません。

 

では

 

レスター オフィシャル キーホルダー エンブレム【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

【予約ECM32】【国内未発売】レスターシティ レインジャケット スカイ【サッカー/21-22/プレミアリーグ/Leicester City/トレーニング】330