きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsアトレティコマドリード~両指揮官の柔軟性の違い~【サッカー】

1stレグはドローに終わった両チーム。共に直近の試合で結果を残しているので、その勢いがどう影響するのか注目です。

 

ということで先日行われたマンチェスターユナイテッドvsアトレティコマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20220316133353j:plain

Getty Images

1stレグはコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220316134055p:plain

 

前半

ユナイテッドは守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するアトレティコは守備5-3-2の3-5-2を採用していました。

試合は3CBに3トップを嵌めるユナイテッドが攻勢を仕掛け、アトレティコが引いてからのカウンターを仕掛ける形となりました。そんな中でもユナイテッドはサイドで優位性を保ちチャンスを作るもオブラクに阻まれ得点には至らずにいると、アトレティコグリーズマンにサイドの守備を託す5-4-1に変えるとビルドアップの型が少ないユナイテッドは見事に攻めあぐねることになります。

そして前半終了直前にアトレティコはカウンターからのグリーズマンのクロスを飛び込んできたロディがヘッドで叩き込み、アトレティコが大きい先制点を挙げます。その後スコアは動かず前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半も同様ユナイテッドが攻勢に出ますが焦りからかビルドアップのミス、そして無用なファウルでチャンスを作れずにいると、我慢ならなかったのかラングニックはポグバ、マティッチ、ラッシュフォードを同時投入、その後にもカバーニを投入し打開を図ります。しかしアイデンティティーを取り戻し強固さが戻ったアトレティコの守備陣を破るにはスーパープレイ待ちしかなく、切り札ロナウドも不発。

そのまま試合終了しトータル2-1でアトレティコがベスト8に進むこととなりました。

 

総評

ユナイテッドは自身の弱点を見事に露呈した形となりました。ビルドアップ時のポジションバランスが非常に悪く(ロナウドが中盤の底、フレッジがライン間など恐ろしい配置になっていました。)、効果的にボールを前に運ぶことが出来ず、段階的な崩しが必要な5バックの攻略には至らず、1stレグと同様セットプレーやスーパープレイに頼る他ありませんでした。そしてその切り札になり得るロナウドはビルドアップの手助け、そしてボールを運ぶのに終始。効果的にペナルティエリアに侵入することが出来ませんでした。

kichitan.hatenablog.com

 

この構造を治さない限りはチームは安定した勝利を重ねることは出来ないでしょう。

そんな中でも安定していたのはヴァランとフレッジ。前者は的確なカバーリングで最終ラインを引き締め、後者は中盤で強度の高いカウンタープレスやボール運びで奮闘しました。

kichitan.hatenablog.com

 

一方アトレティコはこれぞアトレティコといった試合でした。前半早々にサイドを突かれ危うい部分を見せたものの、その後はサイドの守備を強化して対応。シメオネ監督の見事な修正もあり終始ペースを握った形になりました。そして後半は相手のカウンタープレスも弱くなったこともあり試合を落ち着かせることに成功。見事な試合巧者ぶりを見せベスト8に進出しました。

 

特jにオブラクは正に守護神と言った活躍で堅守の中心となり、得点を挙げただけではなく献身的な守備も光ったロディと共にこの試合のベストプレーヤーと言えるでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

変えることが出来なかったユナイテッドと変化をもたらしたアトレティコ。両指揮官の柔軟性の違いが現れた試合となりました。

 

では

 

★SALE★セール★マンチェスターユナイテッド オフィシャル クッション エンブレム【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】【オンライン限定新生活セール:3/1〜4/5正午まで】

 

アトレティコマドリード ユニフォーム ホーム 21/22 半袖 NIKE ナイキ 正規品