きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsアーセナル~最高の引継ぎ~【サッカー】

暫定最後の試合となるキャリック監督。最終試合で勝利しラングニック新監督に上手く引き継ぎたい所です。

 

ということで先日行われたマンチェスターユナイテッドvsアーセナルの感想です。

f:id:kichitan:20211203133627j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211203140018p:plain

 

前半

ユナイテッドはラッシュフォードを右、サンチョを左に置いた守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するアーセナルは右にマルティネッリを使った守備4-4-2の4-2-3-1を採用していました。

試合はアーセナルが高い位置からのプレスでユナイテッドのビルドアップを阻害しショートカウンターを仕掛けていきます。ユナイテッドはビルドアップの型が作られていないので悉くパスが引っ掛かり攻撃の型を作れません。するとコーナーキックのこぼれ球をスミス・ロウがゴール。デヘアが倒れていたのでノーゴールかと思いましたが、ファウルとして認められなかった為ゴールに。アーセナルが先制します。

追いつきたいユナイテッドですがアーセナルのハイプレスに苦しみ決定機を作れず、左サイドが渋滞する等徐々に悪い流れになります。ただその左サイドからのフレッジの折り返しのパスからブルーノが右足でダイレクトで流し込み同点に追いつきます。

kichitan.hatenablog.com

 

前半は同点で折り返すこととなります。

 

後半

後半ユナイテッドはプレスを強めアーセナルのビルドアップを寸断すると、ショートカウンターからのラッシュフォードの折り返しをロナウドが合わせユナイテッドがついに逆転します。しかしその直後マルティネッリの折り返しにウーデゴールが合わせすかさず同点に追いつきます。

試合はそのままシーソーゲームの様相を呈していましたがペナルティエリアに侵入したフレッジがウーデゴールに倒されPKに。それをロナウドがド真ん中に叩き込み勝ち越し。アーセナルはサカ、エンケティア、ラカゼットを投入し打開を試みますがユナイテッド守備陣とデヘアを崩すことが出来ずそのまま試合終了。

kichitan.hatenablog.com

 

ユナイテッドが打ち合いを制することとなりました。

 

総評

ユナイテッドは前線からのプレスが復活したことが大きかったと思います。練度はまだ足りない感はあるもののこの試合のアーセナルの中盤を混乱に陥らせるには十分で、効果的なカウンターを繰り出すことが出来ました。そしてここぞという時に得点を決めるブルーノとロナウド、新監督にはどう映ったのでしょうか。

kichitan.hatenablog.com

 

ただビルドアップが整備されていないのでボールを持った時の攻撃の停滞感は変わっていませんでした。

ただこの試合に輝いたのはフレッジ。失点のデヘアへの足踏みはやや不運だったもののブルーノへのラストパスやPKを獲得するプレー、そしてタイトな守備にシュートブロック。黒子役として素晴らしい働きを見せました。

一方アーセナルは中盤の出来が勝負を左右しました。エルネニーはポジショニングに難がありチームのビルドアップを停滞させてしまうと、トーマスもそれに引きずられるようにパスミスを連発。守備が軽すぎるロコンガ、推進力以外は、、、のナイルズ等アルテタ監督のサッカーに適するボランチの人材不足は深刻です。個人的にはウーデゴール起用なのですが、、、アルテタ監督の起用法を考えると現実味は薄いでしょうね、、、。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

最高の引継ぎを終えたキャリック暫定監督。この試合で退団が決定し残念な所ですが
(個人的にはラングニック監督の元で学んで再び指揮を執って欲しかったです)、再びオールドトラフォードに戻ってくる事を願っています。

 

では

 

アディダス IOZ06 マンチェスターユナイテッド シーズナルスペシャルパーカー[メンズ]

 

●アーセナル 21-22 ホーム 半袖 ユニフォーム No.10 スミス・ロウ(プレミアリーグパッチ付き)【adidas/アディダス】【サッカー ウエア レプリカユニフォーム】(GM0217/10SR-P)【店頭受取対応商品】