きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターシティvsトッテナム~プレミア最強コンビ~【サッカー】

現在プレミアリーグ15試合無敗と圧倒的な強さを見せるシティと、ここ最近3連敗と結果が出ていないトッテナム。しかし名将同士のぶつかり合いで、熱い戦いが見られそうです。

 

ということで先日行われたマンチェスターシティvsトッテナムの感想です。

f:id:kichitan:20220220141653j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220220142523p:plain

 

前半

シティはベルナルド・シウバを0トップにした守備4-4-2の4-3-3、対するトッテナムは守備5-4-1の3-4-3でカウンターを狙っていました。

試合はシティが圧倒的にボールを回す展開になりますがカウンターからケイン→ソンと繋いで最後はクルゼフスキが流し込み早い時間でトッテナムが先制します。

追いつきたいシティは左右への揺さぶりやサイドでの数的有利を生かしてチャンスを作り出しますが、ロリスの好セーブやセンターバックの守備に阻まれ得点には至りません。それでもサイドを変えたスターリングのクロスのこぼれ球をギュンドアンが詰めてシティが同点に追いつきます。

その後シティが猛攻を続けますが、サイドでの幅取りが出来ずに攻撃がやや停滞。同点のまま前半を終えます。

 

後半

後半もシティがボール保持(サイドの幅取りは修正されていました。)、トッテナムがカウンターを仕掛ける形になりましたがまたもや火を噴いたのはこのコンビ。ソンのクロスから抜け出したケインが合わせてトッテナムが勝ち越し点を挙げると、更にクルゼフスキのクロスからまたもやケインがゴールとなりますが、惜しくもオフサイドとなります。

するとロスタイムにロメロのブロックが手に当たったとしてPK。マフレズが決めてシティが同点。試合はそのまま終了、、、かと思いましたが最後に劇的な展開が待ち受けていました。直後にクルゼフスキからのクロスをケインが豪快に叩き込み決勝点。トッテナムが土壇場で勝利とを掴み取りシーズンダブル&連敗をストップ。シティの無敗は15でストップしました。

kichitan.hatenablog.com

 

総評

シティはホームで痛い敗北。特に鉄壁を誇っていたルベン・ディアスはミスが散見、そしてラポルタはスピード不足を炙り出されるなど、トッテナムのカウンターに苦しめられました。それでも持ち前の攻撃力は健在で、特にカンセロはその攻撃センスを遺憾なく発揮し素晴らしいアクセントとなっていました。正直トッテナム守備陣の出来を考えると2点取れたのは素晴らしく、今後も優勝戦線をリードする存在になるでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

一方トッテナム会心の勝利となりました。輝いたのはやはりソン&ケインのコンビで、この試合でもケインは全得点、そしてソンは先制点とケインへのアシストと最高の働きを見せました。この結果でドログバランパードが築いた36得点の記録に並び(ケイン→ソン 17得点、ソン→ケイン 19得点)、名実ともにプレミア最強コンビとなりました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

またダイヤー、ロメロ、ベン・デイビスセンターバックトリオは懸命にシティの攻撃をストップ、ロイスは好セーブ、センターハーフコンビ、そして今シーズン初の先発となったクルゼフスキも存分に良さを出し勝利に大きく貢献。今後に勢いの付く勝利となりました。

kichitan.hatenablog.com

 

このシティの敗北によりリヴァプールとの勝ち点差は6になり(リヴァプールは消化試合が1試合少ないです。)プレミアリーグは優勝争いも面白くなっています。最高の試合を演じたこの2チームの今後の戦いに注目していきたいです。

 

では

 

『2/20まで ポイント20倍』【公式】PUMA プーマ メンズ サッカーシャツ サッカー 【マンチェスター シティー MCFC アウェイ 半袖 レプリカ シャツ】

 

トッテナム オフィシャル クッション クレスト【サッカー サポーター グッズ】【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】