きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターシティvsチェルシー~圧倒的な組織と「個」のクオリティ~【サッカー】

プレミアリーグの今後の展開を決める1戦。チェルシーとしてはシティの独走だけは止めたい所です。

 

ということで先日行われたマンチェスターシティvsチェルシーの感想です。

f:id:kichitan:20220116131636j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220116132321p:plain

 

前半

シティはフォーデンを0トップとした4-3-3で、守備では相手3バックに嵌める形のハイプレス、そして4-4-1-1の守備を行っていました。対するチェルシーはサールを左のセンターバックとして起用させた守備5-2-3の3-4-3を採用していました。

試合はシティがボールを保持する形になり、チェルシーが中を固めていたこともありサイドでボールを保持しながらの縦パス、そしてウイングバックボランチの間でボールを受けることでギャップを突き、両ウイングの突破などでチャンスを作っていました。

しかしチェルシーは粘り強い守備で防いでいきますが、攻撃時ではシティのハイプレスに苦しみボールを前に進ませることが出来ません。特にサールは対人の良さは目立ったもののビルドアップ面では苦しく、効率の良いボール回しが出来ませんでした。

前半はお互いゴールを挙げることなく終えます。

 

後半

後半もシティがボールを保持する展開になりますが、チェルシーコバチッチの持ち運びからルカクが決定機を迎える等割り切ったカウンターに活路を見出そうとします。

そしてヴェルナー、ハドソン・オドイを投入し一気に攻勢に出ようとしますが、ここで圧倒的な「個」が輝きます。デ・ブライネがライン間でボールを持つと食い下がるカンテを振り切り、タイミングを上手く外した見事なミドルシュートを決めシティが先制します。

kichitan.hatenablog.com

 

追いつきたいチェルシーはマウントを投入し4バックで攻めましたがヴェルナー、ハドソン・オドイの両ウイングのオフザボールの精度がイマイチで上手くチャンスを作れずそのままタイムアップ。シティが会心の勝利を挙げました。

 

総評

シティは終始ペースを握るも得点は取れずもどかしい展開になりましたが、デ・ブライネの「個」が光る形になりました。綿密に整備されたビルドアップ、強度の高いハイプレス、そして圧倒的な「個」。充実の一途を辿るシティを一体どこが止めることが出来るでしょうか。

kichitan.hatenablog.com

 

対するチェルシーは痛恨の一敗でした。クリステンセンの代役として抜擢されたサールは対人の強さは光ったもののビルドアップ面では不安を残し、恐らく今節用に用意された4バックに途中で変えるも投入されたヴェルナー、オドイの両ウイングは状況を打開することが出来ませんでした。

これでシティとチェルシーの差は勝ち点13。リヴァプールは2試合未消化ながら勝ち点14で食い下がっているものの現実的に厳しく、プレミアリーグはシティの独走状態になりつつあります。

 

圧倒的な組織と「個」のクオリティを示したシティ。今後の戦いも注目です。

 

では

 

『1/15 ポイント20倍』【公式】PUMA プーマ メンズ サッカーシャツ サッカー 【マンチェスター シティー MCFC ホーム 半袖 レプリカ シャツ】

 

チェルシー フットボールクラブ Chelsea FC オフィシャル商品 メンズ ネイビー サッカーシャツ 【海外通販】