きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2020~2021シーズン 躍進するクラブ アヤックス~主力の流出阻止と継続性~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2021~2022シーズン、躍進するクラブについて書いていきたいと思います。

 

4回目は「アヤックス」です。

f:id:kichitan:20220217215346j:plain

Getty Images

基本布陣

f:id:kichitan:20220217220113p:plain



チャンピオンズリーグでの確固たる強さ

今シーズンのアヤックスチャンピオンズリーグでの躍進をきっかけに一躍、話題になっているクラブです。

スポルティングドルトムントベジクタシュと同居するグループでは6戦全勝。所謂ビッグクラブ不在ではありますが、特筆すべきはその内容面。初戦のスポルティング戦では圧巻の5発大勝で好発進すると、直接のライバルと目されたドルトムントにサッカーをさせず4発大勝。特にそのデザインされて型が多いビルドアップ、そしてアレの高さと抜け出しの上手さを生かしたアタックは迫力満点で、テン・ハーグ監督の哲学が浸透していることがわかります。

そしてエールディビジでは69得点5失点と異次元の数字を叩き出し首位を走っており、今やチャンピオンズリーグでも上位進出を十分期待されるチームとなっています。

 

②主力の流出阻止と継続性

このような躍進に繋がったのはチームが主力の流出阻止にあると思います。

2017シーズンから指揮をとり質の高いサッカーを披露しているテン・ハーグ監督でしたが、毎年のように戦力を引き抜かれるチームの内情に苦しんでいた印象があります。

2018-2019シーズンのチャンピオンズリーグベスト4進出の立役者であるデ・リフト(ユベントスへ)、デ・ヨングバルセロナへ)は翌シーズン、ツィエク(チェルシーへ)、ファン・デ・ベーク(マンチェスターユナイテッドへ)は次のシーズンに移籍と次々と選手達がチームを離れチームは再構築を迫られることに。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

ただチームは翌シーズンから主力の安易な流出を阻止し、チームに足りない場所に的確にベテラン、中堅問わず補強。一時的とは言え継続性を付けられることになりました。

 

③若手とベテランが上手く融合した好チームに

今のアヤックスはユースや青田買いされた若手(ティンバー、フラーフェンベルフ、アントニー)や、これから全盛期に入ろうとする成長株(マズラウィ、リサンドロ・マルティネス、アレ)、そして円熟味をみせるベテラン(パスフェール、ブリント、タディッチ)が見事に融合した素晴らしいチームとなっています。

ただ先日強力なこのチームを作り上げたとされるオーフェルマルスSDがスキャンダルにより辞任し、チームに激震が走っています。その影響で複数の主力選手、そしてテン・ハーグ監督の去就も慌ただしくなる等、現在の状況はあまり著しいものではなく、クラブは後任を早急に決める必要があるでしょう。(クラブOBのスナイデルが後任候補になっています。)

 

ここまで素晴らしいシーズンを送っているアヤックス。新しいSDの選出も含めて今後の動きと戦いぶりが注目されます。

 

では

 

アヤックス 21-22 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【adidas|アディダス】クラブチームレプリカウェアーelr85-gt7137

 

【予約ECM32】【国内未発売】アヤックス パデッドジャケット ネイビー【17-18/サッカー/ユニフォーム/Ayax/オランダリーグ】