きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

パリSGvsレアルマドリード~デザインされたプレスと理不尽な個~【サッカー】

決勝トーナメントとしては勿体ないぐらいの注目のカード。1stレグはパリでの決戦です。

 

ということで先日行われたCL1回戦1stレグ、パリSGvsマンチェスターシティの感想です。

f:id:kichitan:20220216132602j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220216133629p:plain

 

前半

パリはメッシを0トップに添えた4-3-3、一方マドリーは守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合はマドリーがブロックを敷いて、パリがボールを保持する形となります。しかしパリはマドリーの「急所」であるカゼミーロの脇のスペースを使えておらず、陣形を揺さぶるパスワークも少なく攻撃が行き詰まります。それでもエンバぺの個人突破等から決定機を作るもクルトワがストップ、ゴールを割ることが出来ませんでした。

一方のマドリーもカウンターからチャンスを作ろうとしますが、パリのデザインされたハイプレスや中盤の切り替えの守備、両サイドバックの対人守備の奮闘でマドリーの攻撃は悉く阻まれチャンスすら作れず、両チーム課題を残しつつスコアレスで前半を終えます。

 

後半

後半も同様、パリがボールを保持する形になりますが、再度ゴールに迫るエンバぺの決定機をクルトワが止めると、エンバぺが倒されたPKをメッシが蹴りますが再度クルトワに止められどうしても先制点が取れません。

するとマドリーはルーカス、ロドリゴを投入し状況打開を試みると、パリはネイマールを投入。お互いカードを切っていきますが、流れを変えたのはパリ。

ネイマールがメッシ、エンバぺと絡んでいくことでリズムを変えていくと、終了直前にエンバぺが二人をぶち抜きクルトワの股を抜くスーパーゴール。劇的な形でパリが先勝する形となりました。

 

総評

パリはエンバぺのスーパープレーで勝ちを拾う形となりましたが、特筆すべきはその守備です。メッシがカゼミーロを見る形でコースを切り低限の仕事をさせた上でデザインされたハイプレスやカウンタープレスは効果抜群で、マドリーのビルドアップやカウンターの目を悉く潰していました。そして「理不尽な個」エンバぺ、メッシ、ネイマールを要した即興性のある攻撃、チームの良さが表れた試合でした。

特に存在感抜群のヴェラッティ、そして文句なしのMVPであるエンバぺの働きは特筆に値すると思います。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

一方マドリーは守備を固めてのロングカウンターとプラン的には間違っていないものの相手のプレスに屈することとなりました。怪我明けのベンゼマ、そして期待のヴィニシウスも動き出しが少なく完全に沈黙。アンチェロッティ監督も有効な手立てを打てず、最後の砦として君臨したクルトワの奮闘のみが目立った試合でした。

kichitan.hatenablog.com

 

デザインされたプレスと理不尽な個で勝利したパリ。しかし点差は僅か1、2ndレグは今試合以上の熱い試合が見れそうです。

 

では

 

ジョーダン パリサンジェルマン コラボ JORDAN PSG 長袖 Tシャツ ロンT ロングスリーブ ユニセックス ナイキ 正規品[衣類]

 

レアル・マドリード フットボールクラブ Real Madrid CF オフィシャル商品 ロゴ入り ラグ フロアマット 【海外通販】