きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2020~2021シーズン 冬の移籍まとめと後半戦展望 アストンビラ~後半戦の追い込みなるか~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2021~2022シーズン、冬の移籍まとめと後半戦展望について書いていきたいと思います。

 

1回目は「アストンビラ」です。

f:id:kichitan:20220201134550j:plain

Getty Images

 

過去記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

主な加入選手

チェンバース(←アーセナル

オルセン(←ローマ)

ディーニュ(←エバートン

コウチーニョ(←バルセロナ

 

主な放出選手

ターゲット(→ニューカッスル

トゥアンゼベ(→マンチェスターユナイテッド

エルガジ(→エヴァートン

 

予想布陣

f:id:kichitan:20220201135143p:plain

 

①リーグ屈指の名手を獲得

ジェラード新監督が就任し巻き返しを図るアストンビラですが、冬の移籍市場でも積極的な動きを見せました。

そんな中狙いを付けたのはエバートンのディーニュ。クラブでベニテス監督と対立したことで干されていたリーグ屈指の名手を約2500万€で獲得。上下動の運動量に正確なクロスを備えた選手の獲得はジェラード監督も興奮して飛び跳ねたようです。

kichitan.hatenablog.com

 

そして第2GKには経験豊富なオルセン、選手層が薄いセンターバック、右サイドにアーセナルで出番を失ったチェンバースを獲得。移籍最終日にターゲットを手放したのは痛かったですが(ニューカッスルへ)、それでも守備陣の質と量をアップさせる補強が出来たと思います。

 

②攻撃のリズムを変える存在に

さらにベイリーが怪我で離脱した左ウイングにはジェラード監督と共にかつてリヴァプールでプレー、そしてバルセロナで不遇の時間を過ごしていたコウチーニョを獲得。

kichitan.hatenablog.com

 

左のハーフスペースを得意としており、ウイングを中に絞らせるチームの攻撃戦術ともマッチ、そして何より監督の信頼を得ているのが大きく、コンディション次第ではありますが、ブエンディアと共にリズムを変える存在として攻撃陣を活性化させられるか注目です。

kichitan.hatenablog.com

 

③後半戦の追い込みなるか

さらにクラブはセンターハーフ(特にアンカータイプの選手)の獲得を目指していましたがそれは叶いませんでした。しかしチームの弱点を的確に強化しており、質も向上させるなど素晴らしい補強になったと思います。

ただそこは資金が豊富なプレミアリーグ。他クラブも確実に強化しており(特に残留がかかったチームは積極的でした。)今後も気の抜けない試合が続きます。

今回の補強で純粋な戦力ではヨーロッパカップ戦出場権に食い込めるほどの戦力は揃ったと言えます。後はジェラード監督がビルドアップの質を何処まで高められるか、そしてサイドバックの負担がものすごく高い現システムをどう微調整していくのか、注目していきたいと思います。

 

では

 

アストンビラ オフィシャル マグカップ FD【サッカー サポーター グッズ】【店頭受取対応商品】

 

アストンビラ オフィシャル シューズバッグ CR(バーガンディ)【サッカー サポーター グッズ】【店頭受取対応商品】