きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

バルセロナvsレアルマドリード~「明確な差」を感じたクラシコ~【サッカー】

メッシ移籍後初のクラシコ。どうしても注目度は下がりますがそれでもビッグマッチであることは変わりません。

 

ということで先日行われたバルセロナvsレアルマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20211025132418j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211025133048p:plain

 

前半

バルセロナはマドリーの中盤3枚にマンマークを突かせる形にした4-3-3、対するマドリーは守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合は4-1-5のビルドアップでバルセロナがボールを保持します。マドリーの前線の守備が前から行かなかったので、エリック・ガルシアがボールを持ちこむことが出来、デストが幅をとりガビがハーフスペースを取ることで5レーンを使いバランス良く攻めていきます。しかしマドリーもアラバ、クルトワを中心とした守備陣がしっかり守りもヴィニシウスを中心としたカウンターで決定機を作っていきます。

するとカウンターから最後はアラバが決めマドリーが先制、ボールを奪った所から素晴らしいオフザボールで最後は自らフィニッシュと、彼のポリバレントさが凝縮されたようなゴールでした。

kichitan.hatenablog.com

 

バルセロナもその後決定機を作りますがマドリーが要所を押さえる守備を見せ、そのまま前半を終えます。

 

後半

後半バルセロナはミンゲサに代えてコウチーニョを投入、デストを右サイドバックに配置しますが試合展開を覆すことは出来ません。それでもアグエロを投入し4-2-3-1にシステムを変え打開を試みますが、マドリーもバルベルデを投入し守備を固めます。

するとバルセロナには焦りが見え単独突破が増え、ルーク・デヨング投入→ピケを前に配置しパワープレーに出るも効果的にクロスを上げられる形には至らず逆にカウンターを喰らい、カウンターからルーカス・バスケスに決められ追加点を許します。

最後にアグエロが一矢報いるゴールを決めるも力及ばず、バルセロナクラシコ4連敗を喫することになりました。

 

総評

この試合での敗北でバルセロナクラシコ4連敗を喫することとなりましたが、これまでと違い試合展開での戦いの使い分け、選手のパフォーマンス、監督の采配により明確な差が出ていました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

バルセロナは序盤は悪くはありませんでしたがマドリー守備陣の前に大苦戦。特に攻撃を司るはずのデヨングがパスミスを連発し大ブレーキになり、今後が心配な所です。さらに後半は距離感が離れ徐々に単独突破に頼ることになり、空中戦に強いルーク・デヨングを投入もクロスを上げられるような仕組み作りが出来ていませんでした。

確かにやりたいことは分かりますし試合内容は良化しています。しかしそのに至る上でのディテールが詰められておらず所々に粗が見られ、何とか帳尻を合わせていたデヨングが不調になれば得点の匂いが消える。ファティに頼るには余りにも土台が出来なさ過ぎており今後の戦いも気になります。また選手の責任にしなければいいのですが、、、。

一方マドリーはロスタイムの得点を除けば文句なしの出来だと言えます。アウェーでしっかりと守りを固めカウンターでしっかりと仕留める、さらに試合内容によって交代選手を巧みに使い、最大限に選手の力を引き出す。アンチェロッティ監督の采配、そして戦略は見事としかいいようがありませんでした。

そして守備の柱として素晴らしいパフォーマンス、更に得点も取ったアラバの万能さ、チームを救うセーブを見せさらに存在感も絶大だったクルトワの出来は素晴らしいものでした。攻撃陣もベンゼマ、ヴィニシウスも好調で、今後も安定して勝利を積み重ねていきそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

これまで感じることの無かった「明確な差」を感じたクラシコ。両チームの今後の戦いに大きく影響してきそうです。

 

では

 

【10/23~25】買えば買うほど★ 最大10%OFFクーポン ナイキ メンズ サッカー/フットサル ライセンスジャケット FCバルセロナ FCB I96 ジャケット (AO5445) : ネイビー NIKE 210526SCAP

 

アディダス adidas メンズ サッカー レアル マドリードホーム レプリカユニフォーム ホワイト AV067 GQ1359