きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

セビージャvsバルセロナ~共に苦しい台所事情の中で~【サッカー】

その突出したサッカーセンスと靴紐が結べないことで度々足元がアップされているガビ。リーガ最堅を誇るセビージャの守備陣に対してどう崩しているか注目です。

 

ということで先日行われたセビージャvsバルセロナの感想です。

f:id:kichitan:20211222145334j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211222150627p:plain

 

前半

セビージャはラキティッチブスケッツを見る守備4-4-2の4-3-3、対するバルセロナは4-1-4-1の迎撃守備を行う4-3-3を採用していました。

試合はバルセロナが積極的にプレスを掛ける形になり、セビージャのビルドアップを阻害していきます。特にセビージャは最終ラインのビルドアップがサイドバックで詰まってしまいボールをロストし続け前に中々ボールを運べません。一方バルセロナも右はアラウホのポジショニングやパスのミス、そして左はアブデ、ガビ、アルバがバランスを取れず詰まってしまい上手く攻撃が行えません。

するとセビージャはコーナーキックのトリックプレーからゴメスが上手く流し込み先制点を挙げます。しかしバルセロナコーナーキックからアラウホが直接決め同点に追いつき前半を終えます。

 

後半

後半セビージャはハイプレスを強化してバルセロナに襲い掛かり、修正仕切れないバルセロナは徐々に押し込まれることとなります。しかしクンデがアラバへの報復行為を行い一発退場、セビージャが1人少ない状況に追い込まれます。

勝ち越し点を挙げたいバルセロナは負傷したエリック・ガルシアの代わりにラングレ、そしてニコを投入し攻勢に出ますがガビの0トップは機能せずデンべレの単騎突破にお頼ることに。そのデンべレのシュートはポスト、そして最後に投入されたルーク・デ・ヨングもセビージャの4バック、5バックを使い分ける守備組織を崩すことは出来ずそのままタイムアップ。お互い勝ち点1を分け合う結果となりました。

 

総評

お互い怪我人が続出した影響がモロに出た状況になりました。セビージャは両サイドバックが守備では機能していたもののビルドアップでは苦しみナバス、アクーニャの不在を痛感することになりました。今後どのように修正していくか、ロペテギ監督の手腕が問われる所です。そしてクンデは猛省して欲しいです。

対するバルセロナはメンフィス、デストの離脱の影響が出ています。アラウホは対人の強さは素晴らしいもののポジショニングやパスの付け所に問題があり、特に今のチームの構造上選択肢が限られるサイドバックでは特に強敵相手では苦しいかと思われます。そしてメンフィスの離脱による決定機不足、抜擢されたジュグラもインパクトを残せずどう崩しのデザインが出来るか、セットプレーでの守備も含めてシャビ監督の采配に期待したい所です。

kichitan.hatenablog.com

 

 

共に苦しい台所事情で課題が見えた試合。その課題にどう取り組んでいくのか両指揮官の修正に注目していきたいです。

 

では

 

【国内未発売】【SALE】セビージャ レインジャケット レッド【18-19/Sevilla/スペインリーグ/トレーニング】330

 

ナイキ NIKE メンズ サッカー/フットサル ライセンスジャケット ナイキ BOCA CORE MATCH Tシャツ FCバルセロナ AR0276620