きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

レスターvsマンチェスターユナイテッド~終盤の打ち合いを制する~【サッカー】

共に波に乗れない両チーム。勝利して波に乗っていきたい所です。

 

ということで先日行われたレスターvsマンチェスターユナイテッドの感想です。

f:id:kichitan:20211017142625j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211017142716p:plain

 

前半

レスターは守備5-2-1-2の3-4-1-2、対するユナイテッドは守備4-4-2の4-2-3-1を採用していました。

試合は右肩上がりと3バックでビルドアップをするレスターがボールを保持しますが、ポジショニングのディテールを詰められていないのかボールロストを繰り返します。対するユナイテッドもショー、サンチョのプレーエリアが被り(縦タテの関係)5バックを崩しきれません。それでもグリーンウッドが見事なミドルシュートを突き刺しユナイテッドが先制します。

しかし両サイドバックの裏を2トップが突く形を徹底したレスターは、ショートカウンターからティーレマンスがクロスにも似た技ありのゴールで同点に追いつきます。

そのまま試合は互いに攻めながらも追加点を奪えず前半を終えます。

 

後半

後半は開始からグリーンウッドのミドル乱れ打ち等でチャンスは作るものの左サイドに人数が集まりすぎる悪癖が出て攻撃が読まれやすくなります。

その後レスターはアジョセ・ぺレス、ダカ、ユナイテッドはラッシュフォードを投入すると、試合は怒涛の展開になっていきます。コーナーキックのこぼれ球からソユンジュが勝ち越しゴールを決めると、リンデロフの浮き球のパスからラッシュフォードが決同点に追いつき互いに得点を奪います。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしそれに終止符を打ったのはやはりこの男でした。アジョセ・ぺレスの粘ったパスからヴァーディーが決め勝ち越すと、終了間際には自ら貰ったファウルからダカの追加点を呼び込みなど素晴らしい活躍を見せ勝利。

kichitan.hatenablog.com

 

レスターが終盤の打ち合いを制し、勝利を挙げました。

 

総評

レスターにとってはビルドアップの詰めの甘さはあるものの、終盤に怒涛のゴールラッシュと勢いが出そうな勝利となっていました。特にティーレマンスは中盤の防波堤、ビルドアップの起点とチャンスメイク、そしてフィニッシュワークと攻守に渡って絶大な存在感を見せました。そして「千両役者」ヴァーディー。ただただ本当に「カッコいい」選手ですね。

一方ユナイテッドは敗北したものの要所要所で好プレーが見られるなど全体的なパフォーマンスは悪くなかったと思います。しかしポグバは所々で集中力を欠くプレーが散見される等、ダブルボランチでの起用はやはり疑問があります。(やはり現布陣では左がベストかと思います。)フレッジもややパフォーマンスを落としている部分があるので苦しい所ですが、何とか再考してもらいたいものです。ただスールシャール監督は前線のタレントを最大限に使いたいようですが、、、。今後上手く行くように願います。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

レスター オフィシャル キーホルダー シリコンストラップ (ブルー)【サッカー サポーター グッズ】【店頭受取対応商品】

 

アディダス マンチェスターユナイテッドFC オールウェザージャケット BO238 GR3807 ブラック