きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

レスターvsマンチェスターシティ~新たなる試みを順調に進める~【サッカー】

コミュニティーシールドではレスターが勝利した今シーズン2度目のカード。シティがどのような修正&対策をしてくるのか楽しみです。

 

ということで先日行われたレスターvsマンチェスターシティの感想です。

f:id:kichitan:20210912110123j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210912110211p:plain

 

①いつ得点が生まれてもおかしくない状況

レスターは守備4-4-1-1の4-2-3-1、シティは攻撃時2-3-5の4-3-3を採用していました。レスターはサイドハーフをやや中に絞りアンカーを切る守備をしており、シティの4バックはそれを包み込むような配置になっていました。

ただコミュニティーシールドと違うのはサイドバックで、ウォーカー、カンセロのポジションが修正されておりウイングに上手くボールが届きやすい形を形成していました。試合はシティがボールを保持して外に回しながらライン間を突く縦パスを入れチャンスを作っています。パスコースの選択肢が多い為レスターの守備は後手後手になり最終ラインで何とか凌ぐ形になっていました。

それでもレスターはボールを奪うと縦に速いカウンターを仕掛けバーンズのクロスなどからチャンスメイクを仕掛けていきます。さらにシュマイケルティーレマンスがプレスの逃げ所にボールを配球することで、前からのプレスを上手く躱すことが出来ていました。

いつ得点が生まれてもおかしくない状況で前半を終えます。

 

②リベンジ&3連勝

後半立ち上がりからレスターが猛攻を仕掛けるもバーンズが放ったヘディングはバーを叩き、中盤でのボール奪取からヴァーディーがゴールを奪うもオフサイドと判定される等ゴールが奪えずシティペースに持ち込まれると、カンセロのシュートのこぼれ球をベルナルド・シルバが詰めシティが先制を果たします。

kichitan.hatenablog.com

 

同点に追いつきたいレスターはイヘアナチョ、ルックマンを投入しチャンスを作り出しますが、シュートの精度不足やエデルソンの好セーブもありシティが凌ぐとそのままタイムアップ。

kichitan.hatenablog.com

 

シティがリベンジ&3連勝を果たすことが出来ました。

 

③新たなる試みを順調に進める

レスターは昨シーズンと同様質の高いサッカーを展開し、シティを苦しめました。ただビルドアップは型は多いもののリカルド・ペレイラ不在でシュマイケルティーレマンスに頼ることは多く、フィニッシュもヴァーディーに頼る部分は大きかったです。前者は戦略上仕方がないですが、後者はイヘアナチョがもう一段階の成長とダカのフィットが不可欠なので今後も注目していきたいです。

そしてシティはコミュニティーシールドのリベンジを果たすことが出来ましたが、やはりサイドバックの質によるものが大きかったと思います。ウォーカー、カンセロともに難易度の高い役割を何とかこなし、カンセロは時折ラストパスや攻め上がりでチャンスを作るなどチームを機能させていました。

kichitan.hatenablog.com

 

前から嵌めて機能不全にさせようとしたアーセナル、取り所を限定して同サイドで奪い取ってしまおうと迎撃守備をしようとしたレスターを撃破したシティ。偽サイドバックを敷いた新たなる試みを順調に進めているようです。

 

では

 

【予約RET05】【国内未発売】RE-TAKE レスターシティ Establishシリーズ スウェットパーカー ホワイト【サッカー/プレミアリーグ/Leicester City/フーディ】

価格:7,590円
(2021/9/12 11:39時点)
感想(0件)

【公式】PUMA プーマ メンズ サッカーシャツ サッカー 【マンチェスター シティー MCFC アウェイ 半袖 レプリカ シャツ】