きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

藤川俊介選手 引退~守りと走りのスペシャリスト~【特集】

今回は2021シーズン限りでの現役引退を決めた藤川俊介選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20211002214827j:plain

Getty Images

①球団に振り回された入団経緯

俊介(藤川俊介)選手は2009年に近畿大学からドラフト5位で阪神に入団。しかしその入団経緯は特殊でした。当初選手側は3位以内での指名以外は社会人野球に進む事を表明していました。

しかし事情が編成部門のトップにまで伝わっていなかったのか実際阪神にドラフト5位で指名され本人は大いに困惑。大学や球団との話し合いで入団に至ることになりますが、同期入団の選手たちから大幅に遅れての発表と球団に振り回された形での入団となりました。

 

②守りと走りのスペシャリスト

そんな中入団を果たした俊介選手ですが2010年は「実戦向きの選手」と評され開幕1軍に抜擢されます。そしてルーキーイヤーながら124試合に出場し実戦経験を積んでいきます。しかし課題とされた打撃面での不安定さか違いを作り出せず、負傷した選手の穴埋めや代走・守備要員としての出場が多かったものの、守備難の選手が多かった1軍外野手において「守りと走りのスペシャリスト」として欠かせない選手となりました。

金本選手の連続試合出場記録を盗塁死で途絶えさせてしまう等、肝心な時のやらかしもある印象も強いですが、2013年には打率.292を記録する等打撃でも一時的に覚醒する等インパクトのある活躍を披露。

そして2017年にはその金本監督の元高山選手と併用される形で起用され規定打席には届かなかったものの打率.309を記録しチームの2位躍進に貢献し、FA権を得るも「阪神で日本一になりたい」と表明し残留してくれました。

 

③ルーキーの台頭により出場機会を失う

しかし2019年に近本選手が入団しオープン戦から台頭してくると、俊介選手の立場はかなり危うくなってきます。そして俊介選手意外今までいなかった走塁、守備にも島田選手、植田選手(内野との兼用)が台頭してくると出場機会が激減。2019年は6試合、2020年は僅か9試合の試合数に留まります。

kichitan.hatenablog.com

 

さらに2021年には佐藤輝選手、ロハス選手が入団しさらに外野争いが激化すると2軍でも出場機会を失うようになり、代打や指名打者での起用が増えます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そして9月16日に現役引退を発表。現役生活で規定打席に届いたのは一度も無いながら849試合に出場。代走、守備固めとして、長年チームに欠かせない存在としてチームに貢献してくれました。

 

過去には城島選手に度々アドバイスを貰うなど可愛がってもらい、金本選手には先輩としてそして監督として重宝されるなど「愛されキャラ」であった俊介選手。今後の活動にも期待していきたいです。

 

では

 

12JRMT8568L ミズノ 阪神タイガース公認 プリントユニフォーム(ホーム) 俊介選手 背番号:68(Lサイズ) HANSHIN Tigers Print Uniforms HOME

 

阪神タイガース コラボ★ キャラクター 総柄 Tシャツ 3827K ベビードール BABYDOLL 子供服 ベビー キッズ 男の子 女の子 ユニフォーム 野球観戦