きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

チェルシーvsマンチェスターシティ~今後の対決も楽しみな1戦~【サッカー】

早くも実現したチェルシーvsシティ戦。トゥヘル監督とグアルディオラ監督の戦術合戦も見どころです。

 

ということで先日行われたチェルシーvsマンチェスターシティの感想です。

f:id:kichitan:20210926114802j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210926115445p:plain

 

①鍔迫り合い状態

チェルシーは守備5-3-2からのサイドバックの裏の狙うカウンターを採用し、一方シティはフォーデンを0トップにした今シーズンの新たな試みである2-3-5システムを採用していました。

kichitan.hatenablog.com

 

試合はシティがボールを持つ形になり、布陣を維持しつつポジションチェンジを繰り返して攻勢に出ます。特にロドリの細かいポジション取りが素晴らしく、チェルシーの前線の守備を外しつつスムーズにボールを循環させていました。しかしカンセロがやや開きすぎでウイングのグリーリッシュにボールが上手く届かず左サイドの攻撃が停滞します。右もアロンソ、リュディガーがジェズスを抑えていたので決定機までは至りません。

一方チェルシーもシティの守備(ハイプレスとブロック守備の使い分け)が機能したことで中盤が数的同数で勝てず、守備でも前述したロドリのポジショニングの良さもあり、ルカクにもボールが届かず攻撃が機能しません。そしてリース・ジェームズが負傷退場し、チアゴ・シウバを投入せざるを得ない状況になります。

お互い鍔迫り合い状態のまま前半を終えます。

 

②首位決戦1戦目はシティに軍配が挙がる

後半も同様シティがボールを保持する展開になると、中央でボールを受けたジェズスが放ったシュートが相手にリフレクションしてゴール、シティが先制します。

同点に追いつきたいチェルシーはハヴァーツを投入し前に起点を作り徐々に押し込み始めますが、ルカクとヴェルナーの距離感がイマイチで得点を奪うには至りません。対するシティもカウンターでチャンスを作りますがチアゴ・シウバの読みもあり食い止めます。

kichitan.hatenablog.com

 

チェルシーはロフタス・チークを投入しますがマフレズ、フェルナンジーニョスターリングと巧みに選手交代を行ったシティを最後まで崩すことが出来ずタイムアップ。実質上の首位決戦1戦目はシティに軍配が挙がることとなりました。

 

③今後の対決も楽しみな1戦

チェルシーは今シーズン初のルカク&ヴェルナーの2トップを採用しましたが距離感が遠く、ルカクのパスコースを巧みに消され起点を潰される等機能しませんでした。相性的には悪くは無いので連携をより深めたい所です。また失点時もやや不運な感はあり、終始しっかり試合は作れていたので、敗北したもののそれほど心配は無さそうです。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

反面シティにとってこの勝利はかなり大きなものとなってきそうです。現状進めている2-3-5システムが完成しているとは言えず、今後取りこぼしもありそうな状況で直接のライバルからの勝ち点3は非常に大きいと思います。特に幾度となくチャンスを潰したルベン・ディアス、ポゼッションを安定させたロドリの働きは素晴らしく、勝利の直接的な要因となったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

シティの勝利でより面白くなったプレミアリーグ。今後の対決も楽しみな1戦でした。

 

では

 

チェルシー フットボールクラブ Chelsea FC オフィシャル商品 メンズ ネイビー サッカーシャツ 【海外通販】

 

『9/25 ポイント20倍 最大36.5倍』マンチェスター シティー MCFC ホーム 半袖 レプリカ シャツ