きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

チアゴ・シウバ~スピードと判断力の優れた守備者~【特集】

今回はチェルシー移籍が決まったチアゴ・シウバ選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20200902120031j:plain

Getty Images

①スピードと判断力の優れた守備者

チアゴ・シウバ選手の特長は「スピードと判断力」です。183㎝とそれ程大柄でもないながら身体能力は非常に高くあらゆるタイプのフォワードを封殺します。

特にスピードと俊敏性は素晴らしく、裏を取られても追いつくスピードを持ち合わせ容易に振り切られません。

また判断力の高さも特筆もので相手の攻撃を読んでピンチを未然に防ぐことが多いです。的確なコーチングでチームを動かす守備もお手の物でパリSGやブラジル代表ではマルキーニョスを上手く導きワールドクラスに育て上げました。

正確な技術も持ち合わせており左右にパスを振り分ける視野の広さ持っています。

DFに求められる全ての能力を高いレベルで持ち合わせており長年「世界最高のセンターバック」として評価され続ける選手です。

 

②指摘されるメンタル面の弱さ

反面指摘されるのは「メンタル面の弱さ」です。代表戦ではPK戦でチームを見守ることなく背を向けたり、試合の途中で涙を流したりなどリーダーとしてはどうかとも言える態度を取ってしまったことがあります。実際キャプテンマークを剥奪されたこともありました。

しかし重圧が半端ではないセレソンのキャプテンということで責任感が強く孤独で耐えきれなかったというのもあり同情の余地はあります。普段では頼れるリーダーであることは確かです。

 

③経験溢れるベテランの加入

超とも言える大型補強を繰り返すチェルシーにおいてチアゴ・シウバ選手の加入はは非常に大きいと思います。昨シーズンのチェルシーはDF陣の経験値に問題があり成長はしているもののリュディガーはまだその域には達せず、アスピリクエタに頼る他ありませんでした。

そんな中経験値豊富なチアゴ・シウバ選手の加入はチーム内外に落ち着きと安定をもたらす存在になりそうで、アスピリクエタ共々精神的支柱になってくれそうです。

またトモリやズマなど、能力は高いもののまだ殻を破り切れない若手選手のいいコーチになってくれそうです。

 

かつてACミランネスタに守備の全てをたたき込まれ成長したチアゴ・シウバ選手。チェルシーでは誰にそのノウハウを伝えていくのか、楽しみです。

 

では