きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アッシュ・カーバイド~悲劇で埋め込まれた「呪い」~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「アッシュ・カーバイド」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210923135936p:plain

Falcom

①どこか影がある不良少年

トールズ士官学院・第Ⅱ分校に所属するどこか影がある不良少年で、当初は戦術科に配置されますが後に新Ⅶ組に編入されます。

入学当初から何かとトラブルが多く、教官にも突っかかる問題児でしたが、文武共に非常に優秀で面倒見も良く仲間から頼りにされています。

その博識さや腕っぷしの良さや面倒見の良さは、幼い頃に母に読書を勧められたことにあり、内戦時には地元の不良たちを纏め上げ「ファフニール」を結成し歓楽都市を襲った野党を撃退していた過去の経験からあります。

その為根は優しく、やり方は荒いものの悪事や困っている人を見過ごせない性格をしており、前述した能力も相まってポテンシャルだけなら分校トップクラスの才能を持っていると評され、リィン、ルドガー、サラ、トヴァル、クレイグ、レクターなど様々な組織から勧誘を受けています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

因みに部活では文芸部に所属し、意外にも真面目に活動しています。また同じ文芸部員であるタチアナは当初は怖がられていたものの最終決戦前には一緒にミシュラムを回るなどいい感じの関係になっているようです。

 

②悲劇で埋め込まれた「呪い」

しかしその実は「百日戦役」が起こるきっかけとなった「ハーメルの悲劇」で生き残った遺児の3人目(残り2人はレーヴェとヨシュア)で、事件をきっかけに「帝国の呪い」の「贄」となり、左目に呪いを植え付けられています。「閃Ⅲ」後半までは本人の意思で抵抗し何とか抑えていましたが、首謀者が次々と処刑や捕縛されたことによりその恨みが暴走。オズボーンとユーゲントⅢ世を襲撃する事件を起こし逮捕されます。

kichitan.hatenablog.com

 

その後事件はカルバード共和国の工作員によるものとして発表され自身もヴァイスラント決起軍に救出されますが、「閃Ⅳ」では脱走しハーメル廃村にたどり着き失意に沈んでいましたが、新Ⅶ組の喝により復帰。クロスベルでユーゲントⅢ世に謝罪、そしてヨシュアとの再会、異界化したハーメルを戻そうと奮闘します。

「創」では引き続き新Ⅶ組に所属し帝都でパーティーインします。サブストーリーでは皇帝銃撃の事件を起こしてしまったことを引きずり分校を去ることを考えていましたが、周りはそれを察知しており、出し抜かれた形で分校の初代生徒会長に就任し心の闇に一生向き合うことを決意します。

 

③強敵戦で大活躍

戦闘では鎌と斧の機能を持つ「ヴァリアブルアクス」を使用し、強力な物理アタッカーとして活躍出来ます。

駆動解除・気絶効果のある「ランブルスマッシュ」、悪夢・即死効果のある「デッドリーサイズ」、そして威力が高くDEFを下げる「ヴォイドブレイカー」と強力な攻撃力を持つクラフトを持っており、攻撃力とCPを上げる「アシッドレイジ」と攻撃力に対しては申し分ないです。しかし「デッドリーサイズ」以外はやや範囲が狭く、Sクラフトの「ギルティカーニバル」も単体攻撃である等、やや複数相手には分が悪いです。

反面強敵相手には無類の強さを見せる為、ボス戦等で運用すると大活躍を見せてくれます。

 

新作「黎の軌跡」での登場は無いかと思われますが、後に有能な士官として登場するかも知れませんね。

 

では

 

【中古】英雄伝説 閃の軌跡3ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

【楽天ブックス限定特典 特典】英雄伝説 黎の軌跡 通常版(DLC アイテムセット「スプリガンからの贈り物B」 【初回予約外付特典】DLC『ホロウコアVoice:ラトーヤ・ハミルトン(CV:井上喜久子)』)