きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アルティナ・オライオン~感情の芽生え~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「アルティナ・オライオン」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210922123151p:plain

Falcom

①黒兎(ブラックラビット

トールズ士官学院・第Ⅱ分校に所属している漆黒の傀儡「クラウ=ソラス」を操る少女で「黒兎(ブラックラビット)」のコードネームを持ちます。

初めはルーファスに従う形で貴族連合に協力しておりリィン達と敵対していましたが、内戦後は情報局の所属となり、リィンの相棒兼監視役としてトールズ士官学校・第Ⅱ分校に入学することとなりました。

kichitan.hatenablog.com

 

入学当初は感情の起伏が乏しく機械じみていた為自身も周りも困惑させていましたが、体力をつける為に水泳部に所属したり、新Ⅶ組とのやりとりもあり徐々に学院生活に慣れると、士官学校のマスコット的キャラとして多くの人物(特に女子生徒)から可愛がられます。特にユウナは寝ぼけて彼女を抱き枕にする程の可愛がりようで、仲間としても信頼しています。

kichitan.hatenablog.com

 

リィンとは北方戦役からの付き合いで当初はサポート役に徹していたものの、徐々に新たな感情が現れ

・置き去りにされ不満をあらわにする

・リィンとセリーヌの関係性を目撃してもやもやする

・女性関係が絶えないリィンに白い目を向ける

などより魅力的な彼女を見ることが出来ます。

「教官には引き続きわたしの成長を見守って頂かないと。」

 

②感情の芽生え

初登場は「閃Ⅱ」で、ユミルにてリィンの妹・エリゼおよびアルフィンを戦術殻を用いて誘拐、その後も貴族連合の一員として暗躍します。内戦後は情報局に入局し、クロスベルにてロイド、リーシャと交戦します。

「閃Ⅲ」ではトールズ士官学校・第Ⅱ分校に入学し、前述した変化を見せます。そして自身が「黒の工房」で作られた「人造人間(ホムンクルス)」であることを明かします。しかしアッシュが皇帝を銃撃し、情報局から臨時招集をかけられ本部に赴いた際にオズボーン達に「巨イナル黄昏」を引き起こす為に「黒キ星杯」に連れていかれることになります。最終的には自身の命は助かりますが「姉」であるミリアムが命を落とすことになり、意識を失ったままエリンの里に敗走することになります。

kichitan.hatenablog.com

 

「閃Ⅳ」では聖杯での出来事を思い出し激しく動揺しますが、意気消沈するⅦ組をユウナと共に叱咤激励しリィンを奪還すべく行動します。リィン奪還後は彼に対する密かな思いに気付き、ヤキモチを焼いたりお守りを作るなど健気な行動を見せ、最終決戦にも同行します。そして姉ミリアムを時々「お姉ちゃん」と呼ぶことになります。

「創」でも引き続き新Ⅶ組に所属。ユミルでは出迎えたリィンの養父・テオに内戦時での行動を謝罪する場面もあります。その後オリヴァルト夫妻の失踪、クロスベルの再占領を知り行動を開始、リィンルートでの帝都で加入し恐るべき陰謀に立ち向かうことになります。

 

③機動力の低さをどう補えるか

戦闘ではミリアムと同様戦術殻を使用しますが剛特化のミリアムとは違い斬撃も使うことが出来ます。クラフトも解析クラフト「ディフェクターΔ」や崩し効果の高い「ブリューナク」、威力が高い「フラガラッハ」等似たようなクラフトに加え、HP、CPを回復する「アルティウムヒール」、完全防御&ステルス効果のあるノワールシェイド等、特徴的なクラフトも揃えています。

そしてオーダー「ノワールクレスト」は「絶対反射」の効果を持ち、特に攻撃が強力なボス相手には不可欠なオーダーになっておりパーティーには不可欠なキャラであると言えます。

しかし問題なのは機動力の低さで、いかに行動回数を増やし攻守においての要と出来るかが彼女の運用法を大きく変えると思います。

 

新作「黎の軌跡」では登場は恐らくは無いかと思われますが、情報戦で優れていることから音声だけの登場があるかも知れません。

 

では

 

【中古】英雄伝説 閃の軌跡 IIIソフト:ニンテンドーSwitchソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

【楽天ブックス限定特典 特典】英雄伝説 黎の軌跡 通常版(DLC アイテムセット「スプリガンからの贈り物B」 【初回予約外付特典】DLC『ホロウコアVoice:ラトーヤ・ハミルトン(CV:井上喜久子)』)