きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース(2021)中日、巨人戦~大事な後半戦に大きな戦力が帰ってくる~【プロ野球】

今回は阪神タイガースvs中日、巨人戦の感想を書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210923211304j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

阪神 -  中日 中止

阪神 1-0  中日 ○高橋遥 1勝1敗 スアレス 1勝1敗32S

阪神 1-8  巨人 ●ガンケル 7勝3敗

阪神 3-2  中日 ○岩崎 2勝3敗1S スアレス 1勝1敗33S

阪神 1-2  中日 ●青柳 10勝4敗

阪神 3-3  中日

 

63勝 48敗 6分 460得点 449失点 2位

 

①大事な後半戦に大きな戦力が帰ってくる

先発は前回悔しい思いをした高橋遥投手ですが初回は連続三振を取るなど最高のスタートを切ります。2回には2アウト2塁のピンチを迎えますが見事に抑えてくれます。

しかし中日先発は「天敵」大野投手、中々崩せません。4回のチャンスも逃してしまい完全な投手戦になります。その均衡を崩したのは糸原選手、6回近本選手が出塁し中野選手が見事に送ったチャンスできっちり2ベースを放ち、大きな先制点を挙げます。

高橋遥投手はその後も圧倒的な投球を披露し、10奪三振の活躍。8回は岩崎、9回はスアレス投手が珍しくピンチを招くも0封し接戦をモノにしました。この大事な後半戦に大きな戦力が帰ってきました。

kichitan.hatenablog.com

 

②2回5奪三振の熱投のみが光る

先発はガンケル投手。初回阪神は糸原選手がタイムリーを放ち幸先よく先制点を奪います。しかし2回拙い守備等が重なりガンケル投手が大乱調、2本のホームランを含む7失点でノックアウトとなります。

打撃もその後巨人菅野投手の前に沈黙。7回にはウィーラー選手にトドメの一発を受け完敗とも言える敗北。浜地投手の2回5奪三振の熱投のみが光った試合でした。

 

③苦手投手から得点&勝利

先発は秋山投手。初回からランナーを背負うも要所を締める投球で試合を引き締めると、3回今シーズン対阪神戦無失点と完璧な投球を見せていた柳投手から近本選手、中野選手のタイムリーで大きな2点を先制します。

秋山投手は調子はイマイチながら何とか5回無失点で抑えますが2番手小川投手が先頭打者の四球から崩れ、京田選手にタイムリーを打たれ同点とされます。

その後7,8回は及川、岩崎投手が粘りを見せると9回、中日守護神ライデル・マルティネス投手を島田選手の内野安打&盗塁でかき回すと、木浪選手の犠牲フライで勝ち越し点を挙げます。そして9回はスアレス投手がきちんと締めてゲームセット。苦手柳投手から得点&最終的に勝利と申し分ない結果を挙げることが出来ました。

kichitan.hatenablog.com

 

④チャンスを生かせず

先発は3試合勝ち星のない青柳投手ですが、初回ビシエド選手にタイムリーを浴び早々に失点を喫します。打線も毎回のようにランナーを貯めるも3回には2アウト満塁のチャンスもマルテ選手が凡退、6回も糸原選手の好走塁によるツーベースを放つもあとが続かず逆にその裏木下選手にタイムリーを浴び2点差となります。

それでも8回又吉投手を攻め立てマルテ選手がタイムリーを挙げ1点を返すも後が続かず、9回も一打同点の場面でチャンスを生かせず、痛い敗戦となりました。

 

⑤痛恨の同点タイムリ

先発は伊藤将投手。初回マルテ選手のタイムリーで幸先よく先制点を奪いますがその後は中日笠原投手の前に沈黙します。すると6回に堂上選手の犠牲フライで同点に追いつかれます。

何とか勝ち越し点を挙げたい打線は8回相手ミスから2アウト1,3塁のチャンスを得ると大山選手の2点タイムリーで再び勝ち越します。しかし9回スアレス投手が乱調で大島選手にタイムリーを打たれると福留選手に痛恨の同点タイムリーを浴びます。その後何とか打ち取るも、痛い引き分けとなりました。

 

総評

バンテリンドームという条件もありましたが攻撃のタイムリー不足が目立ったここ最近です。近本選手が引き続き好調、マルテ選手、大山選手のコンスタントな働きは光りますが、サンズ選手が完全冷却状態、梅野選手も長らく不振と下位打線がまるで機能していません。佐藤輝選手の1軍昇格に期待が寄せられますが、昇格前までは深刻な不振に陥っていたので過度な期待は禁物です。

kichitan.hatenablog.com

 

そして投手陣は青柳投手が勝てなくなりガンケル投手が調子を落とすなど先発はかなり苦しい状況にあります。幸い後ろの投手は比較的安定してきたので今はいかに「負けを引き分けに引き分けを勝ちに」繋げる戦いが出来るかどうかにかかっているでしょう。

そしてここに来てヤクルトが引き分けを挟んで6連勝とノリに乗っています。同率首位とは言え勢いは完全にヤクルトにあり、いかに食らいついていくかが勝負所です。

次は巨人戦。必勝態勢で挑まなければ優勝は難しいでしょう。

 

では

 

阪神タイガース グッズ 高橋 遥人 選手フォトタオル 背番号29 【プレー 写真 応援 公式 観戦 タオル HANSHIN Tigers フェイスタオル】

 

【送料無料】阪神タイガースグッズ 虎が好き ペット・Tシャツ 阪神タイガース球団承認