きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターシティvsチェルシー~これでこそ名将の姿~【サッカー】

共に名将が決勝に導いたとも言える両チーム。滅茶苦茶楽しみです。

 

ということで先日行われたCL決勝、マンチェスターシティvsチェルシーの感想です。

f:id:kichitan:20210530134538j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210530134455p:plain

 

①プレスの僅かなズレを突いて

シティは予想外のギュンドアンのアンカー起用、スターリングの左ウイングに起用していました。一方チェルシーはハヴァーツを右ウイング、リース・ジェームズをウイングバックに起用していました。

試合はシティの怒涛のハイプレスから始まります。3バックに3トップを嵌める形でリスキーなハイプレスを行いチェルシーを追い込み、ポゼッション時でも0トップ気味のデ・ブライネ、驚異的なプレス耐性を誇るギュンドアンを中心に、中盤で数的優位を作ろうとしていました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

しかしそれを上回ったのはチェルシーの守備の強度とトゥヘル監督の戦略でした。中央はヴェルナーがしっかり中央へのパスコースを切りコースを限定させると、カンテが正に「2人分」の働きでボールを悉く回収します。そして両ウイングバックはシティの両ウイングを見事に封殺してシティの攻撃を停滞させます。

kichitan.hatenablog.com

 

ただ守備の中心であったチアゴ・シウバが負傷交代、クリステンセンと交代します。

それでも前半終了直前シティのプレスの僅かなズレを突いてマウントが素晴らしいパスを放つとハヴァーツが冷静に流し込んでチェルシーが先制します。

 

②9シーズンぶり2回目の優勝

後半シティは崩せなかったサイド攻撃のサポートにウォーカーを付け、より攻勢に出ましたがデ・ブライネがリュディガーと激突してしまい無念の途中交代となってしまいます。代わりにジェズスとフェルナンジーニョが投入されギュンドアンが前に上がる形をとります。

しかしワイドな位置で持ち味を出すマフレズは中央では機能せず、ウォーカーもクロス精度を欠きシティは徐々に焦りを見せます。

一方チェルシー守備陣は驚異的とも言える集中力でシティの攻撃の芽を摘み取り、あわやの場面もアスピリクエタ、クリステンセンが見事に抑え付け入る隙を与えません。

kichitan.hatenablog.com

 

シティは最後にアグエロを投入しライン間を空けて同点を狙っていきますがマフレズの渾身のシュートは無情にも枠に飛ばず、そのまま試合終了。チェルシーが9シーズンぶり2回目の優勝を果たしました。

 

③これでこそ名将の姿

シティはグアルディオラ監督の奇策が批判の的になっていますが、本当の疑問符になった采配はウォーカーをサイドに張らしたことであったと思います。これにより明らかに攻撃バランスが崩れてしまった印象があります。しかし狙いが見えた交代策、そしてここまでチームを導いたグアルディオラ監督の手腕は称賛すべきであると思います。

そしてその名将を打ち砕いたのはチェルシーのトゥヘル監督です。決勝の舞台でも冷静に状況を見て的確な判断を下すその姿は素晴らしいと言いようがなく、終了直前にはファンの応援を煽っていました。これでこそ名将の姿で、ここまでやれるとは誰もが思っていなかったでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

色々議論の余地ははあるものの今はただ素晴らしい戦いを行ってくれた両チームを称え、チェルシーを祝福していきたいと思います。

 

では

 

マンチェスターシティ 20-21 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【PUMA|プーマ】クラブチームレプリカウェアー757058-01

 

★SALE★セール★チェルシー 20-21 I96 ジャケット CL(ネイビー×ブルー)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウェア ジャージ】(CK8554-498)【店頭受取対応商品】