きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

トーマス・トゥヘル監督就任~プレミアリーグにまた名将が~【サッカー】

今回はチェルシーに就任したトーマス・トゥヘル監督について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210129132214j:plain

Getty Images

関連記事はコチラ↓↓

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

プレミアリーグにまた名将が

1月26日にチェルシーのトーマス・トゥヘル監督の就任が発表されました。パリSG解任から一カ月後の発表となり早くも期待の声が挙がっています。

それもそのはず、トゥヘル監督は昨シーズンのパリSGチャンピオンズリーグ決勝に導いた実績を持つ監督であるからです。

その特長は「戦術の引き出しの多さ」で、相手によって細かく戦術変えたり、試合中の修正力も高いです。またただ相手に合わせるのだけではなく選手達の強みを引き出す采配が出来、ドルトムント時代はペップバイエルンを大いに苦しめ、昨シーズンのチャンピオンズリーグでの采配は今でも心に強く残っている試合となっています。

kichitan.hatenablog.com

リーズのビエルサ監督に続いて、また名将がプレミアリーグに乗り込んできました。今後の戦い方が楽しみです。  

kichitan.hatenablog.com

 

②選手起用の巧みさ

また選手起用の巧みさも期待出来る所です。ドルトムント時代とパリSGにはファンタスティックフォーと呼ばれる攻撃ユニットを形成させ、小気味のいいパスサッカーで欧州を席巻しました。

kichitan.hatenablog.com

 

また岡崎(現ウエスカ)、シュールレ(元マインツ)、ムヒタリアン(現ローマ)、デンベレ(現バルセロナ)など、若い選手や燻っていた選手を上手く使いこなし才能を開花させるなど育成面も素晴らしいです。

加えてネイマール、エンバぺ、デンベレなど我が強い選手の操縦も上手くこなしており選手マネジメントに関しては欧州最高峰とも言えます。

チェルシーでも構想外だったマルコス・アロンソ、リュディガーも加えて特定の選手に依存しないバランスの良い選手起用が見られそうです。

直近のウルブス戦(スコアは0-0)ではベテランのジルー、アスピリクエタを起用しましたが時間が余りにも無かったらしく、監督も「最も不公平なラインナップだった」と振り返っていたので健全な競争は続きそうです。

 

③フロントとの関係

ただ懸念なのは「上層部」との関係です。チェルシーは監督交代は非常に多いクラブとして有名です。アブラモビッチオーナーが就任した2003年以降で延べ16人(暫定含む)の監督が指揮を執っており、最長でモウリーニョ監督1期の3年3カ月と継続性に難があるクラブです。現政権の権限者グラノフスカヤCEOもその例に漏れず、監督交代を繰り返しています。

またトゥヘル監督の契約期間は1年半と、あくまで「結果を残すこと」のみが重視されそうで長期的展望は抱けないです。また補強も今オフは渋られそうで、契約期間内での火種も強く残っています。そんな中トゥヘル監督は上手く立ち回っていくことが不可欠になっており、以前のようなぶつかり合いが発生すれば早期解任は避けられないでしょう。

いかに上と上手く付き合い自分の権限を広げていくか、またもやトゥヘル監督は大変な職場を選んでしまったなと思うと同時に、巨大戦力を上手く使い魅力的なサッカーを展開してくれることを期待しています。

 

では

 

チェルシー 20-21 GFA フリース プルオーバー フーディー&パンツ 上下セット CL(ブルー×ネイビー)【NIKE/ナイキ】【サッカー スウェット パーカー】(CK9362-471&CK9374-498)【店頭受取対応商品】

価格:19,800円
(2021/1/29 13:23時点)

チェルシー 20-21 オーセンティック ウインドランナー ウーブン ジャケット(ブルー×スカイ)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウインドブレーカー】(CI9238-495)【店頭受取対応商品】

価格:12,650円
(2021/1/29 13:23時点)