きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

惣流(式波)・アスカ・ラングレー~ツンデレ~【エヴァ】

※ネタばれ有

 

今回は新世紀エヴァンゲリオンの登場キャラを、アニメ&旧劇場版・新劇場版・漫画に分けて書いていきたいと思います。各媒体少しずつ違うのも興味深いです。

 

3回目は「惣流(式波)・アスカ・ラングレー」です。

 

f:id:kichitan:20200616124548j:plain

2007 カラー

①正統派ツンデレ

ツンデレ」この言葉で真っ先に思い浮かぶキャラの一人です。

プライドが高く自己中心的な性格で承認欲求が非常に高いですが、その反面弱さや脆さも多く度々好意を寄せるシンジに見せています。当初は加持リョウジに好意を寄せている描写が多かったですが全く相手にされておらず、シンジに八つ当たりする場面もあります。

物語後半では戦闘での敗退が続き、心身共に不調に陥り、一時離脱。劇場版で復活しますがエヴァ量産機に敗北し蹂躙されます。その姿はシンジ、観客にショックとトラウマを植え付けました。最終的には「最初の他人」としてシンジの隣に。意味深な言葉を残しエヴァは完結します。「気持ち悪い」

kichitan.hatenablog.com

 

 シンジに対してはTV版ではツンデレな所は見せるものの劇場版では見事に独占欲に取りつかれ所謂「ヤンデレ」化するなどヒロインとしては評価が分かれるキャラです。

 

②垣間見える素直さ

漫画版ではより社交的な部分と素直さが垣間見える場面が見え、性格のキツさは緩和されています。

TV版より加持リョウジへの好意が強く、強引な手を使うことも、、、。ミサトとの関係に対して露骨に不快感を表します。

また対量産機ではシンジの助けもあり蹂躙することは無くなりましたが補完シーンが追加されています。その時の相手は加持リョウジ。シンジへの好意はTV版程ないのかもしれません。

 

③孤独を好む

名字が「式波」に変更。性格はTV版とは大きく異なり加持リョウジには全く興味を持たず、孤独を好みゲーム機をいつも持ち歩いています。レイとの絡みも多めで、彼女の心情が大きく変化した際にはいち早く反応し対抗心を燃やすなどいい意味で変化しています。またシンジに対しても素直な好意を見せており見事に「ツンデレ」しています。

その言動や行動の変化が多くのファンに好意的に捉えられたのかファン投票で見事1位に輝いています。「そっか、私、笑えるんだ。」 

kichitan.hatenablog.com 

kichitan.hatenablog.com

 

「破」では3号機のテストパイロットとして搭乗しますが使徒に乗っ取られ、初号機に撃破されストーリーから一時退場します。しかし「Q」ではヴィレのエースパイロットとして再登場。シンジ、カヲル、レイと交戦します。しかし敵対していてもシンジに対する想いは人一倍強く、エンディングでは恨み言を放ちながらも彼を引っ張っていきます。これからの関係性も楽しみです。

 

では

 

ヱヴァンゲリヲン アスカ フィギュア 特別レアカラー ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q posket 式波・アスカ・ラングレー 【即納品】

価格:1,800円
(2021/2/19 11:48時点)

一番くじ シン・エヴァンゲリオン新劇場版~エントリースタート!~ B賞 式波・アスカ・ラングレー フィギュア ■ 2020年11月14日発売 ■ エヴァンゲリヲン

価格:2,980円
(2021/2/19 11:49時点)