きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アトレティコマドリードvsレアルマドリード~新たなスター誕生~【サッカー】

恐るべき勝負強さを発揮しリーグで唯一開幕5連勝を果たしているレアルマドリード。対するアトレティコがどこまで食い下がることが出来るのか注目です。

 

ということで先日行われたアトレティコマドリードvsレアルマドリードの感想です。

Getty Images

両チームのスタメン&結果

 

前半

アトレティコカラスコがやや前残りになる守備4-4-2の3-5-2、対するマドリーはロドリゴセンターフォワードに入る守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合はハイプレスを掛けながらもコケが低い位置に入りグリーズマンがビルドアップを助けるアトレティコがボールを保持する展開になりますが、効果的なポジショニングを取れず縦パスが上手く入りません。

するとマドリーがバルベルデのドリブルでボールを運ぶと、ロドリゴがチュアメニのワンツーから見事に抜け出し最初の決定機をモノにし先制点を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

さらにボールを保持してゲームをコントロールすると、ヴィニシウスの飛び出しからのシュートのこぼれ球をバルベルデが押し込み追加点を与えます。

アトレティコがフィニッシュワークのデザインが全くという程出来ないまま攻撃は散発的になり、そのまま前半を終えます。

 

後半

後半も前半同様マドリーがゲームをコントロールしていきますが、アトレティコはクーニャ、モラタ、エルモソ、コレアと次々と選手を投入し打開を試みます。するとコレアのドリブルから打開の糸口を掴むと、コーナーキックからエルモソが押し込み1点差に追いつきます。

さらにアトレティコは攻勢を強めていきますが、最後のチャンスとも言えたコーナーキック時にエルモソが痛恨の2枚目のイエローカードで退場。そしてそのまま試合終了となりマドリーが大きな勝利を挙げリーグ戦6連勝を果たしました。

 

総評

アトレティコにとってはスコア以上に力の差を感じた試合であったと思われます。

攻守においてクオリティの差を見せつけられ、期待されていたフェリックスは試合から消され、そして敗北。シメオネ監督の交代策は嵌ったもののそれでは埋まりきらない程の差が出てしまった感はあります。

kichitan.hatenablog.com

 

そんな中でもグリーズマンは効果的なボールの引き出し方とキックで攻撃を何とか形にする等奮闘。途中出場から持ち味を発揮したコレアと共に数少ない希望となりました。

kichitan.hatenablog.com

 

一方マドリーは不安要素だったベンゼマの控えとカゼミーロ移籍の影響を感じさせない素晴らしい戦いぶりで勝利。前者の離脱はロドリゴがサイドに流れる動き、そして昨シーズンからさらに進化したオフザボールで得点&攻撃陣を引率。このままの働きを継続出来ると昨シーズンのヴィニシウスと同様新たなスター誕生となりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

そして後者移籍はチュアメニが違った役割で違いを生み出しています。守備に関してはモドリッチ、クロースのサポートが増したことから負担が減り、攻撃においては推進力のあるドリブルと判断力の良いパスワークで攻撃を支えています。

kichitan.hatenablog.com

 

正直どちらも存在感が絶大であった為流石に最適解に時間が掛かると思っていたので、アンチェロッティ監督の調整力、そして選手達の個人戦術力の高さには脱帽ものです。

kichitan.hatenablog.com

 

決して悪い戦い方をしていなかったアトレティコをアウェーで粉砕したマドリーの強さを感じた試合。10月16日に行われるクラシコがより楽しみになりました。

 

では

 

アトレティコ・マドリード ダブルジップペンケース ホームカラー 20/21 ATM812058513( サッカー フットサル グッズ ペンケース プレゼント 子供 )

 

UEFA782【FTO22】UEFAチャンピオンズリーグ 公式 21-22 レアルマドリード ウィナーズ 優勝記念フォト【サッカー/Champions League/CL優勝/Real Madrid】